2008年10月08日

「おしゃれ泥棒」1966年初公開時チラシ

 今日は、1966年初公開時の「おしゃれ泥棒」のチラシの紹介です。
 僕のは“広島宝塚劇場”のスタンプがオードリーの帽子の部分に押されてます。

 これ、それなりに値段がお高いものなんですけど、僕のはパンフレットを買ったら、挟まってたんですよねーっ。めっちゃ得しました!(^^

 →ウラはこんなの。

 “オードリーから一言”ということで、オードリーが語ってる“風”に、この映画のおしゃれとドロボーに関して書かれています。

 でもこの「おしゃれ泥棒」の日本での売り方はほんっとカンペキですよね!
 オードリー(&当時は人気のあったピーター・オトゥール)主演で、お得意のロマンティック・コメディの内容だったら、それだけでもある程度のヒットはするでしょうけどね。

 20世紀フォックスジャパンが、“おしゃれ泥棒”という素晴らしい邦題と、この鉄兜のおなじみメインビジュアルを考えた時点で、もう95%は大ヒット間違いなし!ですもんねー。
 その上キャッチコピーが“パリです オードリーです 世界の恋人です 100万ドルをシックに盗みます!”ですもんねー。残りの5%も手中に収めてますよねー。これでもうどう転んでも大丈夫ですよ。

 「おしゃれ泥棒」に関してこれらを考えた人も、映画の宣伝を担当した人も、“よっしゃーっ!!”って思ったでしょうね。充実感も達成感ももの凄いあっただろうなって。広報もラクだっただろうし。

 実際1967年度の興行収入でも第6位に入りましたし、雑誌“スクリーン”の67年5月号での人気投票の結果でも、作品別で第2位を獲得してます。これは「マイ・フェア・レディ」の第3位を凌ぐ、全オードリー映画での最高位!
 今でもオードリー作品の中では有名な方ですもんねー。

 だから、海外での「おしゃれ泥棒」ポスターやDVD・ビデオジャケットなどのビジュアルを見ても、日本のこの鉄兜を超えられてるものはひとつもないです。かな~り優越感(笑)。いや、別に僕が考えたわけではないですが…。(^^;A

 現在発売中の日本のDVDジャケットの画像も全然ダメ。こんなんで初公開時に公開していたら、結果は違った物になったと思います。やっぱ鉄兜オードリーで行かなきゃ!!

 で、次の「いつも2人で」の時も、きっと「おしゃれ泥棒」の時のチームが考えたんだろうと思うんですけど、そっちはうまくハマる題名にめぐり合えなかったんでしょうねー。公開前は「路上の2人」「道行く二人」「さすらいの二人」などと表記されてますもんねー。
 20世紀FOXさんではこんな会話があったのかもしれない…。

 お偉いさん:きみ、「おしゃれ泥棒」は実によかったねー。で、わが社期待の次のオードリー映画の題名はもう決まったかね?
 宣伝の責任者:それがまだ…(おずおずと)…あの「さすらいの二人」ではどうでしょうか?
 お偉いさん:……。ちっともピンと来ないねー。もう少し考えたまえ。
 宣伝の責任者:…あの、でももう宣伝を始めないといけないんですが…。
 お偉いさん:仕方ない、仮題ということで「さすらいの二人」で行きたまえ。

 みたいな。

 そうそう、それとジョン・ウィリアムズの音楽もやっぱりいいですよねー!
 ただ、ヘンリー・マンシーニは主題曲に関して音に素のオードリーを織り込んだ楽曲になっている(特に「いつも2人で」!)のに比べて、弟子のジョン・ウィリアムズのこの映画の曲はオードリーがいないような感じを受けます。

 でもこの「おしゃれ泥棒」という映画と、ニコルという役柄には実に良く音が合っていて、これ以外の音楽はもはや考えられません!前も書きましたが、僕にとってのオードリー映画音楽のベスト5にははずせない!んですよ。

