2015年07月05日

「Harper's BAZAAR」英版2015年6月号 & 英国で…!

 今回はmengさんに教えていただいた「Harper's BAZAAR」のイギリス版2015年6月号の紹介。
 表紙の右中央あたりにオードリーの名前が見えますよね。

 今回教えていただいた時に大急ぎでネットで探しましたが、アマゾン(日・英)と紀伊国屋では売り切れ、米国アマゾンでは扱ってなくて、かろうじて楽天ブックスとHMVで1冊ずつ残っていて手に入れることが出来ました。(今は完全売り切れ) 
 「Harper's BAZAAR」はオードリーが生きていた頃、よくファッションでオードリーを取り上げていた雑誌。
 「パリの恋人」でもその名が出てくる女性ファッション誌の雄ですね。

 今回この号ではかつて「Harper's BAZAAR」に掲載されたリチャード・アヴェドンによるオードリーの写真を再録して、6ページにわたって載せています。

 リチャード・アヴェドンとオードリーは縁が深くて、英国からアメリカに渡ってきた時の最初の画像もアヴェドンでしたよね。
 (そこで見るオードリーは、“船で太った”とよく言われているのですが、実際にはオードリーにしては太いだけで、全然細いです)

 それ以降も「パリの恋人」やこの「Harper's BAZAAR」などのファッション誌、オードリーが「暗くなるまで待って」以降女優を休んでいた時にもアヴェドンが撮っています。

 なので、気軽に撮ってくれるのかな?と思ってしまいますが、オードリーの息子のショーンは生まれた時のジヴァンシーの赤ちゃん服を着た時にオードリーと一緒にしか撮ってもらえてないみたいですので、簡単には写してくれないみたいです。
 やはりオードリーの被写体としての威力があってこそですね。

 さて、ここで嬉しいのは3.4ページ目の1959年のオードリー。
 1959年の「Harper's BAZAAR」でオードリーはメル・ファーラーと色々変わった写真(メガネっ娘 双子オードリーとか三つ子水兵のメル・ファーラーとか今年のカレンダーに初めて再録された雨の中年婦人とか)を撮っているのですが、そのうちの3枚が復刻されています。
 おそらく1959年当時の雑誌よりも印刷技術が向上した分、綺麗に仕上がっていると思われます。
 5ページ目にはクレオパトラ風オードリーとかも載っています。

 さて、なぜ英国版「Harper's BAZAAR」でのみオードリーが特集されているか…ということですが、これもmengさんに教えていただきましたが、英国国立肖像画美術館でオードリー・ヘプバーン展 “AUDREY HEPBURN : Portraits of an Icon” が7月2日から始まっているそうです(10月18日まで)!

 公式サイトはこちら

 あの〜、めっちゃ見に行きたいんですけどっ!!!
 いいな〜、羨ましい!!

 最近は絶対日本よりも海外での方がオードリー人気は高いよなーって実感しちゃいますよね。日本では2004年〜2005年の “timeless audrey” 展以降、大掛かりな展示会は全くないですもんね。

 そして、この展示会での図録に当たるのがもうじき発売の写真集、 「AUDREY HEPBURN : Portraits of an Icon(ドイツ語版 Portraits einer Ikone)」というわけだそうです!

 今までの大規模なオードリー展での図録はハズレなし!2000年「オードリー・ヘプバーン 私のスタイル」、2004年「timeless audrey」、日本ではやらなかったけど2011年「オードリーのローマ」と全ての写真集が★5つの最高ランクを叩き出しています。
 ということは、この図録は今年のオードリー・ヘプバーン大賞の可能性めっちゃアリ!ということになりますねー。これは期待出来ます!

 mengさんはその写真集のために一部画像を提供しているようで、そのため先にその図録が届き、中身を一部画像で送っていただいたんですが、このリチャード・アヴェドンが「Harper's BAZAAR」のために撮った双子のメガネっ娘オードリーなどの超レアな画像が収録されているようです。もちろん今までどの写真集でも完全未収録!

