2017年11月20日

オードリーのスイス旅行ツアーのご案内

 以前、“オードリーのクリスマス”を大阪のリーガロイヤルホテル(オードリーが1983年来日時泊まったホテル)で開催した津屋さんからご連絡をいただきまして、来年夏(6月〜9月)にオードリーのスイスを巡るツアーが催行されることになったそうです。

 今回はスイスのツアーで、レマン湖周辺に行く旅だそうです。
 チャップリン関連のホテルで3泊、オードリーのモルジュで3泊。
 旅行はJRのジパング倶楽部からの発売になるようです。

 モルジュではいよいよオードリーをウリにした観光化を図ってるようで、今年も“ジバンシィとオードリー”という展示会をやってたそうなのですが、来年からはちょうどツアーの夏の時期に毎年オードリーをテーマに町を挙げて催しを行うそうです。

 津屋さんは既に今年下見に行ってらしたようで、モルジュやルカの方からも写真を使う許可を得てきたそうです。
 なのでパンフレットにはオードリーが10点ほど使われるそう。

 モルジュといえばオードリーが日常に買い物で使っていた街。
 もちろんもう各店代替わりはしているそうなのですが、そこでもオードリーの事を色々と伺って来たそうです。

 ツアーでもそういう店も回るようです。
 もちろんトロシュナのラ・ペジブル、オードリーのお墓なども組み込まれるでしょうね。

 そこで、来年3月辺りで、以前の“オードリーのクリスマス”の時のようにまたツアー希望者を募って説明会があり、そこで僕も何か喋ることになるみたいです。

 もし旅に興味のある方は

 連絡先
 Email: tabikobo@nifty.com
 オフィス旅工房
  津屋 雅彦

 さんまでご連絡を。3月の説明会だけでもいいのかな?
 ではでは、取り急ぎオードリーツアー情報でした!

 なお、ご質問のある方はコメントで書いていただけると津屋さんに取り次ぎさせていただきますので、ご遠慮なく書き込んでくださいねーっ!(^-^  
タグ :旅行


Posted by みつお at 23:30Comments(0)オードリー関連情報

2017年11月15日

NHK BSプレミアム “アナザーストーリーズ オードリーとローマの休日” 放送!

 NHK BSプレミアムにて“アナザーストーリーズ「オードリーとローマの休日〜秘めた野心、貫いた思い〜」”という番組が昨日14日に放送されました。

 「ローマの休日」を冠してる段階で、どうせオードリーファン暦の浅い層狙いの、内容の薄っぺらな番組だろうとタカをくくっててここでの紹介もスルーしていたのですが、昨日実際には見てみてビックリ!
 めっちゃ内容濃いじゃないですかーっ!

 というわけで、絶対ここでも紹介しなければ!と思い、急ぎ記事にしました。
 再放送もありますよーっ!

 再放送は2017年11月20日(月) 午後6時から1時間です。公式HPはこちら

 最初は沢尻エリカさんが出てきて、周りにオードリーの写真が出てくるのですが、そこでの「シャレード」と「マイ・フェア・レディ」の画像が裏向きなのが気になって…。
 これはまた出来損ないの番組か?と不安でいっぱいだったのですが…。

 ※追記:「いつも2人で」も裏焼き画像でした

 「シャレード」は100歩譲るとして、「マイ・フェア・レディ」の有名なアスコットの衣装は帽子の向きで即行わかるでしょうが!
 株式会社アマナさん、「マイ・フェア・レディ」の超有名な画像くらい正しい向きでレンタルしてくださいね!元がデュープなのでしょうが、写真の管理悪すぎです。減点100!

