2016年01月20日

オードリーの命日に 「初恋」1990年ビデオ発売時のチラシ

 今日はオードリー・ヘプバーンの命日です。1993年に亡くなっていますので、23年の月日が流れた事になります。
 …しかし23年も経って、今なお若い人にも知られていて憧れの女性であり続けるというのは凄いことですよね。

 オードリーが「ローマの休日」で現れたとき、そのあまりの新しさに世界中が驚きましたし、日本ではある雑誌で火星人呼ばわりされたこともありました。
 当時の批評家が戦前からの古風な方で、そのオードリーの新しさを表現する術を持っていなかったのですね。

 そしてオードリーの同時代の女優さんたちが、ことごとく今見ると古めかしい(プロポーション、メイク、ヘアスタイル、ファッションなど)のに対して、オードリーだけが古びない新鮮さを保っているのは驚異ですよね。

 オードリー自身もまさかこれほど全世界の人たちに愛され続けるだろうとは、予想もしていなかったでしょう。
 オードリーが主に活躍していたのは、1953年〜1967年のわずか14年だけ、なんですもんね。

 でも未だに全世界で映画がリバイバルされ、カレンダーが毎年十種類以上も作られる残り少ない俳優でもあり、何かとニュースになり、世界で展示会が開かれ、雑誌で特集が組まれ…という事を考えると、おそらく現役かそうでないかにかかわらず、世界で頂点の俳優さんになってしまった、と言い切って良いのではないでしょうか。

 これは演技力の問題でもなく、美しさでもなく、もちろん歌の上手い下手でもなく、もう時を越えてすべてを超えて、オードリー自身も一度も思わなかったであろうトップに立ってしまったのだと思います。
 オードリー自身は目立たない事の方が好きだし、あなたが全俳優さんの中での1番なんですよ!なんて今言ったら、震え上がりそうですよね。

 さて、そんな命日にふさわしい感ゼロなのですが、今日は1月繋がりでこの「初恋」の初ビデオ化時の販売チラシの紹介。

 この「初恋」は1952年の作品になります。昔は1951年の作品として知られていましたが、製作国のイギリスで1952年2月公開、アメリカは1952年8月だそうですから、1952年として見るのが正しいのでしょう。

 でももちろん公開日から考えても、この作品は1951年に撮影されているのがわかります。ハイアムの伝記では1951年3月、パリスの伝記では1951年2月からオードリーのシーンが撮影されている事になっています。

 日本ではずっと遅れて、1966年1月に初の劇場公開がされています。なんと50年前の今月ですね!
 前年の1965年には64年の年末から公開された「マイ・フェア・レディ」が全国で順に公開中だったとはいえ、他には「麗しのサブリナ」と「昼下りの情事」がリバイバルになっただけで、新作はとうとう無し。既に「おしゃれ泥棒」の撮影はなされていましたが、公開は66年の年末まで待たなければいけませんでしたから、ファンのもどかしい思いをこの「初恋」が引き受けてくれた事になるのでしょうね。

 ただ、配給会社はNICという小さなところで、果たして全国のどれくらいの劇場で公開されたかまだよくわかっていません。
 東宝・松竹・東映・東急のような大手チェーンじゃなかったし、初公開時にはポスターと立看とプレスは作られたものの、パンフレットは作られずじまいに終わりました。
 それから考えても、ひっそりと公開され、ひっそりと終了したのでしょう。

 でもこうして日本で公開が有った事で、その後も全国各地の自主上映のプログラムに載る事ができるようになり、僕もそういうので見る事が出来たので今は無きNICさんにはとても感謝しています。当時オードリーの初期作品7種8作品の中では唯一観れた作品でした。

 でもまあ内容はとても暗いもので、全然「初恋」などという題名とはそぐわないし、出来もそんなにいいものだとは思いませんでした。むしろ最初に自主上映で観た後は “二度と観なくてもいい!”なんて言ってましたし。
 公開数ヶ月後の雑誌「スクリーン」でも採点は☆☆☆の60点(これは双葉十三郎さんの採点ではないようですが)。これはオードリー全作品で「緑の館」の40点に次ぐ低い数字です。「パリで一緒に」「華麗なる相続人」よりも下で「オールウェイズ」と同点。