 そういうわけで、この「Harper's BAZAAR」は、その展示会の予告としてオードリーが特集され発売されたのだと思われます。
 なので、これらの画像も「AUDREY HEPBURN : Portraits of an Icon」に収録されているかと。
 写真集が楽しみですね!(でも何で英語版の方が値段が高いんやろ…)

 そしてオードリー展、日本でもどこかが開いてくれないかな〜〜〜〜…。

  
タグ :雑誌展示会


Posted by みつお at 12:00Comments(12)海外の雑誌

2014年07月23日

PARIS MATCH 1993年2月4日号

「シャレード」 第二回・新午前十時の映画祭
 GROUP Aにて8/23(土)~9/05(金)

「いつも2人で」 イオンシネマ“シネパス”
 グループ3 8/25(月)~8/29(金)
 千葉  イオンシネマユーカリが丘・イオンシネマ市川妙典・イオンシネマ千葉ニュータウン・イオンシネマ幕張新都心
 神奈川 イオンシネマ海老名・イオンシネマみなとみらい・イオンシネマつきみ野・イオンシネマ港北ニュータウン
 愛知  イオンシネマ豊川・イオンシネマ大高・イオンシネマ名古屋茶屋・イオンシネマワンダー・イオンシネマ岡崎

 今回もmengさんにいただいた物から。

 今日は、フランスの週刊誌、“PARIS MATCH”の1993年2月4日号を紹介。

 もちろんオードリーが亡くなった時の特集ですよね。表紙もオードリー。

 この髪型は1961年「噂の二人」〜62年「パリで一緒に」の頃のもの。それに大変珍しい画像ですよね。

 日本ではもうこの頃、すっかりモノクロの初期オードリーばっかりになってましたけど、海外ではカラーで、「シャレード」前後がオードリーのイメージだったのがわかります。

 中身では12ページでオードリーを特集。最後の方のページではジバンシィのインタビューがありますし、グレゴリー・ペックや「ティファニーで朝食を」でホセ役で共演してたホセ・ルイ・デ・ヴィラロンガの追悼文も掲載されています。

 書いてある内容はわからないものの、珍しい画像もちょこちょこあって、オードリーの死は思い出すと悲しいんですが、見るだけでも嬉しい特集になっています。

 さて、この号には他にオードリーのお葬式にも来てくれたアラン・ドロンの記事もありましたし、マドンナやイザベル・アジャーニの記事もありました。

 でも、日本人として一番“おおっ!”と思ったのは、93年1月19日に皇室会議にて皇太子妃に内定した事で、小和田雅子様の特集が“日本のプリンセス”ということで6ページの記事になっている事。
 そうか、オードリーの亡くなった年にご成婚なさっておられたんだ、と感慨深かったです。
  
タグ :雑誌


Posted by みつお at 12:00Comments(2)海外の雑誌

2014年04月10日

オーストリアの雑誌「Frau und Mutter」1965/2/9号

 今年は製作50周年になるオードリーの作品が2本あります。1つは1962年に撮影されていた「パリで一緒に」(「シャレード」よりも前)、それと1963年撮影の「マイ・フェア・レディ」です。どちらもアメリカ・日本とも初公開が1964年でした。

 日本で製作○年とかって書いてあると、その年に撮影されたと誤解する人が多いみたいなんですが、実際の映画って公開の1年前に撮影ってのが普通ですから、製作年と撮影年は違うことが多いですね。なのであくまでも製作年=公開年であって、撮影年ではないということを覚えておきたいですね。

 でもとうとう「マイ・フェア・レディ」も製作50周年ですかーっ!オードリーが亡くなった翌年(1994年)が「マイ・フェア・レディ」製作30周年で、さらにその翌年には日本でもビデオの豪華ボックスが発売され、雑誌の「FLIX」で「マイ・フェア・レディ」の特集号が発売、さらに「マイ・フェア・レディ」の劇場リバイバルとレーザーディスクの30周年記念ボックスも発売されました。
 ビデオとレーザーディスクの豪華BOXはまた追って紹介します。