絵柄のお気に入り度:★★★
  


Posted by みつお at 16:00Comments(0)おしゃれ泥棒

2008年04月15日

「おしゃれ泥棒」1966年初公開 裏青白縦割りパンフレット

 これは1966年初公開時の一般用パンフレットです。
 と言っても、「おしゃれ泥棒」は1966年年末がロードショー劇場での初公開なので、このパンフが売られていた劇場では67年だっただろうと思います。

 出版元は不明なんですが、裏表紙は青白縦割り。ということは内容はかなりヒドイということでして…。

 全16ページ、中身はえんじ色一色刷り。そしてプレスシートからそのまま転載した画像と内容に、宣伝用写真を並べたもの。

 中には僕が昔作ったパンフレット並みのレベルの低いレイアウトのページもありまして…。(^^;
 読むべきところもほとんどないし、こんなもの売ってたんですね~ってビックリするくらい。

 でもこんなものでも出てくることはまれで、入手は「おしゃれ泥棒」では2番目に難しいです(1番はタイアップパンフレット)。
 僕も東宝版以外のものがあるなんて知らなかったです。それを知り合いの方に教えてもらって、その方が2冊持っていたうちの1冊を譲っていただきました!

 内容の出来よりも、持っていることが嬉しいというマニア心をくすぐる一冊。

レア度:★★★(星4つに近いです)

 なお、「おしゃれ泥棒」に関してのパンフレットの紹介はこれで最後です。


  


Posted by みつお at 16:00Comments(0)おしゃれ泥棒

2008年03月08日

「おしゃれ泥棒」1971年リバイバル公開時 チラシ

 これは1971年リバイバル時の「おしゃれ泥棒」チラシです。

 いつもながらの鉄兜オードリーなんですが、やっぱり何度見ても素敵!
 「おしゃれ泥棒」という邦題と、“パリです オードリーです 世界の恋人です 100万ドルをシックに盗みます!”というコピー、この絵柄をメインビジュアルに持ってくるという選択の全てで、本当に日本の20世紀フォックスさんのセンスの素晴らしさに脱帽!

 日本で今でもこれだけ「おしゃれ泥棒」が有名であり続けるのは、この宣伝が完璧!だったからじゃないかと思っています。

 さて、1966年初公開時のチラシがポスターと全く同じ絵柄だったのと比べて、こちらの71年リバイバルは角丸の四角の枠をつけたりなんかして、ちょっと違いを出しています。
 なので、他におんなじレイアウトはないという、チラシ独自のデザイン!

 当時まだまだ人気の高かったピーター・オトゥールは影も形もなしになってしまいました。

 ちなみに裏はこんなの(→右の画像)。

 僕の持っているのは日比谷スカラ座の館名と装苑の広告が入ったものですけど、ここに館名などではなく、文章を追加で刷っている一般館用のチラシがあります。

 そこにはオードリーがエクスラン・ヴァリーエのウィッグのテレビCMに出ていることが書かれており、オードリーファンにはそちらの方が記事が多い分、嬉しい仕上がりかな~と。
 僕もいつかそのタイプを手に入れよう!と思ってるんですけどね。

 とにかくこのチラシだけの絵柄がステキで、とっても大好きなチラシの1つです。(^-^


  


Posted by みつお at 16:00Comments(4)おしゃれ泥棒

2008年02月07日

「おしゃれ泥棒」 フランス版「ELLE」1966/4/21号

 これは1966年4月21日号のフランス版雑誌「ELLE」です。

 表紙は「おしゃれ泥棒」オードリー。中には4pのオードリーのページがあります。
 昨日が「おしゃれ泥棒」でもイラストオードリーの表紙だったので、今日は画像オードリーにしてみました。

 本文にも珍しい画像はあります。が!でも見ていただきたいのは、この表紙のオードリーの衣装。
 もうもうこの表紙だけのために買いました!っていう…。

 おわかりになりますか?これは「おしゃれ泥棒」の中でオードリーが着て登場するスリップの上にビニール製のコートを羽織っています。

 「おしゃれ泥棒」ではこのコートではなくローズピンクのコートをスリップの上に羽織りますよね。映画には出てきませんが、たまにこれを羽織っている撮影合間のオードリーの画像を見ます。

