2009年06月01日

「パリの恋人」オリジナル・サウンドトラック新盤

 いまだ前のサントラが現役なのに、なぜか突然出てきたのがこの「パリの恋人」オリジナル・サウンドトラックの新盤。

 別に収録曲が増えてるようでもないし、どうせ“Think Pink!”のコーラス部が増えてもないだろうし、最初は買う気はなかったんですけど、わざわざ出てきたのには意味があるのかな?と思って取り寄せてみました。なぜだかえらく安いですしね。

 ジャケット表紙はイタリア版ポスターをベースに英語で文字を入れたもの。
 今までのと違って新鮮味はあったんですけど、届いてみたらアマゾンで見れるような上品なオレンジ色じゃなく、にごった山吹色って感じ。まあどっちにしても「パリの恋人」ではオレンジ色ってあんまり目立ちませんし、この映画の持つイメージカラーでもないですよね。

 やっぱり「パリの恋人」と言えば、ちょっとサーモン入ったパステルピンクって感じでしょ!そう!映画の中で“Think Pink!”を歌いながら塗られている編集部員のいるドアの色みたいな!
 他にも同じ色がジョーがいも虫から極楽鳥になるシーンでのドレスとか、魚釣りをするシーンで着ているサッシュやリボンの色でも使われていましたよね。
 (そういえば、あの編集部員のドアの配置だと、中の部屋はどう区分けされているのか知りたいところです。)

 で、ライナーノートには何が?と思ってみたら、なんにも書いてない!このサントラを出した会社の宣伝だけ。げげっ!

 でもまあ、音が良くなってるのかな?と思って聴きましたが、そうでもない。
 しかも恐ろしいことに、“Think Pink!”(やっぱりコーラス部は未収録)と“Funny Face”の曲は一部が欠落しているという有様!

 まったく、何のために新たに出したのか、理解に苦しむサントラだったのでした。
 皆さんも「パリの恋人」のサントラを買うなら、今までのピンク盤の方がいいですよ!と強く推しておきます。

オススメ度:★(曲の評価ではありません。このサントラの出来に対して。)

  


Posted by みつお at 16:00Comments(4)パリの恋人サントラCD

2008年09月18日

映画の日宣伝用オードリーポスター

 長々とお待たせした割には“なんじゃ!?”なグッズの紹介で申し訳ないのですが…。

 今日は、1980年代後半~90年代前半の映画の日の一般認知度をあげるための宣伝ポスターの紹介です。このシリーズではオードリーではない、「カサブランカ」や「風と共に去りぬ」なんかもあったと思います。

 僕はオードリーではこの2種しか持っていないのですが、他には「ローマの休日」「昼下りの情事」「ティファニーで朝食を」をメインにしたポスターもあります。

 「ローマの休日」「ティファニーで朝食を」はあまりにもおなじみの画像であんまり欲しいという欲求が起こらないのですが、「昼下りの情事」だけは緑のバックにカーネーションの香りを嗅ぐオードリーの画像で、いつかは買いたいと思っています。

 これらは神戸のシネマガイドさんで買いました。「パリの恋人」の方は、映画の1シーンなんですけど、なんか垢抜けないオードリーに写ってますよね(笑)。

 さて、それとこのポスターには映画雑誌「ロードショー」の広告も入ってますよね。「ロードショー」とのタイアップだったんでしょうか?
 オードリーとは縁の薄い「ロードショー」なんですけど、この当時のオードリー人気のリバイバルは圧倒的で、さすがの「ロードショー」も老若男女にアピールするオードリーを何回も使わざるをえなかったんでしょうかね。

 さて、最近の「ロードショー」も「スクリーン」もなんですけど、ページ数、減りましたねー。以前は250ページくらいあったのに、今は160~170ページですもんねー。
 本屋で最近見ると、あまりのペラペラさに、“大丈夫なんかなー?売れてなくて大赤字ちゃうかなー…。”って思ってしまいます。

 中身では“見る”部分はともかく、“読む”部分は壊滅状態ですよねー。まあ、いまや双葉十三郎さん・小森のおばちゃま・淀川長治さんなどの往年の名評論家の方たちも活動してらっしゃらないし、映画について正しく“批評できる”人がもういないのかもしれませんが…。
  


2008年08月10日

「パリの恋人」1957年初公開 外映版パンフレット

 すみません、ご無沙汰でした。(^^;;
 今日は「パリの恋人」パンフの最後の紹介になる、1957年初公開時の外映版の紹介です。

 1960年代に入っての外映版は手が付けられないほどヒドイ出来ですが、50年代の外映版は全然別。これもどなたが書いたのかわからないのですが、“新感覚のロマンチック・ミュージカルの傑作「パリの恋人」”という2ページにまたがる独自の文章が読めます。

 印刷はあまりよろしくないですが、これは50年代の印刷技術では仕方のないところ。充分他の「パリの恋人」と対抗しています。

 表紙のバックはフランス国旗をイメージしたピンク・白・ブルーの3色で色分け。
 ちなみにこのヨークシャー・テリアはフェイマスなんでしょうかね?