 そして、このチラシで初めてのビデオ発売が告知されましたが、こちらはHRSフナイ株式会社から1990年1月15日に発売となりました。これまた1月。

 このチラシを手に入れた時の事をぼんやり覚えていますけど、「初恋」の発売など全然知らなくて、ふらりと入ったCDショップで見つけて“おおお〜っ!”と思って1枚持って帰りました。なんか1枚しかもう残っていなかったような…。
 お店は忘れていましたけど、右下のスタンプを見ると大阪梅田の阪急グランドビルの30階にあった“DAIGA”というCDショップで手に入れたみたいですね。

 裏は無しの表面緑一色刷り。わざわざ「初恋」だけでチラシを作るんですから、フナイ株式会社としては力は入ってるんでしょうね。でもお安い印刷。

 オードリーの画像が載っていますけど、ラストシーンに近いところからそのままキャプチャーしたもの。映画の内容には合ってるけど、とても暗い印象の画像。ビデオのパッケージも同じ画像でしたし、後の94年のLD発売時にも同じ画像がジャケットに使われてました。
 僕ならこんなの使わないけどなーって思ってました。かといって「初恋」で定番の詐欺、「パリの恋人」の美し画像を使うとかはイヤですけどね。

 文字を全体に小さくして詰め込めるだけ詰め込んでいますから、きっと画像だけでは読めないと思いますので、キャッチコピーを書いてみますね。

 待ちに待ったヘプバーンの「初恋」
 23歳の若さあふれる演技と華麗なバレエの踊りを披露します。
 90年代の幕開けは、やっぱりヘプバーン

 だそうです。確かにこの時期オードリーの再ブームまっただ中ですよね。85年初頭から続々とオードリー映画がリバイバルされていましたし、各地で大ヒット!前年には「昼下りの情事」がとうとうリバイバルして、まさにオードリー再ブームの絶頂期。
 この1990年には「オールウェイズ」もゴールデンウィーク用映画として公開されましたし。まだオードリーが生きていながら伝説化していった時期でした。
 でも23歳ってのは違いますよね。撮影時期から考えて、「初恋」のオードリーは21歳〜22歳が正解です。

 その下には物語としてストーリーの紹介、さらにその下に枠で囲われて初発売にあたって3人から文章が寄せられています。
 その3人は高橋聡さんという僕は全く存じ上げないのですが映画評論家の方、松尾貴史(キッチュ)さん、わかぎえふさんというこれまた存じ上げない役者さんです。

 で、この3人の文章を読んでみるとわかるのですが、おそらくこれらの文章は “何か宣伝文を…”ってただ依頼されて書いたんだろうなーっていうのがよくわかります。
 というのも、誰1人「初恋」を見てないのが丸わかりなんですよねー。おそらくこの原稿の依頼が来るまで「初恋」という作品があることすら知らなかったんだと思います。だーれも内容について一言も触れてないんですよー。

 高橋聡さんは“「初恋」のひと” と書いてあるだけ、松尾貴史さんは“「初恋」はヘプバーンが23歳の時の作品だそうだ。”、わかぎえふさんにいたっては「初恋」の文字は全然出てこない。
 これで宣伝文になっているのか?(^^;

 その下にはオードリーの代表作が載っていて、「初恋」「ローマの休日」「麗しのサブリナ」「戦争と平和」「パリの恋人」「昼下りの情事」「緑の館」「ティファニーで朝食を」「シャレード」「マイ・フェア・レディ」「おしゃれ泥棒」「暗くなるまで待って」が選ばれています。
 「初恋」の販促だから「初恋」が載るのは仕方ないとして、「尼僧物語」や「いつも2人で」や「ロビンとマリアン」を押しのけて「初恋」が入るとは到底思えないのですけど。