 こういう特殊素材の衣装って「いつも2人で」にはポロポロありますが、「おしゃれ泥棒」にはないので、初めてこの衣装を知ったときはちょっとビックリしました。
 映画には出てこないってことはこれはジヴァンシーじゃないんでしょうね~。

 でもこうして「おしゃれ泥棒」の宣伝写真で使うなんて、オードリーはこういうのも結構気に入ってたんでしょうね。それでオードリーが衣装をチョイスしたという「いつも2人で」でもビニール素材の衣装が2つも登場するんでしょう。

 「いつも2人で」に続いてくアヴァンギャルドなオードリーの萌芽が見える写真なのでした。

  
タグ :雑誌


Posted by みつお at 15:00Comments(0)おしゃれ泥棒

2008年02月06日

2種類ある!「おしゃれ泥棒」スピード・ポスター型プレスシート

 これは「おしゃれ泥棒」1966年初公開時のプレスシートです。サイズはB3の横の短い物(半分よりは大きい)。

 「おしゃれ泥棒」初公開時には以前紹介した冊子型プレスもあるんですが、こういうのもあるんですねー。おそらく初期に作られたものなんでしょうけどねー。

 さて、絵柄は海外の宣伝用イラストをそのまま採用。
 ということで、オードリー本人が好きな僕としては、本物じゃないオードリーのイラストはいまいち。いくらデザイン的に価値があってもね。

 だいたいこのイラストのポーズをしたオードリーの画像は見たことがありません。「おしゃれ泥棒」のために考えた、イラストレーターの想像のオードリーなんでしょうけどね。

 いや、ポーズ自体はなかなかいいと思うんですよ。このイラストみたいなポーズをとったオードリーの画像があればいいな~とは思いますけどね(足のポーズが難しそうですけど)。

 でも!でもでもこの衣装は!?
 レースのストッキングは実際にも履いてますけど、この衣装はオードリーは絶対に着ないでしょう!オードリーのセンスからはどう考えても有り得ない洋服!

 この絵を書いた人は、オードリーには詳しくないんでしょうね。イラストレーターとしては優秀ですけどね。
 なのでデザイン的には “あり” でも、オードリー的には “なし” な絵柄。

 僕は冊子型プレスに比べると、大事な度合いはぐーんと下がって、プレスの中での好きという意味では最下位に近いものなんです。

 で、上の画像でなんで2つほぼおんなじ画像を並べているかというと、裏面が違うからなんですよね。裏面はこんな感じ(→)。

 表面は左下の20世紀フォックスのロゴのところがちょっと違うんですけど、上の左のタイプの裏が右の下。上の右のタイプが右の上のものになります。

 おそらく下のものが最初のプレス。「おしゃれ泥棒」だけじゃなく、「天地創造」「ミクロの決死圏」「ブルー・マックス」「唇からナイフ」といった他のこれから公開の20世紀FOX映画の紹介が載っています。
 「おしゃれ泥棒」の紹介もまだアメリカでのプレミアでの反応だけ。

 これが上のタイプになるとおなじみ鉄兜オードリーがドーンと大きくなって、オードリーが話している風の文章や、試写会を観ての批評家のコメントが掲載されています。


  


Posted by みつお at 15:00Comments(4)おしゃれ泥棒

2007年12月30日

「おしゃれ泥棒」1966年初公開時 タイアップパンフレット

 これは1966年、初公開時の一般公開前にタイアップ上映会でのみ手に入れることが出来たパンフレットです。
 東京地区では10月23日の品川プリンスホテルでの上映会だったとか…。
 サイズはEPレコードジャケットサイズで、正方形。

 表紙の下に小さく“これはオードリーがあなたに贈るおしゃれブック”と書いてあるので、この上映会は雑誌か新聞などで募集して当選した女性だけの試写会だったのではないでしょうか(あくまでも想像ですが…当時の状況をご存知の方は教えてください)。

 プレスシートと明らかに違うのはバンバン広告が入っていること。その中のあるお店で“20世紀FOXとタイアップ特別上映会にご招待いたします”と書いてあるので、おそらくそういうタイアップ上映会の1つなんでしょうね。

 そんな上映会だから当然全国でもこれを入手できたチャンスは少なく、「おしゃれ泥棒」のパンフレット中最も入手の難しいものとなっています。
 性格的には「週刊 いつも2人で」や「暗くなるまで待って」のタイアップ上映会パンフと三つ子状態。ただしそれらよりもさらに入手困難ですけど。

 さてこのパンフの特徴はたくさんの文章をオードリーが語っている風に構成していること!
 これがおもしろーい!!