 裏表紙もいくつかあって、外映版ではおなじみのテルミー・パレトーン、テルミー・ゲーラ・パレトーン、そしてブドー・テックスです。もっとほかにもあるかもしれませんね。

 同じ裏表紙でも、中身の広告は違ったりしてる物もあります。いっぱい世に出回ってるんでしょうねー。
 それに表紙の紙もつるつるのもの、マットなものがあります。

 ←ちなみにこれは表紙のウラ。なぜオードリーのアップの顔に×印がついているのかわかりませんけど…。(^^;

 でも本来なら、去年発売されたスペシャル・コレクターエディションもこれでいかないとダメですよねー。あの「麗しのサブリナ」をアップで持ってくるアメリカのデザイナーの感覚は最悪!
 日本のは真ん中の上にも小さなサブリナが付いてるのがダメダメ。

 そうそう、こないだそのスペシャル・コレクター・エディションを観ましたが、さすがに画面の綺麗さはビックリするほど!おそらくこれが初公開時の「パリの恋人」なんだろうなーって。

 それと、観ていて残念に思ったのは、“字幕の訳が古いっ!”
 えっ、訳者は誰?と思ったら高瀬鎮夫さん。「カサブランカ」で“君の瞳に乾杯!”と名訳をして、「暗くなるまで待って」でも素晴らしい翻訳だった高瀬さんですが、「パリの恋人」ではあまりよろしくないですねー。

 今見ても新しい「パリの恋人」が、大時代的な言葉ですっかり古臭くなってます。これは吹き替えの方の翻訳の桜井裕子さんの方が遥かに良い出来。

 スプーンを“さじ”って言う人は今時あんまりいないと思うし、現代では使わない言葉の言い回しがいっぱい!それに覇気のないマギーの“です・ます”調の喋りとか、ちょっと「パリの恋人」の良さが死んでるかな~。
 ビデオやレーザーディスクでの翻訳のほう(どなたなのか表記がないのでわかりません)が、ずっとずっと「パリの恋人」が活き活きしてた!って感じ。ちょっと残念な翻訳でした。

レア度:★(初公開版の中では入手がラク)
  


Posted by みつお at 16:00Comments(4)パリの恋人

2008年04月23日

「パリの恋人」名古屋三越星ヶ丘店9F 三越映画劇場版チラシ

 1984年~90年代、日本ヘラルド映画配給のオードリー映画のリバイバルでは、単一作品でのチラシがほとんど作られなかったのは、以前の記事でも書いたとおり。

 そんな中、名古屋三越星ヶ丘店の三越映画劇場では、独自のチラシを作っていたようです。そのうちの1枚が今日紹介する「パリの恋人」のチラシ。

 日本ヘラルド映画が作った「オードリー・スペシャル」とか「オードリー・フェスティバル」といったチラシはチラシ・コレクターにはほぼ価値の無いものみたいですが、この三越のはきちんと単一作品でのものであること・地方版なので数が少ないこと、が相まって、この時期のチラシとしては高額な値段で取引されているようです。

 さらに三越では札幌三越の三越名画劇場というところ(2003年閉館)でも別の独自のチラシを作っていたようで、こちらは名古屋版よりさらにレア。各店舗で独自チラシを作るなんて、三越さんやるなぁ~。(^^

 さて、めっちゃ高額なので、チラシには手を出さない僕なのですが、これはネットで見つけたとき、あまりに美しいので買ってしまったチラシ。当時はまだ普通にお店で1枚600円くらいで売ってたし(それでも高いと思ったけど…)。

 名古屋三越のチラシは表面は基本2色刷りで、中には墨(ブラック)と特色1色という組み合わせもあって、僕的にはあんまり興味をそそられないものもあるんですが、これは別。

 マゼンタとちょっと緑がかったブルーとで刷られており、デザインも色も、「パリの恋人」本編に負けないオシャレな作り。
 やっぱりデザイナーさんは「パリの恋人」になるとついついデザイナー魂に火がついてしまうようですね(笑)。そのおかげで、昔から「パリの恋人」関連には秀抜な物が多いです。

 ただ、裏面は57年初公開時の解説をそのまま持ってきてて、引き合いに出される作品が古い!(^^;

 ちなみに、名古屋三越星ヶ丘店さんに直接伺いましたが、この「パリの恋人」は1988年3月くらいの上映だったそうです。ちょうど20年前ですよね!