 「ローマの休日」も色んな秘話が語られています。ここで実際にインタビューを受けているのがオードリーのメイク&ヘア担当だったアルベルト・デ・ロッシとグラツィア・デ・ロッシ夫妻の息子と、ウィリアム・ワイラー監督の娘。

 彼らは実際に子どもの頃オードリーに会っていますし、そこで画面に映し出されるのは今までどの写真集にも載っていない、実際にその場に居た人たちだから持っていた写真の数々。
 おお〜!「ローマの休日」にもまだこんな貴重な画像があったのか!と嬉しくなりましたよ。

 そしてウィリアム・ワイラー監督がオードリーを最初にカメラテストしたという場面で、最近のいい加減な番組で出てくる(DVDの特典で付いてる)インタビューを受けているものではなく、ちゃんとベッドから起き上がる写真を出してくれていました。

 これはフィルムが現存してしているかどうかわからないものなのですが、こちらをきちんと本当のテストとして出してきたことはかなり好感が持てました。

 それとこれも今まで僕もこちらと「おしゃれ泥棒、オードリー・ヘップバーン!」の2つのブログで書いてきたことですが、「ローマの休日」の長い髪がカツラであったということがオードリーのヘア担当のロッシ夫妻の息子さんから語られていました。

 “だって何テイクも撮る監督だよ。もう一度!って言われたらどうするの?” まあ当然ですよね。
 息子さんの話によると、髪の毛のカットのシーンのためにはグラツィアは何点ものカツラを準備していたそうです。

 僕のカツラの根拠は「ローマの休日」撮影開始寸前まで立っていた舞台「ジジ」の時のオードリーのヘアスタイルがベリーショートなのに、一瞬でロングヘアに変われるわけない!というものでしたが、これで「ローマの休日」の長い髪=カツラ説は証明されました。

 でもここでも“おおっ!”と思ったのは、ちゃんと過去の日本で「ローマの休日」でオードリーは実際に髪を切ったと言われていたことを引き合いに出していたこと。
 制作者がきちんと調べ上げていたのがわかります。

 また、引用される伝記は全てバリー・パリスのもの。
 一番信頼できる伝記を選んでいるのもきちんと制作者が事前調査していたのがわかります。
 ここでダイアナ・メイチックメイエ・スタブレの伝記を引用してたら、もうそれだけでこの番組の信頼性が失われてしまうところでした。

 「ローマの休日」の撮影もきちんと1952年と表記していたのも良かったです。
 
 そしてBGMもきちんとリチャード・バーナス指揮・ロイヤルフィル演奏の「ローマの休日」メインタイトル
 民放だとここで日本で演奏されたイージー・リスニング編曲された“大使館のワルツ”を使ってしまいそうなところ、本当のメインタイトルを使用してくれたことも好感度高いです!

 他にも「ローマの休日」撮影中はまだ婚約していたジェームズ・ハンセンとのウエディング・ドレスを作った店も紹介され、ここでも珍しい画像が紹介されます。

 さらに「ローマの休日」だけで終わるかと思いきや、オードリーが半引退状態だった時期の話としてこんどは息子のルカが登場。

 アンドレア・ドッティと出会った時の船上のホームビデオ、そして結婚式の“唯一の動画”が紹介されます。
 他にも珍しい動画や写真がいっぱい出てきますよ!

 そして「ロビンとマリアン」!
 ありがちなオードリーの番組ではスルーされがちなこのオードリーの超重要な作品を大きく取り上げたことにも感激!

 ここではオードリーが引退も復帰もしていないことも語られ、オードリー自身がかつてインタビューで語っていた “いつまでも送られてくる脚本は私の年より若い役ばかり。私は自分に近い役を演じたかった” ということの肯定がやはりロッシ夫妻の息子によって語られます。

 これは本当に番組を担当した人がオードリーについて正しい情報を調べたのでしょう。
 番組を制作してくださった方に感謝!一緒にお話したいくらい!

 というわけで皆さんにもぜひ見て頂きたいかなり上質な番組に仕上がっています。

 そして急ぎこの番組の事をお知らせくださった時雄さん、ニコさんにも感謝!です。ありがとうございました!
  