 今年はまだ何もアナウンスがないんですけど、何かあるんでしょうか…。ちょっと不安なのは、現在「マイ・フェア・レディ」の権利は制作したワーナー・ブラザーズではなく、パラマウントが持っていること。
 例えば、せっかくワーナーの倉庫でオードリーが歌う最終バージョンがもし全て発見されたとしても、果たしてそれをパラマウントで出せるのか?という問題も…。

 オードリーが全ての曲を吹き込んでいたこともオードリー自身の当時の発言でわかっていますから、20年前のボックスでも収録されなかったオードリーの歌うバージョンでぜひ!全曲収録してもらいたいと思ってるんですが、無理なのかなぁ…。

 さて、めっちゃ前置きが長くなりましたが、これはオーストリアの雑誌(表紙にウィーンて書いてある)「Frau und Mutter」という雑誌の1965年2月9日号。日本語だと「妻と母」って雑誌名になりますね。表紙周りを入れて全36p。
 海外の雑誌らしく、紙は薄くてペラッペラ。立てて置くと、フニャって曲がりそうです。

 中身は「妻と母」らしく、料理の作り方や洗濯のことなども載っているのですが、メインはこれなのかな?という洋服を作るための型紙が別紙で挟み込まれています。1枚の紙でなんと13種類くらいの服(うち3種が婦人服、残りはベビー服)が仕立てられるようになっているので、線が交錯して、型紙はめっちゃ複雑怪奇です。(^^;;;

 「マイ・フェア・レディ」のオードリーは表紙と本文が2ページ。本文ページのオードリーは2色刷りページで、ムリクリ顔がピンクにされてますけど、これ、衣装をピンクにした方が良かったんじゃない?みたいに不自然な感じ。なんか大阪映実版の「パリで一緒に」パンフレットでの無茶な着色を思い出しました。

 表紙のは「マイ・フェア・レディ」の美しい画像の中でもかなり美しく撮れているオードリーの写真の1つ。撮影はセシル・ビートン?それともボブ・ウィロビー?
 これ、本来は全身写真なんですけど、ここまでバストアップで大きくしても充分綺麗だということは、大判の写真機か、低感度のフィルムを使っていて、かなりの高解像度だということですね。

 昔FOXスクリーンフレンドという所で通販で買ったブロマイドにこの全身写真の物があって、オードリーのブロマイドの中で、これが一番のお気に入りでした!“美しい〜(はぁと)”っていつもホ〜って見ていたものです。

 このピンクの衣装、めっちゃ好きです!「マイ・フェア・レディ」の中でも僕が一番好きな衣装。次が家出のシーンでのオレンジのアンサンブル、3番目があの有名なアスコット競馬場での衣装です。

 そして髪型もオードリーに似合っていていいですよね!当時オードリーが好んでしていたアップスタイルでもあり、エドワード朝時代の雰囲気も入れてあるんでしょうね。
 「マイ・フェア・レディ日記」という本でみると、オードリーって横に張った髪型だと似合わないとわかっていたみたいで、ためしに横に張った髪型もその中でしているんですけど、やっぱりあんまりかわいくないです。(^^;;;
 なので63年当時の流行の髪型とエドワード朝時代の折衷案でこうなったのでしょうね。

 新潮文庫で出ていた「風と共に去りぬ写真集」って本で書いてましたが、ハリウッド映画って調度品は確かにその時代の物を再現するし、衣装もまあ合ってるけれども、髪型はかなりアヤシくなり、メイクに至っては全然時代は考慮されず、撮影時の流行のメイクになる、って書いてました。「マイ・フェア・レディ」もまさにそんな感じですよね。(^^;

 Photoshopのなかった時代、写真を今みたいにシミやシワだけでなく、体型まで変えてしまうようなこともなく、普通のままのオードリーで充分若くて美しかった時代の最後のオードリーですね。
 このあとオードリーのせいではないのに「マイ・フェア・レディ」の吹替の件でバッシングされてしまいますよね。そのストレスで次作「おしゃれ泥棒」ではシワが深くなってましたよね。

 とにかく世間の注目度も高く、70mmの超大作でもあり、オードリーも最大のパワーで演技し、内容も名作に仕上がったということで、オードリーの代表作であり、頂点の1つになった作品です。
 今年の「マイ・フェア・レディ」、何かあるかな〜…とにかく期待しています!