絵柄のお気に入り度:★★★★(この色使いと、絵柄がベストマッチ!)
  


Posted by みつお at 17:15Comments(2)パリの恋人

2008年04月01日

「パリの恋人」だけでよかったのに…1986年リバイバルチラシ

 これは1986年に「パリの恋人」がリバイバルした時のチラシです。

 当時の日本ヘラルドのリバイバルの常として、オードリー映画何作品かの連続上映。この時も「ローマの休日」と「麗しのサブリナ」と一緒にされてしまって、チラシコレクターからは価値のないもの、という扱いになってしまってます。
 それぞれ単独で作ってくれたらいいのに…ってちょっと残念。

 でもそれはそれとして、このチラシを見たときは、このオペラ座の階段を下りるオードリーの美しさに感激!

 もちろんこの86年リバイバルまでに自主上映で既に「パリの恋人」を見ていた僕は、こういうシーンがあることは知ってましたが、この画像を見るのは初めて!

 映画からの直焼きかもしれませんが、“こんな美しい写真があったんやー!”って見入ってしまったものでした。これが「パリの恋人」だけのチラシだと、全面にこの画像になって、さらに美しかったかもしれませんね。

 裏はこんな感じ(→)。こちらでもメインはあくまでも「パリの恋人」であることがわかります。

 これは大阪での公開時のチラシなので1987年になってますが、これを見に行った時に、既に予告で「暗くなるまで待って」のポスターが貼ってあって、もっと感激!
 その時「パリの恋人」に一緒に行った友人を、さらに“「暗くなるまで待って」も行こう!”って誘っていたものでした。
 本当にオードリーファンには続々とオードリー映画がリバイバルされるという、嬉しい時代だったんですね!


  


Posted by みつお at 16:00Comments(0)麗しのサブリナパリの恋人

2008年03月11日

麗しの…じゃなくて「パリの恋人」オーストリア版プログラム!

 これはこないだ紹介した「尼僧物語」と同じく、ドイツ語で書かれたオーストリア版「パリの恋人」プログラムです。

 …なのになんで表紙が「麗しのサブリナ」なんでしょうねーっ!
 もうまったく「パリの恋人」は「麗しのサブリナ」の呪いにでもかかってるんでしょうか!?

 DVDのジャケットといい、これといい、なんか「パリの恋人」は「麗しのサブリナ」に乗っ取られてることが多いですよねーっ!

 いくら「麗しのサブリナ」も「パリの恋人」も似たような黒づくめの格好をしているとはいえ、これはないですよね~。

 表紙だけを見たら、「パリの恋人」だなんて思いもしないですもんね。

 「麗しのサブリナ」自体に罪はなく、全部デザイナーが悪いんですが、最近だんだんでしゃばりなサブリナが嫌いになっていくような気が…。(^^;;;

 中身は例によってスタッフ・キャストとあらすじだけ。

 ただ、ちょろっと珍しい画像もあるので、これはこれで(表紙以外は)気に入ってます。
 ♪ボンジュ~ル・パリ~♪(^-^


  
タグ :パリの恋人


Posted by みつお at 16:00Comments(2)パリの恋人

2008年02月24日

「パリの恋人」1957年初公開版 一般用パンフレット

 今日は「パリの恋人」の1957年初公開版一般用パンフレットの紹介です。

 初公開時の東宝関西版パンフレットと同じ画像を使ってバックはブルー。
 未入手の時にはなんか綺麗だなーって思っててですね、これと1966年リバイバルのピンク版は表紙の色にやられました、って感じ。
 早く入手したいなーって思ってたパンフの1つです。

 中身は特にこれだけ、って記事はないんですが、ドヴィマの紹介でタイトル・バックのワンシーンが載っており、“あ、これもドヴィマだったんや!”って気付かせてくれます。

 それと、これもどのパンフにも載っていることなんですが、「いままでに映画でえがかれた もっとも美しいパリの風景」っていう解説なんですが…。

 その中に、“この映画にあらわれるパリの場面はその美しさにおいて、いままでのどの映画のパリにもかなわない。”って書いてあるんですが、え?あれ?日本語これでいいんでしょうか?