Posted by みつお at 23:20Comments(7)オードリー関連情報

2017年10月17日

BS12 トゥエルビにて「マイヤーリング」無料放送!

 オードリーに関する情報です!

 今BS12トゥエルビでオードリー・ヘプバーン特集をやっているのですが、その中で10/21(土)19:00から「マイヤーリング」を放送します!

 以前WOWOWで「マイヤーリング」はテレビ初放映されましたが、無料で見れるのは今回が初めて!
 2014年の劇場公開で観た方も見逃した方も、要チェックですね!

 57年に公開される「パリの恋人」と「昼下りの情事」の撮影を1956年に終わったオードリーが、1957年2月にテレビドラマ出演した57年唯一の作品です。
 「マイヤーリング」放送後は58年1月から「尼僧物語」の撮影に入るまで約1年休息します。

 本放送はカラーでしたが当時の技術ではカラーで残す方法が無く、モノクロでかろうじて残っていました。
 画質はとても悪いですが、残っていた事に感謝!

 たった90分枠(実質75分)のテレビのために50万ドルをかけて制作されました。当時の日本円で1億8000万円。
 当時の大卒の初任給が1万円程度ですから、現在の価値に直すと約36億円!
 いかにお金がかかっているかわかりますよね。

 豪華な衣装はオードリーとも縁が深いドロシー・ジーキンズがデザインしました。オードリーとは「緑の館」「許されざる者」「噂の二人」で組んでいます。
 地味な作品担当になってますが、「噂の二人」など質素に見せないといけないのに、オードリーは “何を着せても美しいから困るわけ” と言ってくれています。

 1954年に結婚したばかりのメル・ファーラーとの共演がオードリーには嬉しかったことでしょう!
 ただオードリーとメル・ファーラーの共演作品は「オンディーヌ」「戦争と平和」「マイヤーリング」と全て悲恋なのが後の2人を暗示しているかのようですね。

 この「マイヤーリング」はなんと生放送だったためオードリーの後ろの壁にマイクの影が写っているシーンもありますが、失敗無しでやり遂げたのは凄いことですよね!

 BS12の公式サイトはこちら


 なお「ローマの休日」と「麗しのサブリナ」はもう放送は終わっていますが、28日には1964年公開の「パリで一緒に」も放送します。
 こちらはオードリーが最も私生活が充実していた1962年夏の撮影で、オードリーが最高に美しかった作品です。

 相手役は「麗しのサブリナ」でも共演したウィリアム・ホールデンですが、彼は生涯オードリーを愛し続けていたそうで、そのためこの作品の撮影前には日本でオードリーのためのプレゼントを選んでいた事が映画評論家の淀川長治さんによって語られていました。

 ホールデンはもう既に他の人の妻であり母になった幸せオーラ全開のオードリーを見て、苦しんでアルコールに逃げてしまい撮影が遅れる原因を作ってしまいましたが、オードリーはこの作品での撮影を “とても楽しかった!” と後に息子ショーンに語っています。

 作品はちょっとドタバタコメディですが、この作品は珍しくオーバーアクションなオードリーや、画面からも滲み出るオードリーの活き活きした幸せオーラや美しさを楽しんでください!この作品を気に入ったなら、あなたもれっきとしたオードリーファンなこと請け合いです!

 BS12の公式サイトはこちら
  


2017年09月03日

写真展「オードリー・ヘプバーン」~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~ チラシとチケット

「午前十時の映画祭8」、「おしゃれ泥棒」が全国同時上映中です!
 もう間もなく終了です!ぜひぜひお見逃し無く!
★上映期間
 いよいよ2017/09/08(金)まで!「おしゃれ泥棒」



