2016年07月20日

発売予定「マイ・フェア・レディ」2枚組レコード

 「マイ・フェア・レディ」の2枚組LPレコードのサントラが限定版で出るそうです。
 発売は8月5日だか12日だか。どちらにしてももうすぐですね。

 なんだか未発表曲11曲を加えて180g重量盤だそうですが、曲の詳細はまだわかりません。

 アマゾンでも既に注文出来るようになっています。
 2種出てますが、どちらも同じ物かと。
 でも片方はディスク枚数が1になってて、ちょっと怖い。

 しかし…発売自体は嬉しいんですが、なぜにレコード??
 CDの方が扱いが楽でいいんやけどなー…。

 11曲の未収録曲が興味ありますね。
 オードリーの歌うバージョンの全曲が収録されているとか、ジェレミー・ブレットの声での「君住む街で」とかが収録されていれば買い!なんですが、ちょっとわからないのが手を出せないですね。

 あーでも限定だし、ぼやぼやしてると無くなるかも…!悩む〜〜!
 ちなみにカラーレコードで、「マイ・フェア・レディ」らしいピンクですね。


追記:ドイツアマゾンで曲の詳細が出ていました。それによると、全27曲で内容は今までのサントラ新盤CDと全く同じ物。11曲の未発表曲というのは、“今までレコードには収録されていなかったもの” という意味のようです。というわけで、特に買わなければならないものではないみたいです。

  


2008年02月09日

「許されざる者」オリジナル・サントラ・レコード&CD発売情報

 今日は「許されざる者」のオリジナル・サウンド・トラックのレコードの紹介。

 といっても中身は以前紹介したサントラCDと一緒。
 ただ単にジャケットがCDと違いますよ、ってだけなんですけどね。(^^;;;

 この「許されざる者」のレコードは、写真は一緒なんですけど、本国アメリカでは微妙に違うデザインのものが何種類かあるようです。
 たとえば、今回僕の紹介したもののジャケットの上部にオレンジの部分がありますが、これが無い物とか。

 ちなみにこの僕のは裏も英語で書いてありますが、最下部にキングレコードのことや、Printed by JAPAN の文字が!
 ジャケットの素材もペラジャケのものじゃなくて、しっかりしたものなので、再発売ものかと思うんですが、1960年であることしか書いてないし…。

 ちなみに今回これを取り上げたのは、「許されざる者」のCDが本国アメリカで発売されているようだからなんです!

 たまたま見つけたのですが、なんと2007年9月に発売されていた!
 「騎兵隊」「新・荒野の七人」など5作品のセット物で3枚組、全世界でたった1500枚限定プレス!
 メインは「許されざる者」で、もちろん14曲全曲収録。今回取り上げたこのジャケットの画像が載ってました。

 なんか、既に入手は難しいみたいで、タワレコでの取り扱いは終了してるようです。
 日本のアマゾンでひそかにまだ売っていたので、僕はもう注文しましたけど…。

 メーカーが「緑の館」や「暗くなるまで待って」のサントラCDを出している所なので、きっと以前発売されたドイツのTSUNAMI社のCDよりも音が良くなっているだろうと期待しています。(^-^

  


2008年01月17日

「尼僧物語」フランツ・ワックスマン サントラ・レコード再発盤

 これは1975年にアメリカで再発売された「尼僧物語」のオリジナル・サウンド・トラックのLPレコード。
 1959年に初公開した時のジャケットデザインとはすっかり変わっての登場です。

 なぜ1975年なんかにこのレコードが出たのかはわかりません。もしかしてその当時「尼僧物語」のリバイバルでもあったんでしょうか?(^^;;

 さて、ジャケットデザインは違うものの、おそらく収録曲は初公開時のものと同じだと思います。全12曲。
 後に出た初公開時と同じジャケットデザインのCDでは22曲も入っていましたが、レコードで収録できる曲数ではないので、おそらくこの再発盤のものが初回盤のと内容はおなじなんでしょうね。