 言いたいことはわかるんですが、“どの映画のパリにもかなわない。” だったら、どの映画にもめっちゃ負けてませんか~?(^^;;;
 おそらく“どの映画のパリかなわない。”じゃないかなーと。

 なお、このパンフには色々異版があります。

 以前一緒にオードリーパンフを集めていたMさんのHPで、“最終ページでおもしろエピソードが載っており”と書いてあったんですが、僕の同じパンフでは最後の解説は「パリの恋人」の歌曲の話。
 これが面白い?みたいな。

 でもこれが裏表紙違いを手に入れて判明!

 僕の(裏表紙でんえん)で裏表紙の裏は広告でしたが、別のもの(裏表紙アリサ)では“ピンクのパンティ撮影を遅らせる”という解説がありました!(←左の画像)

 ま、確かに解説が1つあるかないかで大きな違いですよね!このページには画像が5点もあるし。
(その後、裏表紙でんえん版にも解説があるタイプもあると判明。)


 それとさらに裏表紙違い(トーア毛糸)では、広告がない分、上部が統一されたデザインになっていることがわかりました!(→右端の画像)

 本来はこういうデザインだったんだねー、みたいな。しかも珍しい画像もあるので、お得感はトーア毛糸が1番!
(右端の右上の画像、珍しいオードリーの画像があるんです!)

 広告が入った物は下部にスペースを取られてしまって統一感がなくなりますが、実はすっごいやる気のある、「パリの恋人」初版では優秀なパンフの1つです。

 本所映画館館名入りパンフがあるとすれば、このタイプの表紙じゃないかと思っています。中身は…独自パンフなんでしょうかね。そうだったらいいな~、と。

レア度:★★(内容に違いがあるので、入手の際は気をつけた方がいいかも…。)


  


Posted by みつお at 15:00Comments(0)パリの恋人

2008年02月03日

悲劇の「パリの恋人」DVDジャケット!と歴代「パリの恋人」

 さて、昨日は「麗しのサブリナ」のプレスシートを紹介しましたが、今日は「パリの恋人」の市販されているDVDを見てください!

 今年の1月に出たばかりの「パリの恋人」スペシャル・コレクターズ・バージョンも、せっかくの50周年記念盤だというのにメインにでかでかと「麗しのサブリナ」の画像があしらわれて、アメリカのデザイナーの神経を疑うようなものでしたが、こちらの通常盤も実は!「麗しのサブリナ」に画像を置き換えられていました!

 このジャケット、みなさん最初に見たときあれ?って思いませんでした?僕は思ったんですよ。
 「パリの恋人」って、あの細いオードリーの中でも特に細い時期の作品。にしてはほっぺたにボリュームのあるオードリーですよね。

 口紅が異様に分厚く塗られているのもムムムって思いましたが、深く追求しなかったんですよね。

 でも今回スペシャルコレクターズバージョンが出たことで、この疑惑の画像をもう一度詳しく調べると…こちらも「麗しのサブリナ」じゃないですかっ!!!

 昨日よーく見てください、と書いた画像、今日は「カタログ オードリー・ヘプバーン」から載せます(→)。ほら!「パリの恋人」DVDジャケットとおんなじ顔!!!

 このオードリーの顔を切り抜いて裏焼きにして本来の「パリの恋人」の画像に貼り付けました!というのがジャケットのもの。まさに暴挙ですよね!

 「パリの恋人」がそんなにヒドイ顔で出てるならともかく、「初恋」のポスターなどにも使われるほどの美しさ!「パリの恋人」のオードリーが一番美しかったという批評家もいるほどですよ~。

 オードリーだったらなんでもいいだろうっていうデザイナーの無神経さがめっちゃイヤ!!知らないこととはいえ、こんなのを押し付けて、日本独自のジャケットにさせないという圧力をかけるアメリカの本家パラマウントにも腹が立ちます。

 日本のパラマウント ジャパン株式会社さん、「ローマの休日」を頼み込んで日本独自のティアラ・オードリーのジャケットにしたように、ぜひ今後ハイビジョンで出す時に「パリの恋人」も頑張ってくださーい!どうかどうかお願いします。m(_ _;)m

 やっぱり本来の作品の画像を使って欲しいですよね!なんか安っぽく感じてしまいます。

 ←ちょっとテイク違いの画像ですが、本来はこんなの(1966年リバイバルピンク版パンフの裏表紙から)。

 自信ありげなDVDジャケットのサブリナと違って、愁いを帯びたジョーの表情。
 とってもステキなオードリーなのに、もったいない!