 今日はまもなく大丸と松坂屋で開かれる写真展 “オードリー・ヘプバーン 〜今よみがえる、永遠の妖精〜” の京都と大阪合体版のチラシとチケットの紹介です。

 まずは写真展の詳細を。

開催期間 / 会場:
・大丸京都店 <ファッション編120点のみ>
 期間:2017年9月13日(水)~25日(月)
 場所:6階大丸ミュージアム京都
・大丸心斎橋店 <映画編120点のみ>
 期間:2017年9月20日(水)~10月2日(月)
 場所:北館14階イベントホール
・松坂屋名古屋店 <240点の中から抜粋>
 期間:2017年10月18日(水)~11月6日(月)
 場所:南館8階マツザカヤホール
・大丸札幌店 <240点の中から抜粋>
 期間:2018年3月 ※開催日未定
 場所:7階ホール

 このうち、京都では16日(土)に
 ・午後2時~ モデル/女優 エマ・ファーラー×『ハーパーズ バザー』編集長 塚本香トークショー
 ・午後4時~ 作家・山口路子×『ハーパーズ バザー』編集長代理 木津由美子 オードリーを語るミニイベント

 大阪では「ティファニーで朝食を」上映会(大丸心斎橋店の13日以降のお買い上げレシート2500円ごとに1枚。5枚まで)
 ・9月20日(水)→23日(土・祝) 北館14階大丸心斎橋劇場/定員:各回先着200名、自由席
  20日(水)→22日(金):連日午前11時、午後3時、午後6時30分
  23日(土・祝):午後6時30分

があります。



 チラシはA3の紙を2つ折にしたもの。A4サイズになっています。
 片面が心斎橋店、もう片方が京都店になっていて、音楽で言う所の “両A面” の扱いのような感じ。
 ただし使われている写真はどちらも「麗しのサブリナ」撮影時のマーク・ショーのオフショットポートレート。

 中面ではそれぞれの “映画編” “ファッション編”の写真の内容の説明。

 “映画編”の「ティファニーで朝食を」の有名なカラー写真がモノクロになっているのが気になりますが…。
 本来カラーの写真まで白黒写真にしてしまうのは僕は大嫌いなのですが、実際の展示ではどうなっているのでしょうね。

 チケットも同じイメージになっていますね。僕の買ったのは共通前売券(大丸心斎橋店インフォメーションで購入)。
 下のピンクの帯の部分を切り取るようになっていますので、実際に行ってしまうとこの部分は無くなりますね。

 チケットの裏にもそれぞれの展示会の説明が載っています。

 チラシもチケットも墨ともう一色は薄いちょっとサーモンがかったピンクを使用。
 ピンクはオードリーのイメージカラーだと思いますし、この色は「パリの恋人」で僕がイメージする色に近いです。
 なかなかいいんじゃないでしょうか。(ただし中面を見るとちょっと濁った色ですが…)

 エマ・ファーラーが来るので、京都はどうしても16日に行かないといけませんね。
 出来れば質問したい所ですが、質問タイムはあるのかなぁ…。
  
タグ :展示会


2017年08月31日

写真展とCDアルバムの情報です!エマ・ファーラーも来日!

「午前十時の映画祭8」、「おしゃれ泥棒」が上映中です!初日は東京で売り切れになっていました。大阪も前日にはほぼ席は埋まっていて、凄いなー!って思ってました。明日までは大阪も大きなスクリーンの劇場で上映しています。
 全国同時公開中!26年ぶりの正式リバイバルなので、ぜひお見逃し無く!
★上映期間
 いよいよ2017/09/08(金)まで!「おしゃれ泥棒」

 こちらに来ていただいているMengさん、まるさん、そしてMKさんから情報を頂きました!