 曲数が少ない分、すっきりとまとまっていて、聞くにはいいかもしれませんね。おそらく作曲者:フランツ・ワックスマンの最初のバージョンは収録されずに、映画で採用されたバージョンが収録されているでしょうから、通しでは聴き易いんじゃないかと思います。

 ジャケットはおそらく着色カラーなんでしょうが、とても感じがいいですよね。(^^


  


Posted by みつお at 15:00Comments(2)尼僧物語サントラレコード

2007年11月26日

「いつも2人で」ヘンリー・マンシーニ 日本盤シングルサントラ

 これは「いつも2人で」初公開時に発売された、オリジナル・サウンド・トラックのEPレコードです。

 といっても、例によってヘンリー・マンシーニお得意の“自称サントラ”で、実際には映画で使ったものではありません。

 収録曲は、映画では全然出てこない歌つき「いつも2人で」というコーラスバージョンと、「愉快なはだしの少年」の2曲。
 う~ん、これどうなんでしょう。これをサントラと思って買った人は、これで満足したんでしょうか?僕なら怒り狂いそうですが…。

 ちなみに、今年「暗くなるまで待って」の本当のサントラアルバムも発売されましたし、「ティファニーで朝食を」にも本物があるのですが、いまだ「シャレード」と「いつも2人で」には本物が出ていません。
一刻も早い発売希望!

 さて、これはサントラとしてだけではなく、別のお話もあります。

 というのも、「暗くなるまで待って」のシングルEPでもそうでしたし、この時期に発売された1968年リバイバルの「シャレード」、1969年リバイバルの「ティファニーで朝食を」もそうなのですが、この「いつも2人で」もチラシとシングル・ジャケットが一緒!

 なので、レコード・ジャケットだと1000円程度ですが、チラシだと数万円!ということで、悪いヤツはレコードを捨てて“チラシです!”と騙してオークションに出したりするので要注意!
 チラシを集めてる方は、レコードの丸い跡はないか、ビクターの三角マークはないかを注意してくださいです。(下の画像、カラー面の真ん中左上の三角)

 ジャケットは三つ折で、中面はチラシでも使えるように、解説や物語や映画の宣伝が載ってます。そのため、EPレコードとしては豪華な作り。
 当時の流行とはいえ、全く罪作りなジャケットですね(笑)。

オススメ度:このレコードとしては無し。アルバムは例によって★★★★★なので、アルバムを買った方がいいでしょう!
  


  


2007年09月21日

「パリで一緒に」オリジナル・サントラ 日本盤レコード

 これ、1964年の日本初公開時に発売された「パリで一緒に」のオリジナル・サウンド・トラックのLPレコードです。14曲入りで、この当時の基本、ペラジャケ、と呼ばれるもの。

 曲に関しては輸入盤CDの方で書きましたんで、そちらを読んでください。

 で、海外盤も同じジャケットの絵柄で、日本盤で4曲入りのサントラEPで出た物も同じ。これ、そんなにいいとも思えないですけど…。

 日本では初公開の時以外、CDになった今でもサントラの発売はありませんから、各曲の解説が読めるのはこれだけ!と思ったら、曲の解説はなく、映画のストーリーと作曲者ネルソン・リドルの解説があるだけでした。(T T

 それでも、各曲の日本語名がどういうのかがわかって嬉しい!

 実は高校時代だったか中学時代だったか、海外盤のレコードを手に入れたんですが、辞書を引いてもわけわからんのばっかりで、後にそのレコードを手放す前にカセットテープに録音した際も日本語訳を書けず、全部英語で書くのは面倒臭く、ということで、ごっつい中途半端に、なんとカタカナでメモったものを残しただけ!
 後にCD-Rに移す際に、題名書けなくて困った困った(笑)。

 ちなみにフレッド・アステアも歌った“THAT FACE”は「いとしの面影」だそうです。もひとつやな~。

 それと、僕が過去に持ってた輸入盤レコードはモノラルだったんです。
 レコードの歴史は詳しく知らなかったので、他に自分が持っている「シャレード」のサントラはステレオ、「戦争と平和」のサントラはモノラル、ってんで、この1963年頃がモノラルとステレオの端境期にあたるんかな?って思ってました。