 あっ!そうかっ!実はサブリナはパリに修行に行ってましたから、その間に実はディックと付き合って、手玉に取ってたんですね!それでこんな小生意気そうなDVDの写真がっ!

 でもサブリナは故郷のデイヴィッドが本命だから、ディックとおさらば。いつまでもサブリナを忘れられないディックは瓜二つな古本屋のジョーにちょっかい&ずっと一緒に居たいがためにモデルに推薦。な~るほどね~!…って、なんでやねん!!

 ちなみに過去の「パリの恋人」のメイン画像としてはこんなのがありました。(↓下の画像)

 左から1966年リバイバル時の立看ポスター、同じく1966年リバイバル時のB2ポスター、レーザー・ディスクのジャケット(ビデオジャケットにも採用)、そして66年B2ポスターの下にあるのが1957年初公開時のスカラ座パンフ(ワイド版ビデオジャケットでも採用の絵柄)、LDの下はサントラCD(本来はレコード・ジャケット)です。

  どれもステキですよね!これらがDVDのジャケットに負けてるとは思えないし、「麗しのサブリナ」を使わなければならない理由は全くないと思うんですがねー。
 「パリの恋人」のためにオードリーが撮った膨大な量の宣伝写真からきちんと選んで欲しかったです。
 なんで「パリの恋人」ばっかりこんな目に…。(T T


























  
タグ :DVD


2007年12月31日

「パリの恋人」1966年リバイバル公開時 プレスシート

 これは1966年リバイバル公開時の「パリの恋人」プレスシートです。

 ありゃ?なんか1957年の初公開時のプレスと一緒やん!って思いますよね?僕も最初はそう思いました。
 って言うか、実は以前に初公開時のプレスを買ってたのを忘れてまた買ったんですけどね。(^^;;;

 あらー、おんなじの買ってもうた…と思って並べてみたら内容違うっ!

 オードリーの紹介にも「おしゃれ泥棒」まで書かれていますし、解説でも同じオードリーのミュージカルということでなにかと「マイ・フェア・レディ」が引き合いに出されてます。

 中面の画像も初公開版がフィルム直撮りの物だったのに、こちらではスチール写真のものに変わっています。なのでこちらの方が画像が綺麗。

 ただね、初公開版もそうでしたがファッション業界の話の「パリの恋人」なのに、なんか地味!
 おしゃれ映画揃いのオードリー映画でも、この作品が一番華やかにしてもいいくらいなのに、これはないでしょう!って感じの作り。もったいないですね。

 初公開時のプレスとの違いは、畳んだ状態では下1/3の部分にある罫線と文字がひっついているようなのがこちら。初公開のはこの文字と罫線が離れています。ちょっと見分けにくいですよね。(^^;

 手にして初めて気が付いた、66年リバイバルの「パリの恋人」プレスでした。

 今年最後の記事は、製作50周年記念の「パリの恋人」で締めさせていただきました。
 それではみなさん、よいお年を。(^-^


  


Posted by みつお at 15:00Comments(2)パリの恋人

2007年12月17日

「パリの恋人」1957年初公開時 プレスシート

 これは1957年初公開時のプレスシートです。
 2つに折られていて、開いたらさらに観音開きになっているという、「緑の館」のプレスと同じ作りのもの(サイズは違うけど)。

 なんかねー、「パリの恋人」だったらもっともっと素敵なプレスが出来そうな気がするんですが、どうももひとつやなーと思ってしまうんですよねー。

 やっぱりファッション界の話だけあって、「パリの恋人」のパンフがどれもステキな表紙なのに比べて、プレスは全然華がない!

 もし僕が初版の「パリの恋人」のプレスを作るなら、やっぱり話の内容を考えて50年代のファッション雑誌風にしたいなーと思うんですけどね。

 →これが全部開いた時の表面。右端と左端の部分が、折りたたんだ時はそれぞれ左と右になって観音開きにになります。

 ちなみにこの右端はオードリーのファッションとドヴィマの話。左端はキャストの紹介です。

 →こちらは全部開いた時の中面。解説・ストーリー・監督・歌曲の紹介などが載っています。

 一番下の段にずらっと並んでいる画像は、映画からそのまま焼いたもの。ブレていて画像の質はあんまり芳しくないです。

 さて、1966年のリバイバルはこれとそっくりなプレスシートが作られました!とっても見分けにくいんですが、そのお話はまたこんど。

レア度:★★★(66年版と見分けがつきにくいです。)


  


Posted by みつお at 15:00Comments(0)パリの恋人