2011年08月10日

オードリー映画の激レアサントラ音源をダウンロードできる!

 “午前十時の映画祭”、9月の予定は
★青の50本「シャレード」「麗しのサブリナ」:TOHOシネマズ与次郎(鹿児島)、TOHOシネマズ光の森(熊本)
★赤の50本「ローマの休日」「昼下りの情事」:シネプレックス小倉(福岡)、松江SATY東宝(島根)
です。ぜひぜひご覧になってくださいね~!(^-^


 アマゾンのMP3で、めっちゃ貴重なサントラをダウンロードできるみたいです!

 まずは貴重&珍しいこの4曲。



 “Love in the Afternoon”は、1957年の初公開時にのみ発売された、激レア「昼下りの情事」のサントラEPからのもの。ちゃんと“昼下りの情事”“ホット・パプリカ”“魅惑のワルツ”と3曲とも入っています。レコードを買おうとすると何万円もかかるのが、300円とはお得!写真は「昼下りの情事」じゃなくって「ローマの休日」と「麗しのサブリナ」の間の宣伝写真だけどね。

 “That Face”は「パリで一緒に」の中の、ガブリエルが起きてきてリチャード・ベンスンと踊るシーンで使われたフレッド・アステアのレコードのもの。これまたCDが廃盤になって久しいので、貴重です!

 “Audrey Hepburn e l'Italia”はインタビュー(?)でイタリア語を流暢に喋るオードリー。

 “Think Pink!”はやたら長いので、もしかして映画で使われた完全版!?と期待してダウンロードしましたが、サントラの前半+映画で使われなかった部分+ケイ・トンプスンとピアノの新たに録音された部分+サントラの後半という構成で、今まで未収録の部分はやっぱり未収録。しかもピアノ部分がやたら長いだけだった…残念だな~。

 続いて、通常のサントラが手に入るもの。



 「戦争と平和」「ティファニーで朝食を(50周年記念盤)」「シャレード」「いつも2人で」。
 CDと同じで、特に何も付け加えられていません。

 「パリの恋人」には3種類もサントラが用意されていますが、選ぶのに注意がいります。



 左端はオードリーの画像も使われているしお勧めしたいんですが、“Basal Metabolism”(オードリーがパブで踊る時の曲)が入ってない!
 真ん中のはCDでもそうでしたが、視聴したらやっぱり“Funny Face”が音飛びしてる…。きっと“Think Pink!”も音飛びしてると思います。実は左端のも音飛びしてます…。
 右のは全曲入ってますが、値段が左2つより300円も高い!
 でも、左2つは音が圧縮されすぎてシャーシャー言ってるんですが、右のは高くてもいい音が出ています。買うなら断然右のですよ!サントラで言うと、ピンク盤に相当します。

 続いては一部がオードリーのサントラのもの。



 左端は「尼僧物語」、真ん中は「ラベンダー・ヒル・モブ」の入ったジョルジュ・オーリック作品集。じゃあ右は何?と思われるかもしれませんが、これはオードリーが1971年に「エクスラン・ヴァリーエ」のCFに出た時のCMソング
 「ラベンダー・ヒル・モブ」はアルバムの中に4曲だけ入ってます。オーリックは「ローマの休日」も作曲した人ですね。

 次はサントラじゃないけど、オリジナル・スコアに則って録音されたもの。



 「華麗なる相続人」と「ロビンとマリアン」ですが、どちらもメロディーが素晴らしいですよね!ちょっと試聴してみてください!(^-^

 最後はちょっと毛色が違います。オススメしない物なんですけど…。



 左はイアン・ウッドワードのオードリーの伝記に合わせて作曲されたらしい Rudi Dobson の駄作曲集。オードリーらしさはかけらもありません。かろうじてリミックスの「シャレード」が面白いだけです。
 右は画像から推して「許されざる者」のサントラかと思いますが、サントラでもスコア盤でもありません。間違えないでください。

 今のところ日本のアマゾンではサントラはこれだけですが、アメリカアマゾンでは「Music From The Films Of Audrey Hepburn」も出ています。
  
タグ :MP3OST


Posted by みつお at 21:00Comments(4)サントラmp3

2006年12月28日

「昼下りの情事」オリジナル・サウンドトラックEP

 これは「昼下りの情事」のオリジナル・サウンド・トラックEPです。初公開当時、アメリカ盤のみ発売されました。

 別の演奏家による「魅惑のワルツ(ファッシネーション)」の録音はいろいろありますが、映画オリジナルのサントラはこれのみです。
 ホンとなかなか見つからなくて苦労しました!だから実物を手にしたときは「うきゃ~~~っ!」って嬉しかったですよ~~~!

 残念ながら現在僕のレコード・プレーヤーは調子が悪く、1回聴いただけで、棚でおとなしく、ちょこんとしてますけど。早く新しいレコード・プレーヤーが欲しいなー。

 なお、このEPのジャケットは、細かい違いで2種類あるようです。僕のは上部に白い帯部分がありますが、これがなくて、全面山吹色タイプもあるようです。

レア度:★★★★★(数年に一度出てくることもあります)
曲のお気に入り度:★★★★

 曲目は“昼下りの情事”“魅惑のワルツ”“ホット・パプリカ”の3曲です。
 “昼下りの情事”は映画のオープニングの曲、“ホット・パプリカ”はX氏がゲーリー・クーパーを撃ちに来て、部屋の外で待っている時のせわしない(笑)曲です。でもこの曲好きなんですよねー。
 レコードには映画の中での“ヘイ!”の掛け声は入ってませんけど…。


追記:アマゾンで、この貴重なサントラEPのmp3がなんと300円でダウンロードできます!