 一番下にはひさうちみちお氏イラストの「初恋」ポストカードが50名に当たる発売記念クイズが載ってます。

 〈問題〉オードリー・ヘプバーン出演の映画で、23歳の若さあふれる演技と、バレエの踊りを披露した作品は次のうちどれでしょう。
 1.ローマの休日 2.初恋 3.シャレード

 だそうです。正解とされるのは2番なんでしょう。でも23才というところに正確にこだわると本当は1番の「ローマの休日」、でもバレエシーンは無いから “該当なし” が正解かと…。

 イラストのポストカードなんて別に欲しくないので応募しませんでしたけど、そういえばこのポストカードって見たこと無いかも…。たった50名だしね。
 そう考えるとオードリー的価値はなくても貴重かも!
  
タグ :初恋


Posted by みつお at 09:00Comments(4)初恋

2009年05月18日

「初恋」1993年リバイバル公開時 2色刷りチラシ

 「初恋」に関してはめっちゃ長らく間があきましたが、今日は1993年リバイバル公開時の2色刷りタイプのチラシです。

 去年の3月に紹介した1色刷りのチラシと違って、たった1色増えるだけでこんなに豪華になるもんなんですね!
 ま、絵柄はポスターと一緒なんですけどね。

 で、表面で使っている画像は何度も書いてますけど、「初恋」のじゃなくて、美しさの完成された「パリの恋人」のもの。

 今でこそ「初恋」のオードリーは“初々しい”と、ポストカードや写真集でも取り上げられますけど、時代はますます厚化粧になる日本初公開時の1966年とかでは、すっぴんに近い「初恋」のメイクは全く受け入れられなかったでしょうねー。

 リバイバル時の1993年でもまだちょっとダメだったんでしょうかね。イギリス本国からこの画像を送ってきたようですし、そのまま日本でもこの画像を採用。バブルは崩壊して、少しずつナチュラルメイクになっていく時代だったとおもうんですけどね。

 →こちらは裏面。この画像は本当に「初恋」のものですね。

 それと、最近福岡で「初恋」の上映会があったようなんですけど、ネットで検索してたら、そのときの上映を“43年ぶりのフィルム上映”なんて書いてるページを見つけてしまいました。

 「初恋」は1966年が確かに最初の上映ですけど、このとおり、1993年にもリバイバル上映してますし、66年~93年の間にも自主上映によって何度も何度も日本全国でフィルム上映されてました。僕もそういう自主上映で最初に「初恋」を見てますし。
 だから全然43年ぶりなんかじゃないですね。

 なんか、上映前に「初恋」のことで講演もあったそうなんですけど、“これは43年ぶりの上映です!”なんて発言もあったんでしょうか?よく調べないそういった発言は、見に来た人たちのためにも、してないといいですよね。

絵柄のお気に入り度:★★★


  


Posted by みつお at 16:00Comments(0)初恋

2008年03月05日

「初恋」1993年リバイバル公開時 1色刷りチラシ

 いや~、なんでしょうね、このショボいチラシ!

 これは1993年、オードリーの死後にリバイバルした「初恋」の1色版チラシです。

 1993年リバイバルには、ポスターと同じ絵柄が表紙のタイプのチラシもあるんですが、これは墨一色刷りの、裏真っ白のチラシです。

 「初恋」って、内容を知っているだけに、余計にわびしくなるチラシですよねー。(^^;

 このリバイバルの配給元は、HRSフナイという、後にこの「初恋」のビデオを出す会社。LDの権利も確かここ(発売はもちろんパイオニアLDCでしょうけど)。

 で、唯一のビジュアルは、1966年初公開からずっとコレ。まだ洗練されてない「初恋」ではなく、垢抜けた「パリの恋人」の美しすぎるオードリー画像。
 毎回書いてますが、詐欺です(笑)。

 「初恋」を一番最初に自主上映で観た時、一緒に行った友達に、“二度と観なくてもいい!”なんて愚痴ってたのを思い出します。

 しかし、「初恋」までリバイバルされるとは思いもよりませんでした!
 もう「初恋」でもリバイバルしないとしゃーないくらい、オードリー作品が払底してたんでしょうね。(「尼僧物語」と「許されざる者」がリバイバルされなかったのがかえすがえすも残念!)