 普段なら読もうとは思わないストーリーの部分もオードリーが語ってくれるなら読みましょう!ってなりますよね。(^^;;;
 他にもジバンシーの衣装や“ラブ・ハント・テクニック”、バイオグラフィー、共演者や監督、そして次回作「いつも2人で」(この当時の仮題は「さすらいの二人」)の紹介がオードリーによってなされている“風”。

 他には林冬子さんによる“ああ オードリー・ヘップバーン”という文章や、メイ牛山さんによる「おしゃれ泥棒」のオードリーのヘアスタイルの作り方の解説などが載っていて、内容的にはかなり充実。

 市販のパンフとは中身がまるで違うので、ファンは嬉しいですよねー!お気に入り度高し!

 靴の銀座ワシントンの広告には“「おしゃれ泥棒」スチール展開催中”とも書いてあって、うらやまし~い!僕も見に行きたい!(^^

 ど真ん中のページには見開きで1966年12月と67年1月のオードリー・カラーカレンダーがありますが(右の画像)、これが使用されて無くなっているものがありますので、入手の際は要注意。

 「おしゃれ泥棒」は1966年11月から公開の、1967年お正月映画でした。
 大ヒットでしたし、41年前の今頃全国の映画館は「おしゃれ泥棒」を観る人たちできっといっぱいだったんでしょうねー!(^-^

レア度:★★★★★


  


Posted by みつお at 15:00Comments(2)おしゃれ泥棒

2007年11月23日

「おしゃれ泥棒」1991年リバイバル 復刻版パンフレット

 はい!これは1991年に日本ヘラルドがリバイバルした時の、「おしゃれ泥棒」復刻版パンフレットです。

 これの元は1966年初公開時のパンフ。以前ブログで取り上げた時にこの初公開のは6種類あるって書きましたが、これは日比谷スカラ座の通しナンバーありタイプを復刻してますねー。

 復刻版であることは、裏表紙に書いてます。ので、確認は裏表紙を見てください。

 ま、このパンフなら今でも充分通用するでしょうから、これを復刻したのは賢明でしたね。もちろんファンとしては新しいパンフを作ってくれた方が嬉しいんですけども。

 まだ紹介してませんけど、裏表紙青白縦割り「おしゃれ泥棒」パンフなんかを復刻しなくてよかったー!と思います。

レア度:★★


  


Posted by みつお at 15:00Comments(0)おしゃれ泥棒

2007年10月23日

「おしゃれ泥棒」66初公開時ポスター スリップバージョン

 これは「おしゃれ泥棒」1966年初公開時のポスターです。便宜上ここではスリップバージョンポスターということにしておきます。

 いやしかし、サントラ原作での「おしゃれ泥棒」の紹介は別として、カテゴリーでの“おしゃれ泥棒”で鉄兜イメージ以外のオードリーはこれが初めてですねー(笑)。

 鉄兜オードリーも大好きですけど、このスリップを着てピストルを持つオードリーもなかなかいいですよね!(^-^

 全体に白っぽいし、全体で見ると明らかに出来は鉄兜バージョンのほうがいいですが、このような希少なポスターが見れるのって嬉しい!
 映画館とかで2種類とも貼ってあったら壮観でしょうね~。
 でもまあ、これは明らかにサブのポスターですよね。

 鉄兜バージョンのキャッチコピーは

“パリです オードリーです 世界の恋人です 100万ドルをシックに盗みます!”

という有名な物ですが、こちらのスリップバージョンのコピーは

“パリに抱かれた恋のオードリーicon06 シックに盗む100万ドルの幸福icon06

ってなってます。う~ん、絵柄もキャッチコピーも鉄兜バージョンに負けてます。(^^;;;

絵柄お気に入り度:★★★(でも好き!)