 まずMengさん・まるさんにいただいたオードリーのCDアルバムの情報です!
 「A Touch of Music」。曲名はタワーレコードのこちらでみれます。

 「ローマの休日」「麗しのサブリナ」「戦争と平和」「パリの恋人」「昼下りの情事」「緑の館」「尼僧物語」「許されざる者」「ティファニーで朝食を」「噂の二人」からの選曲。

 情報を見る限りではサントラだと思うのですが、「緑の館」でマーニ・ニクソンの名が見えるのが不思議。
 マーニ・ニクソンと言えば、「マイ・フェア・レディ」でオードリーの吹替を担当した歌手ですよね。
 えーっ!「緑の館」ってマーニ・ニクソン歌ってたの???確かにエンドタイトルには女声があるけどさー。

 2曲目、「パリの恋人」の“シンク・ピンク” がどうなのかが興味あります。今までのサントラでは一部カットの版しか収録されてませんでしたが、もしフルバージョンなら画期的!まあカット版でしょうが…。

 また「昼下りの情事」はサントラ盤のものならCD初収録となります。

 「ティファニーで朝食を」はフィルム・バージョンじゃなく、今までの市販の “自称サントラ” の方なんだろうなー…。

 まあ、これが凄い!ってのはなく、なんとなく他のアルバムから寄せ集めたような感じが漂います。
 「ローマの休日」もロイヤル・フィルの演奏で、“これ本当に著作権クリアしてる?” って感じだろうし。

 「噂の二人」までしか収録されてないので、まるさんは第2弾があるのでは?と予想されています。
 確かに残りでは「シャレード」「パリで一緒に」「マイ・フェア・レディ」「おしゃれ泥棒」「いつも2人で」「暗くなるまで待って」「ロビンとマリアン」「華麗なる相続人」と魅力的な音楽が続きますもんね!


 さてもうひとつはMKさんに頂いた写真展に関する情報です!

 大丸・松坂屋特設サイト
 http://dmdepart.jp/audrey/

 〈ファッション編〉京都店
 http://dmdepart.jp/audrey/kyoto/
 イベント: エマ・ファーラー来日トークショー

 〈映画編〉心斎橋店
 http://dmdepart.jp/audrey/shinsaibashi/
 イベント: 『ティファニーで朝食を』上映会

 この中で特筆すべきはエマ・ファーラーが来日してトークショーを開く事!ビックリ!!うーん、ちょっと行ってみようかな!
 出来れば質問とかもしてみたいな〜。

 前売券の発売は既に始まっています。大丸京都店か大丸心斎橋店、及びセブン・チケットだそうです。

 なんか9月は色々と忙しくなりそうで嬉しい悲鳴!(^-^


  
タグ :展示会


Posted by みつお at 12:00Comments(4)オードリー関連情報

2017年08月17日

「麗しのサブリナ/許されざる者」新しいサントラが発売!ですが…

 「午前十時の映画祭8」オードリー特集始まっています!全国同時公開中!「おしゃれ泥棒」が目玉作品です!
★上映期間
 2017/08/05(土)~2017/08/11(金)1週上映「ローマの休日」(終了)
 2017/08/12(土)~2017/08/18(金)1週上映「麗しのサブリナ」(明日最終日)
 2017/08/19(土)~2017/08/25(金)1週上映「昼下りの情事」(明後日から)
 2017/08/26(土)~2017/09/08(金)2週上映
 「おしゃれ泥棒」


 新情報です!

 「麗しのサブリナ」と「許されざる者」がカップリングで新しいサントラが出るそうです!さらに「ローマの休日」のテーマ付き!

 …と、これは全くの新盤か!?と喜んだのですが、どうやらそうではないみたい…。

 今までの「麗しのサブリナ」と「許されざる者」のサントラをカップリングしただけのようです。
 それプラス「麗しのサブリナ」の“バラ色の人生ヴォーカルbyオードリー・ヘプバーン”になってますけど、どゆこと?

 販売元のサイトを見ると「バラ色の人生」のタイムは2:09になってますけど、オードリーが歌うシーンはそんなにない。
 ただし、今アマゾンやitunesで売ってる「麗しのサブリナ」の映像からモロパクリしたデジタル・ミュージックは、ボガードとの歌う前の会話などを含めて2:09。
 これって…。

 さらに言うと「ローマの休日」も実際の映画では1分半くらいですが、ここに収録される予定のものは3:01。
 これはリチャード・バーナス指揮、ロイヤルフィル演奏のものでは…!?