 ポスターと同じ絵柄のチラシはまたいつか紹介します。


  


Posted by みつお at 16:00Comments(4)初恋

2007年12月08日

「初恋」1993年リバイバル公開時 パンフレット!

 まさかこの「初恋」にパンフレットがあったとは!

 このパンフを見つけたときは、衝撃でしたねー。えっ!「初恋」にパンフレットがあったんやーっ!みたいな。めっちゃ嬉しかったです。

 はい、これは1993年リバイバル時の「初恋」パンフレットです。
 「初恋」初公開時(1966年)にはパンフレットが製作されてないのは、以前66年プレスシートのところで書いたとおり。

 なので、「初恋」に関してはこれが唯一のパンフレットということになります。

 このパンフを製作された方本人にお話を伺ったことがありますが、やはり1993年公開時も、最初はパンフを作らない予定だったそう。

 それがその話を聞いたこの方が、“それならぜひ作らせて欲しい!”ということで、作ったそうです。

 その際、当然のようにポスターやチラシで使っている「初恋」のメインイメージの画像を表紙で使ったらどうだという話があったそうなんですが、熱心なオードリーファンである製作者は、“これは「初恋」のオードリーじゃないからイヤだ!”と言って拒否したそう。

 さすがあれが「パリの恋人」だと見抜ける本当のオードリーファンは違いますね!某氏は自分の著作で平然とあれが「初恋」画像だと載せていますが…。

 ただ、映画の内容とは合ってますが、ちょっと表紙は暗いオードリーですね(笑)。バレエを踊るオードリーの画像だったら、ぐっと綺麗な表紙だったでしょうけど(内容とは合ってませんが…)。

 中身の画像も、映画フィルムから、“ここだっ!”っていうところを撮影したものらしく、実際の映画で出てくる名場面のオードリーがたくさん見れます。
 こんなの本当のファンでないとできませんよね。

 「初恋」に関する解説や日野康一さんの文章など、全16ページの本体と、久我美子さんの文章の1ページの挟み込みがあり、内容的にはかなり充実。

 文章は清藤秀人さんに頼もうかとも思っていたそうです。やはりオードリーのファンは人選も誤らないですね。

レア度:なし


  


Posted by みつお at 15:00Comments(4)初恋

2007年08月14日

「初恋」1966年初公開時プレスシート

 画像きちゃないですけど、今回は「初恋」の1966年初公開時のプレスシートをご紹介。

 「初恋」初公開時の1966年にはどうやらチラシもパンフも作られなかったらしいです。だから初公開時にあるものは、ポスターと立看ポスターとこのプレスシートのみ。

 というわけで、パンフ・チラシ、そしてもちろんプレスコレクターの三つ巴の争いになってしまうのがこのプレスなんです。


 2つ折りのB4サイズで、開いたらこんな感じ。
 例によって「パリの恋人」の画像のオードリーがメインでいい味出してます、詐欺だけど(笑)。

 さて、肝心の解説ですけど、終始若いオードリーのバレエが見れる!というので推していて、内容が暗いのは極力避けてる。ま、仕方ないっすよね。(^^;A

でもまあ、「初恋」らしからぬ絵柄は結構お気に入りなんですよね、これが。

お気に入り度:★★★★
少なくとも、今現在売っているDVDの地味なジャケットより、こちらの方が“観たい!”という気にはさせてくれますね(爆)。


  


Posted by みつお at 15:00Comments(0)初恋

2007年06月04日

「初恋」1993年リバイバルポスター

 今日から、オードリーの出演順に各作品1つずつグッズを紹介していきます!まずは1951年2~4月撮影(オードリー21才)の「初恋」から…

 こちらはオードリーの死後、1993年にリバイバルされた時の「初恋」ポスターです。1966年初公開時についていた余計な副題の「ファースト・ラブ」っていうのははずされてます。

 綺麗なポスターですよね!でもキレイだけど2色刷り。予算の問題があったのでしょうか…。

 で、1966年初公開時のポスターでもそうでしたが、やっぱりメインイメージは「初恋」のオードリーじゃなくて、「パリの恋人」のオードリー。(^^;

 でもこれ、実は日本が決めてるんじゃなくって、輸入元のイギリスの映画会社が「初恋」の宣伝材料としてこの画像を送ってくるんだそうです。
 「パリの恋人」の美しいオードリーで売ろうというのは日本の配給会社の陰謀じゃなくって、イギリスの配給会社の陰謀というわけですね!