この雑誌のお気に入り度:特に無し(内容は取り立ててなにも印象には残りません…)
  


Posted by みつお at 15:00Comments(8)海外の雑誌

2013年04月26日

VANITY FAIR 2013 MAY US版

 新・午前十時の映画祭、GROUP A で「ローマの休日」上映中です。オードリーの誕生日である5月4日の1日前までですので、ご覧になる方はお早めに!

 さて、今日はこれまた meng さんに教えていただいた、“VANITY FAIR”の 2013 MAY US版の紹介です。

 表紙は美しさで定評のある、「パリの恋人」時のオードリー。

 表紙のバックがアメリカ版とイギリス版で異なっていて、アメリカは赤、英国は黒になっています。

 本当は黒の方がわざとらしくなくて、欲しかったんですけど、アマゾンで約倍の値段差がありますからねー。

 このアメリカ版は、表紙を見ればわかるんですが、オードリーが切り抜かれています。切り抜き跡がくっきり。

 てか、この画像は本来カラーでしたっけ?
 なんとなくモノクロ画像に着色しただけのように見えます。
 影や髪の色がみんな同じってのがウソ臭いんですよね。

 中の写真は「AUDREY A ROMA(英語版 AUDREY IN ROME)」からが主。
 「AUDREY IN ROME」の発売と、オードリーの没後20年に合わせて特集を組んだんでしょうね。
 10ページの特集になっています。

 ここでの目玉はカラー画像!「AUDREY A ROMA」は最優秀な写真集の1つだったのですが、大きな欠点がありまして、それはカラー画像もモノクロで収録してしまったこと。
 それが残念だなーと思っていたのですが、ここでは一部の画像がカラー収録されています。

 ただ、この“VANITY FAIR”、印刷が上手じゃない。つか、ヘタ!
 世界で一番印刷が綺麗と言われている日本の印刷技術で刷られた雑誌を見慣れている目には、どうにもこうにも…。
 “汚いなー”という感想が出てしまいます。

 なので、ここで収録された画像が本当のカラーなのか、Photshop で加工された着色カラーなのかが判然としません。
 Photoshop での加工技術は向上しているのに、アメリカの雑誌の印刷技術はこんなもん。
 なので、わかりにくーいんですよねー。

 ま、「ローマの休日」の着色は、オードリーのスカートが水色だったり大使館のドレスはピンクだったりと、ウソ丸出しだし、着色技術もいまいちで即行で元はモノクロだってわかるんですけどね。

 オードリーの「ローマの休日」のサーキュラースカートの本当の色は2000年のオードリー展の本物の展示でわかるようにベージュでしたし、大使館のドレスは今現在文化学園服飾博物館で展示中ですので、これは着色だってバレますよね。


 赤いアルファ・ロメオ(?)の横にメル・ファーラーと居るのは本当のカラーだと思います。

 が、ほかの画像が本当のカラーである可能性は、「尼僧物語」でニューヨーク批評家協会主演女優賞受賞の電報をもらったオードリーが80%くらい、「麗しのサブリナ」か1954年頃のオードリーが70%くらい、ホテル・ハスラーから出てきてフェイマスと道を渡るオードリーが40%くらい、ですかね。