  


Posted by みつお at 15:00Comments(0)おしゃれ泥棒

2007年09月19日

「おしゃれ泥棒」1966年初公開時プレスシート 冊子型タイプ

 これは「おしゃれ泥棒」の1966年初公開時の冊子型プレスシートです。

 作りは「いつも2人で」のと同じで、B4横型、全8p。いつもの素敵な鉄兜オードリー。

 中身の文章はパンフレットに載っているものとたいして違わないんですが、いろんな有名人の「おしゃれ泥棒」への賛歌と、アメリカでの大ヒットの記録が載っているのが目を惹きます。

 それと、なんといっても画像が凄い!パンフレットやその後の雑誌などでも再録されないカラー画像がここでは色々と見ることが出来ます!

 →右の画像なんかを見てもらうとわかるのですが、これはデイビス・リーランドとマキシムでディナーを取るシーン。

 ここでオードリーが着る緑のジヴァンシーの衣装、写真集なんかでも意外と収録されることが少なく、レモンイエローのスーツと並んでこの衣装が好きな僕はこれだけでもすっごい嬉しい!

 ましてや、この写真はこのプレスだけでしか見ることが出来ません!

 こんな、パンフとは全然違う画像の選び方がとっても嬉しいプレスシート!

 なお、「おしゃれ泥棒」のプレスシートにはスピードポスタータイプもありますが、それはまたいずれ。

お気に入り度:★★★★★(「いつも2人で」と合わせて持っていると、特に嬉しい!)


  


Posted by みつお at 15:00Comments(9)おしゃれ泥棒

2007年06月18日

「おしゃれ泥棒」66初公開時ポスター 鉄兜バージョン

 今日は1965年に撮影された「おしゃれ泥棒」です(オードリー36才)。画面では秋・冬っぽいのに、オードリーが半袖で現れたりするのは、撮影が7月スタートだからみたいです。

 これね、記事のタイトルを書く欄が30文字までなのでこうしましたけど…実は66年の初公開時だけじゃなくって、おそらく1971年リバイバルもこのポスターだと思います。

 66年にはもうひとつ、スリップバージョンのポスターがあるんですけど、71年リバイバルらしきポスターが全然見当たらないんですよね。

 映倫番号は明らかに66年ものなんですけど、「おしゃれ泥棒」の71年リバイバルって、パンフは新たに製作されましたけど、結局プレスシートらしきものも見当たらないし、日本ではすっかり鉄兜オードリーが定着しましたから、66年のポスターそのままで行ったのではないかと。

 これね、ある方と一緒に“71年ポスターはないだろうか!”“どこかに違いがないだろうか!”って探しまくりましたけど、ワーナー・ブラザーズの「暗くなるまで待って」ポスターみたいに20世紀フォックスの会社のロゴが変わったわけでもなく、「おしゃれ泥棒」自体のロゴも変わることなく(パンフのは“お”の字が微妙に違うけど、これは66年初公開時からもともと2種類用意されてたので却下)、リバイバルされたので、結局増刷で落ち着いたんだろうと思ってます。

 だからこのポスターはよく出回ってるんですよね、きっと。

 でもおなじみ鉄兜オードリーですけど、やっぱりこの画像はいい!日本で「おしゃれ泥棒」といえばこれ!というほど強烈なインパクトの強い画像。
 本当にこの時代の日本のポスターってセンスがいいな~~~!

 「おしゃれ泥棒」は邦題の決め方も素晴らしいし、イメージ画像の決定もピッタリですよね!(^-^

 今の日本のDVDはこの画像がジャケットじゃないですけど、これにすればいいのにね!
 おそらくどの国の「おしゃれ泥棒」のポスターやDVDジャケットにも負けない!って僕は思ってます!!オードリーファンになった最初からずっ~~とお気に入り。

絵柄のお気に入り度:★★★★★(レア度なんかは関係なく、このポスターは素晴らしい!)


 なお、昨日アクセスが30000を超えました!
 本当に皆さん、来ていただいてありがとうございます。m(_ _)m

  


Posted by みつお at 15:00Comments(0)おしゃれ泥棒