 1993年リバイバルの「初恋」はチラシとプレスシートも同じ絵柄で作成されていますが、パンフレットのみは製作者が“この画像は「初恋」じゃないから!”っていうこだわりで本当の「初恋」画像で製作されています。

 出来も普通だし、暗い内容、しかもオードリー脇役…にもかかわらずこの作品がリバイバルされたなんて凄いことですよね!「尼僧物語」や「許されざる者」や「ロビンとマリアン」ですらまだリバイバルされてないのに!

 配給は日本ヘラルドではないのですが、84年から始まった怒涛のオードリーリバイバルの15作品目(新作の「オールウェイズ」を入れると16作品目)にして最後の作品になりました。
 (次にニュープリントで来るのは2003年の「ローマの休日」リバイバルまでありません。)

絵柄お気に入り度:★★★(評価はこれだけど、なんとなく気になる好きなポスター)


  


Posted by みつお at 00:00Comments(0)初恋

2007年01月03日

「初恋」1966年 初版ポスター

 今回は「ローマの休日」以前のオードリー出演作で、唯一劇場公開された「初恋」の1966年初版劇場ポスターについてです。サイズはB2。

 さて、「ローマの休日」以前の作品と言っても初公開はず~~~っと後で、大々ヒットの「マイ・フェア・レディ」の1年近くにわたる上映がやっと終わって、年が替わった66年1月だったか2月だったかに大阪の小さな劇場でまず上映されました。
 その後東京などでも上映されたみたいです。

 が、なにせオードリー人気を当て込んだ公開だっただけで、作品的に優れているというわけでもなく、配給会社も小さい所だったので、ひっそりと上映を終わっていったようです。

 で、このポスターを見てください!「ローマの休日」以前とはいえ、さすがオードリー!美しい!!
 …なんて思ったら大間違い!このオードリーは51年の「初恋」のオードリーではなく、57年の「パリの恋人」のオードリーなんですね。やることが図々しいですねー。

 大体、この「初恋」っていう題名も、正直詐欺です。原題は“SECRET PEOPLE”、つまり“秘密の人々”というものなんですね。

 内容だってオードリー主役じゃないし、ポスターの左下でオードリーを愛しげに見上げているセルジュ・レジアニという俳優さんも、本当はテロリストの役。

 「オードリー演じるノラのお姉さんがそのテロリストに騙されて片棒を担いで失敗し逃亡しました~。そしたら今度はノラをテロ仲間に引き入れようとしてました~。それを知ったお姉さんがノラをかばって凶弾にたおれました~、ノラ泣き崩れます~」というクラ~~いお話でして。(^^;;

 “看板に偽りあり”とはまさにこのこと!脇役のオードリーなのに、美の完成された後のオードリーの画像を全面に使って、題名はロマンティックな「初恋 -ファースト・ラブ-」。
 騙されて映画見た人は“金返せ!”状態ですよ。

 ま、でもこの映画を配給した会社にしてみたら、ちょっとでも動員数を増やすためにはしゃーないかもしれませんね。僕が当時のこの会社の社員だったらおんなじことしてたかもしんない(笑)。

 このポスターは、中学時代から欲しかったポスターでした。詐欺だ!っていうのは置いといて、絵柄はとても綺麗でしょ?
 中学の頃買った古本の“スクリーン”に、このポスターを売っている広告が載っていて、すぐに電話しましたけど…古本だから、残ってるわけないですよね。

 作品が作品だけに、非常に数が少ないポスターです。

レア度:★★★★(まず出ません)
絵柄好き度:★★★★


  


Posted by みつお at 00:00Comments(12)初恋