 微妙にバックがやたら茶色かったり、肌や髪が全く同じようなトーンの色の場合は、ちょっと着色かなーって思います。

 目次のページも、ジバンシィの香水“ランテルディ”で宣伝ポスターになった時のものからイラストを描いたものになっています。

 ちなみに、この雑誌の中でルーカ・ドッティが喋っている内容は、ネットで“オードリー ルカ・ドッティ”とかで検索すると出てきます。オードリーが自分を美しいと思ってなかったってことですね。

お気に入り度:★★★


追記:べるりんさんのコメントで教えていただいたのですが、全てのカラーがカラーライゼーション(着色)でした。いや~、騙されました(笑)。
 というわけで、オール偽物カラーなので、評価は下げさせてもらって
お気に入り度:★ で。(^^;;;

  
タグ :雑誌


Posted by みつお at 20:00Comments(14)海外の雑誌

2013年04月15日

雑誌 “TATLER” 2013年1月号

 午前十時の映画祭「ローマの休日」、グループAでの上映がまもなく始まります。(山形、群馬、千葉、東京、神奈川、石川、愛知、三重、滋賀、大阪、岡山、福岡、長崎、熊本)

 それと、こないだBS11で「華麗なる名女優の軌跡」が放送されましたが、5月4日(土)21:00から再放送予定だと、寝ても覚めても。さんから教えていただきました。

 内容は「想い出のオードリー・ヘプバーン」の日本語ナレーション付きです。
 女性(オードリー)の声は池田昌子さんではないので、違和感がありましたけど…。
 「想い出のオードリー・ヘプバーン」をご覧になってない方はどうぞ!

 あと、「AUDREY IN ROME」は届きましたか?みなさん、感想を聞かせてくださいねー。(^-^

 さて、こちらも meng さんに教えていただいたオードリーの関連本です。
 雑誌“TATLER”という雑誌で、表紙がオードリーで、本文でも8ページの特集が組まれています。

 特集自体はまあまあで、珍しい写真も3枚だけですけど入ってます。

 でもねー、写真のキャプションがかな~りいい加減。

 「パリの恋人」撮影中(1956年)のスナップが、56年のもあれば公開年度の57年とかもあり統一がされてない、ぐらいはまあいいでしょう。製作年度が撮影年度だと勘違いしている人は世の中にいっぱいいますから。
 「尼僧物語」撮影中のスナップが55年、とか、ここまでは許容範囲。

 でもね、どう見ても50年代の若いオードリーが60年とか65年、みたいなのはどうでしょう。
 他にもオードリーが「噂の二人」のアップヘアで、ジェームス・ガーナー夫妻と一緒にいるパーティーのスナップや、「パリで一緒に」のストロー・ハットを被るオードリーが50年代後期、とか書かれると、もうこれは執筆者が調べずにただ単にやっつけ仕事でやっただけ、ということ。
 オードリーファンとしてはイラッときます。

 ということで、特にオススメポイントも見つけられずに終わった特集でした。

オススメ度:なし。あんまり買う価値はないかも。
  
タグ :雑誌


Posted by みつお at 09:00Comments(0)海外の雑誌

2008年02月07日

「おしゃれ泥棒」 フランス版「ELLE」1966/4/21号

 これは1966年4月21日号のフランス版雑誌「ELLE」です。

 表紙は「おしゃれ泥棒」オードリー。中には4pのオードリーのページがあります。
 昨日が「おしゃれ泥棒」でもイラストオードリーの表紙だったので、今日は画像オードリーにしてみました。

 本文にも珍しい画像はあります。が!でも見ていただきたいのは、この表紙のオードリーの衣装。
 もうもうこの表紙だけのために買いました!っていう…。

 おわかりになりますか?これは「おしゃれ泥棒」の中でオードリーが着て登場するスリップの上にビニール製のコートを羽織っています。

 「おしゃれ泥棒」ではこのコートではなくローズピンクのコートをスリップの上に羽織りますよね。映画には出てきませんが、たまにこれを羽織っている撮影合間のオードリーの画像を見ます。