 実際、アメリカではステレオ盤とモノラル盤が売っていたようですが、日本ではステレオ盤のみの発売。この日本語盤レコードを手に入れたことで、昔に比べてグレードアップして帰ってきたことになります(笑)。

 でも、このサントラも原盤はリプリーズレコード。フレッド・アステアの「スリー・イブニング・ウィズ・フレッド・アステア」もリプリーズ。フランク・シナトラの「エッフェル塔を盗んだ娘」もリプリーズ。
 なんや!それやったらみんなまとめて「パリで一緒に」サントラということで出したらええやん!と思ってしまうのですが…どう思います?

 権利元が違うならそりゃまとめるのはムリかと思いますが、おんなじやーん!って。そしたら全部収録するのはそんなに難しいことでもなかったように思うんですけどねー。ファンとしてはそうしてくれるとめちゃめちゃありがたいんですけど。

 さて、これで「パリで一緒に」のサントラに関しては全部書いたことになります!
現在発売中の輸入盤CD、フレッド・アステアの「THAT FACE」フランク・シナトラの「エッフェル塔を盗んだ娘」、そしてこの日本盤レコードです!(^-^
 もし将来、日本盤CDでも出たらまた書くかもしれませんが、「パリで一緒に」サントラに関してはこれで終わり!ということで。


  


2007年05月27日

「暗くなるまで待って」ヘンリー・マンシーニ サントラEP

 これは「暗くなるまで待って」のオリジナル・サウンド・トラックEPです。と言っても、いつもどおり、ヘンリー・マンシーニの曲だから映画とは違う、別録音なんでしょうけど。

 「暗くなるまで待って」はこれだけでアルバムができるほど曲数がなかったのか、後にも先にもこのEPが「暗くなるまで待って」だけのサントラとして発売された唯一のものです。

 「暗くなるまで待って」だけではCDにしにくいので、フランスでは「ティファニーで朝食を」の市販版サントラに、ボーナス・トラックとしてA面の「暗くなるまで待って」だけ入ってました。なんか…羨ましいですね。日本でもそういう気のきいたことして欲しかったなー。

 A面の「暗くなるまで待って」はマンシーニのオムニバス・アルバムで「暗くなるまで待って」と書いてある時には収録されているもの。
 当然これはレコードの時代から「暗くなるまで待って」を聴きたいがためにマンシーニのセレクト集を買って持っていましたが、EPと言えどもレコードにはB面と言う物が存在しており、そのもう一方の曲はなんや!?って思ってました。

 で、このレコードを手に入れたときにB面は「三人のテーマ」と書いてあり、実際聴いてみると「オードリー・ヘップバーン スクリーンテーマ」に収録されている“「暗くなるまで待って」テーマ”と同じものであると判明。

 こっちを「オードリー・ヘップバーン スクリーンテーマ」に入れてくれてよかった~!って思いました。そうでないといつまでたってもこの「三人のテーマ」はCD未収録で終わるところでしたもんね。
 実際、映画を見てて印象に残るのはこの不安感を煽る「三人のテーマ」のほうですし。

 それと、ポスターのところで書きましたが、ここでもワーナー・ブラザーズ・「セブン・アーツ」って書いてあるほうが1968年公開時のもの。セブン・アーツがないとリバイバルのもの。

 あと、これはゴマチャンさんのサイトをご覧になっていただくとわかるんですが、このレコードジャケットと全く同じチラシが存在します。中身も全く一緒!
 で、レコードは1000円がせいぜいですけど、チラシはウン万円。悪いヤツは当然レコードを廃棄してジャケットだけをチラシとして売ろうとします。

 これをどうやって見分けるか!ですが、レコードジャケットはもともとレコードと一緒に保存されていたため、レコードの丸い跡が残ってたりします。まずはこれをチェック。
 それと、ビクターのものなんかは、中を開いて左上にビクターのマークがあったりします。これがあるとレコードジャケットだそうです。なければ安心してチラシと思っていいみたいです。
 僕のは当然ビクター犬がいます。(^^

 こんな全く同じチラシなんて作らなきゃいいのに…ってこれは後世のひとの言い草ですから、しかたないんですけど、まさかこんな大問題になるとは当時は夢にも思わなかったでしょうね。

曲のオススメ度:★★★★

追記:今年全世界限定3000枚で「暗くなるまで待って」のサントラアルバムが発売されました!現在タワーレコードか、アメリカのAmazonなどで入手が可能です!


