2007年01月31日

これは本物かいな?「華麗なる相続人」初版松竹ピカデリー版

 1980年2月に公開された「華麗なる相続人」の初版パンフです。初版たって、リバイバルしてないからこれだけなんですけどね。(^^;;;

 さて、このパンフレットには館名の表記があります。真ん中の下部に小さな英文字で“Marunouchi PICCADILLY”って。
 でもこの時代、松竹丸の内ピカデリーってまだ館名入れてたんでしょうか…?

 他にあれば、“館名入りです!”ってイバれるんでしょうけど、他に館名の入ってるこのパンフを見たことないんですよね。ヒットしてないとはいえ、現実にあるなら1回くらい見てもよさそうなんですけどねー。松竹ピカデリーで公開したことは事実だし、パンフ自体は本物なんですけど、ピカデリーの館名は本当なのかどうなのか…。

 パンフのコレクターさんの世界には館名を珍重する傾向がありまして、それを狙って高額で売りつけようという魂胆かもしれません。ピカデリーで働いてた人とかだったらご存知かもしれませんが。
 もし他にも「自分も持ってるよ!」って方がいらっしゃいましたら、ぜひ!教えてください。(^^

 こちらは館名のない普通のタイプ。僕が神戸の劇場で見たときに買った大事なパンフ。
 当時は劇場ポスターなんかも売っていたので、見に行った時はパンフとポスターを買って映画を見ました。

 パンフレットの中身は、昔のパンフのように映画評論家が執筆しているわけでもなく、読むには物足りないパンフ。それでも撮影エピソードみたいなのは、若いファンの人には“ほ~!”なことばかりなんじゃないでしょうか。そしてなんといっても「華麗なる相続人」の貴重な画像がいっぱい!「華麗なる相続人」なんて、今ではあんまり大きく取り上げてくれませんもんね。
 これは「華麗なる相続人」写真集、として捉えればいいんじゃないでしょうか。

 それとこれは読んでると、まだオードリーが“普通の女優さん”扱いなんだなーってわかる最後のパンフレット。当時は過去の人扱いのオードリーと、もひとつ出来がよくない作品(でも僕は嫌いじゃないけど…)をどうやって売ろう…とCICが苦しんでいるのが手に取るようだし(笑)。
 「オールウェイズ」なんかだと、もうヘラルドのリバイバルが始まってて、“生きた伝説”扱いだもんなー。この作品よりもっと宣伝がラクだっただろうなー。
 …などと余計なことを考えてしまいました。(^^;;

レア度:本物だとすると館名入りは★★★★★
     館名無しはレア度なし。


  


Posted by みつお at 00:00Comments(2)華麗なる相続人