 こういう特殊素材の衣装って「いつも2人で」にはポロポロありますが、「おしゃれ泥棒」にはないので、初めてこの衣装を知ったときはちょっとビックリしました。
 映画には出てこないってことはこれはジヴァンシーじゃないんでしょうね~。

 でもこうして「おしゃれ泥棒」の宣伝写真で使うなんて、オードリーはこういうのも結構気に入ってたんでしょうね。それでオードリーが衣装をチョイスしたという「いつも2人で」でもビニール素材の衣装が2つも登場するんでしょう。

 「いつも2人で」に続いてくアヴァンギャルドなオードリーの萌芽が見える写真なのでした。

  
タグ :雑誌


Posted by みつお at 15:00Comments(0)おしゃれ泥棒海外の雑誌

2007年10月21日

フランス版ELLE 1993年2月号 オードリー追悼特集

 これは1993年2月号のフランス版ELLEです。

 海外の雑誌って、日本と違って雑誌の表記と発行の月が一致してるんですね!日本みたいに無意味な、12月に発売してるのに“2月号”みたいな嘘は無し。

 この号では先月に亡くなったばかりのオードリーを14pにわたって特集。
 なんでもかんでも若いオードリーを使う日本と違って、晩年のいろんな人種の子供達と一緒の画像が表紙なのも嬉しい!

 中身も、いきなり見開きで晩年にリチャード・アヴェドンが撮った美しいポートレートからスタート。
(↓下の画像)

 なんと14ページ中、8ページで晩年のオードリーの画像を掲載!
 他にも、見開き2ページでショーンの洗礼式でのメルとオードリーなど、妻や母としてのオードリーが3ページ。

 女優としてはファッションとの関わりで3ページと、ユニセフとの対比として「尼僧物語」の画像があるくらい。

 大スターオードリーよりも、もっと素晴らしかった“人間オードリー”に焦点をあてて特集しているように思われます。

 このへんが、世界で最も人気があると言われながら、“若い!かわいい!”だけの認識しかしてない人がやたら多い日本では無理な編集なのかなーと、ちょっと羨ましかったり…。

 珍しい画像も多く、非常に充実した素晴らしい特集でした。
  
タグ :雑誌


Posted by みつお at 15:00Comments(2)海外の雑誌

2007年04月26日

LIFE誌1957年2月4日号「マイヤーリング」が表紙!

 これは頂き物なのですが、SCREENの「オードリー・ヘプバーン・コレクション」にも載ってました。ただし、誤って「戦争と平和」ということで…。

 当時のダンナのメル・ファラーと一緒に写ってますけど「戦争と平和」じゃなくて、1957年にオードリーが唯一出演した「マイヤーリング(うたかたの恋)」です。表紙の左下にもしっかり「マイヤーリング」ってかいてあるんですけどねー…。

 「マイヤーリング」はアメリカのNBCテレビで1957年2月4日に「プロデューサーのショーケース」という番組内で晩の8時から9時半までカラー放送されたものです。
 右が同じ号に載っている「マイヤーリング」の広告。こちらの画像は「戦争と平和」です。

 ヨーロッパのどこかではオードリー作品ということで劇場公開もされたようなのですが、日本では未だテレビでも劇場でも未公開。DVDも発売されておらず、幻の作品となっています。見たいよ~~!


 テレビ番組としては非常にお金をかけた作品だそうで、セットや衣装も豪華らしいです。
 メルはともかく(やっぱり!)、オードリーは適役だそうですよ!「昼下りの情事」と「尼僧物語」の間に撮影されたこの作品、観たいですよね~。

 いったい「マイヤーリング」の放送権はどこが持っているんでしょうねー。NBCテレビはアメリカユニヴァーサルが持っているので、日本のユニヴァーサルさんに尋ねてみましたが、調べたら権利は別の所が持っているとのこと。権利クリアが大変そうです…。

 最後の画像は本文のページ。「マイヤーリング」は画像がなかなかないので、とっても貴重です~。
  


Posted by みつお at 00:00Comments(5)マイヤーリング海外の雑誌