  


2007年05月01日

お高~~いんデス。「おしゃれ泥棒」66初公開時日本盤サントラ

 ちょっとボケてますけど…これ、「おしゃれ泥棒」が1966年に初公開された時の日本盤のオリジナル・サウンド・トラックです。

 「おしゃれ泥棒」サントラの音楽の内容自体は以前書きましたので、今回はこの日本盤のことですが…ジャケットが独特だと思いませんか?海外版みたいなイラストタイプでもなく、日本特有の鉄兜でもない。
 「おしゃれ泥棒」の宣伝用の画像なんですが、いいですよね~~。確かに1枚の画像としてみた場合の完成度は鉄兜オードリーには負けるんですが、この珍しさがいい!
 レモンイエローのスーツのオードリーにジャガーEタイプ!軽快でカッコいいです!

 で、この日本だけのジャケットが人気なのかなんなのか、このレコードはえらく高額で取引されるんです。僕のこのレコードは傷があって、レコードとしての価値はほとんどないんですが、それでも高価!レコードとしても美品なら、びっくりするくらい高いんですよー。

 なお、このレコードはいったん廃盤になって、1971年の日本でのリバイバル時には新しくいつもの鉄兜オードリーのジャケットで再発売されました。そちらはぐっとお安いデス。

ジャケットのお気に入り度:★★★★
  


2007年04月05日

「華麗なる相続人」エンニオ・モリコーネ オリジナル・サントラ

 まずは“華麗なる”つながりでオードリー情報を。
 東京・神戸と来た「マイ・フェア・レディ」の衣装を含む「華麗なるハリウッド映画衣装展」ですが、9/5~9/17まで大丸京都店で公開するそうです(それまで予定はありません)。
 これで衣装は返却するそうで、今のところ国内最後の展示の予定です。アメリカ国外持ち出し禁止になる「マイ・フェア・レディ」の衣装、チャンスのある方は、ぜひ!秋の京都へ行ってみてください。


 さらにオードリー情報!5月5日・6日に兵庫県のゆめタウン氷上店2Fのポップアップホールにて「ローマの休日」が上映されます。前売りはないそうなので、ご覧になる方は当日行ってみてください。
上映時間10:30/13:00/15:30/18:00(6日は4回目なし)

 これは「華麗なる相続人(BLOODLINE)」の18曲入りオリジナル・サウンド・トラックのレコードです。輸入盤のみで、日本盤は結局発売されずじまいでした。

 「華麗なる相続人」は1979年アメリカ公開の作品ですが、どうやらこのサントラレコードは1980年に発売されたようで、アメリカでもちょっと発売が遅い?日本では1980年に公開してます。

 僕は昔三宮のセンタープラザ西館3階にあった星電社(現Seiden)の輸入レコード専門店(Mr.Jacket だったかな?)で、オードリーの作品のレコード、なんかないかなーってうろうろしている時に、パッと上を見ると、柱の目立つところになんとこの「華麗なる相続人」のレコードが何枚も飾ってあるっ!!“うっぎゃー!!”って嬉しくて買ってしまいました。(^^
 でもこれが日本で輸入されてたのも、公開された直後ではなく、なんかずっと後だったのを覚えてます。アメリカでも発売が遅かったからなんでしょうねー。

 そうそう、そういえばこの星電社の輸入レコード専門店、シングルで発売されていると言われていた(と言っても単独ではなく全く違うほかの作品と一緒に収録されている)「モンテカルロへ行こう」のサントラレコードを見つけたことがあるんですが、その当時は「モンテカルロへ行こう」はビデオ発売もなく、見たことがなかったので、悩みに悩んだ末“一生見ることもないやろし”って自分に言い聞かせて諦めたことがあります。今思えば、無理して買っておくべきだった!うが~~っ!
 「モンテカルロへ行こう」のサントラが出ていたことは、サントラ専門のサイトでも記述がないので、そういうのもあったんだよ!ってことで、いちおうここに書き留めておきます。

 さて、映画音楽には悲しい宿命があります。映画が大ヒットすると、多少音楽の出来がショボくても、映画と共に後世に残っていくことができるんですけど、映画が失敗すると、どんなに映画音楽の出来がよくてもその音楽は埋もれてしまうんです。
 この「華麗なる相続人」なんかは典型的な後者でしょう。

 本当に「華麗なる相続人」の音楽は出来がよくって、映画館でこの作品を見ているときも、オードリー扮するエリザベス・ロフがお父さんの過去を回想するシーンで流れる女声付き(と言ってもウ~って発声するだけの楽器扱い)のメインテーマのバリエーション(正式には「過去の回想」という曲)なんか、鳥肌立つくらい素晴らしい曲でしたよ!
 
 →これは国内盤サントラCD…なんてウソでぇ~。(^^;;;
 これまた僕が自分用に作った物。

 サントラのCDは、他のエンニオ・モリコーネ作品と組んで出た海外盤は2種類(「Red Sonja」とカップリングのと、「STATE OF GRACE」とカップリングのと)あるんですけど、どちらも「華麗なる相続人」は10曲のみの抜粋盤で、18曲の完全版を聴くためには今の所レコードの入手しか方法がないのが残念!
 国内盤も未発売のままなので、どこかが完全盤を出して欲しいな~。

曲のオススメ度:★★★★★
          (オードリー作品の映画音楽では僕のベスト5に余裕で入る素晴らしさ!)


  


2007年02月15日

ん?オードリーと由紀さおり「ヴァリーエ」?

 今回は由紀さおりさんの歌う「ヴァリーエ」です。
 なんでオードリーのサントラに由紀さおり?と思った方もいるでしょうが、これはれっきとしたオードリーのサントラなのです!!

 オードリーは日本のCMに2度出演した事があります。現在のように、過去のフィルムを使用したり、それにCGを加えるのではなく、オードリー本人がCMのために新たに出演してました。もちろん日本だけの為に出演したもので、海外で見る事は不可能。
 その1度目が1971年の日本エクスラン工業の「ヴァリーエ」というウイッグ(カツラ)のためのもの。「暗くなるまで待って」と「ロビンとマリアン」の間の休業中に、それでも人気の衰えない日本へのオードリーの感謝の気持ちかもしれません。

 オードリーは4パターンのCMを撮影。オードリーの誕生日前日の5月3日にスタッフが初めてオードリーの家で打ち合わせ、7日に衣装とウイッグ合わせ、10日からロケスタートで、ロケ終了日は5月21日。その前の18日には“とても気持ちよくお仕事させていただいたから”ということでオードリーからスタッフへのびっくりガーデンパーティも開かれたとか。
 その4本のうちの1つがこのジャケットで使われている金髪バージョン。これ、由紀さおりさんじゃないですよ。オードリーです。(^^
 そしてそのCMのバックで流れていたのがこの由紀さおりさんの「ヴァリーエ」!

 この曲自体は現在CDでも聞く事が可能。「由紀さおり スペシャルプレミアムコレクション」と「ourtime」の2種類に収録(画像右2点。僕は聴くために両方とも買っちゃいました)。(^^;;;
 歌詞は♪ヴァリーエ 変わ~る私 ヴァリーエ♪とヴァリーエを連呼する歌。最後に♪マイ・フェア・ヴァリーエ 変わるの~♪といかにもオードリーのための歌詞も。

 でもこのジャケット、よく見ると当時は珍しい両A面っぽいつくり。実際オークションなんかでも由紀さおりさんのアップで、「陶酔のワルツ」が上に来てるジャケットも見かけたので、どっちが本当のA面なんだろ…って思ってましたが、手に入れたら「ヴァリーエ」が完全なA面でした!(^^
 ということは当時このオードリーのジャケットで店頭にずらずら~って並んでたんですね!

 他にはブラックドレスバージョン、カーリーヘアバージョン、お下げバージョンがありました。ブラックドレスバージョンだけは2004年6月4日にテレビ東京の「偉大なるトホホ人物伝」で33年ぶりに放送されたんですが…そこでは「ヴァリーエ」は使ってませんでした。他の金髪バージョンとかで使っていたのでしょうね。ブラックドレス・バージョンではオードリー自身が“ヴァリーエ”を連呼。ただ、オードリーの発音は“ヴァリーエ”ではなく、“ヴァリエ~”でしたけど。

 エクスラン「ヴァリーエ」はオードリー42才の時の撮影なんですけど…左のお下げバージョンの画像見てください!めっちゃ若い!おそらく最後の“若いオードリー”なんでしょうね。

 当時の「スクリーン」ではアップで表紙を飾り、グラビアページのキャプションでは“テレビCFでますます若返るオードリー・ヘプバーン”って書かれてました。
 僕のめっちゃお気に入りのキャプションなんですけど、確かに「いつも2人で」や「暗くなるまで待って」よりも若いかも!20才代でも通るんじゃないですか?
 この時の方が「いつも2人で」の18才の女子大生役にむいてたりして…。(^^;;;

 あ~、死ぬまでに残りの金髪バージョン、カーリーバージョン、お下げバージョンも見たいな~。オードリーが日本だけの為に出演したCMが、その日本でも見ることが出来ないのは、めっちゃ残念!

 そうそう、このジャケットの金髪バージョンの衣装、2004年のオードリー展で展示してあった連続写真で、オードリーがこれを着てベンチで寝転がって息子のルカをあやしている、というのがありました。残念ながらその画像はオードリー展の図録には収録されていませんでしたけど…。もちろんそのときは金髪のカツラはかぶってないんですけど、この衣装をCMの後、私生活でも使ってたんや~って感慨ひとしおでした。

曲のオススメ度:★(軽やかな日本の70年代歌謡ポップス。ただオードリーや映画音楽をイメージするとちょっと違うので、ここでは★1つにしておきました。僕も最初に聴いた時、イメージしていた感じと違ってたし…。曲が悪いわけではありません。)


  


2006年12月28日

「昼下りの情事」オリジナル・サウンドトラックEP

 これは「昼下りの情事」のオリジナル・サウンド・トラックEPです。初公開当時、アメリカ盤のみ発売されました。

 別の演奏家による「魅惑のワルツ(ファッシネーション)」の録音はいろいろありますが、映画オリジナルのサントラはこれのみです。
 ホンとなかなか見つからなくて苦労しました!だから実物を手にしたときは「うきゃ~~~っ!」って嬉しかったですよ~~~!

 残念ながら現在僕のレコード・プレーヤーは調子が悪く、1回聴いただけで、棚でおとなしく、ちょこんとしてますけど。早く新しいレコード・プレーヤーが欲しいなー。

 なお、このEPのジャケットは、細かい違いで2種類あるようです。僕のは上部に白い帯部分がありますが、これがなくて、全面山吹色タイプもあるようです。

レア度:★★★★★(数年に一度出てくることもあります)
曲のお気に入り度:★★★★

 曲目は“昼下りの情事”“魅惑のワルツ”“ホット・パプリカ”の3曲です。
 “昼下りの情事”は映画のオープニングの曲、“ホット・パプリカ”はX氏がゲーリー・クーパーを撃ちに来て、部屋の外で待っている時のせわしない(笑)曲です。でもこの曲好きなんですよねー。
 レコードには映画の中での“ヘイ!”の掛け声は入ってませんけど…。


追記:アマゾンで、この貴重なサントラEPのmp3がなんと300円でダウンロードできます!