 100歩譲って「麗しのサブリナ」や「許されざる者」は50年以上経っているので、国によっては著作権が切れているかもしれない。
 でもロイヤルフィルの演奏は2013年発売のものだから、著作権切れてないと思いますけど〜!!

 こんな著作権侵害CDみたいなものがあっていいのでしょうか?
 元々「麗しのサブリナ」の“バラ色の人生”のデジタルミュージックや「ローマの休日」のロイヤルフィルのデジタルミュージックはどこかの国が無断でパクって出していたみたいですけど、天下のキングレコードさんが誤ってそちらから権利を買ってしまったのでしょうか!?

 ムムム…。これは喜んでいいのかどうか微妙な発売ですね。
 なんか16pブックレットがついてくるそうなので、そちらは期待していいのかな??

 ちなみに詳細はこちら
 既にアマゾンでは取り扱いが始まっているようです。
 キングレコードさん…大丈夫??



  
タグ :CD


2017年08月04日

写真展「オードリー・ヘプバーン」~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~開催!

 いよいよ明日から「午前十時の映画祭8」でオードリーの作品が4本連続で上映されます!全国同時公開!「おしゃれ泥棒」が目玉作品です!
 予定はもうOKですか?
★上映期間
 2017/08/05(土)~2017/08/11(金)1週上映「ローマの休日」
 2017/08/12(土)~2017/08/18(金)1週上映「麗しのサブリナ」
 2017/08/19(土)~2017/08/25(金)1週上映「昼下りの情事」
 2017/08/26(土)~2017/09/08(金)2週上映
 「おしゃれ泥棒」


 新しいニュースが入ってきました!

 オードリーの写真展が京都・大阪・名古屋・札幌で開催されます!
 「麗しのサブリナ」撮影時にオードリーを撮って親交もあったマーク・ショーの写真を中心に、240点が展示されるそうです!

 今年の9月から順次開催です。京都・大阪は別の120点ずつ、名古屋・札幌は240点から抜粋になるそうです。約半分かな?

 オードリーと大丸は2007年にオードリーを使って以来、松坂屋名古屋は2004年の“timeless audrey”展以来なのでは?

 なんかオリジナル・グッズもあるとか!?とにかく楽しみにしたいですね!(^-^

開催期間 / 会場:
・大丸京都店 <ファッション編120点のみ>
 期間:2017年9月13日(水)~25日(月)
 場所:6階大丸ミュージアム京都
・大丸心斎橋店 <映画編120点のみ>
 期間:2017年9月20日(水)~10月2日(月)
 場所:北館14階イベントホール
・松坂屋名古屋店 <240点の中から抜粋>
 期間:2017年10月18日(水)~11月6日(月)
 場所:南館8階マツザカヤホール
・大丸札幌店 <240点の中から抜粋>
 期間:2018年3月 ※開催日未定
 場所:7階ホール

 詳しいニュースはこちらこちらなどで。
  
タグ :展示会


Posted by みつお at 18:00Comments(10)オードリー関連情報

2017年04月28日

「暗くなるまで待って」池袋の新文芸坐で上映!

 突然ですが!

 東京の方に朗報です!
 池袋の新文芸坐さんにてオードリーの「暗くなるまで待って」が上映されます!

 「魅惑のシネマクラシックスVol. 23 ワーナー・ブラザース シネマフェスティバル」という一連の上映作品の中に「暗くなるまで待って」があります。

 日が無くて申し訳ないのですが、

 ★4/29 12:30/16:45
 ★5/4(オードリーの誕生日) 11:40/15:40

 ああああ…東京の人はいいなあ〜!
 新文芸坐さん、昔からオードリーの作品を色々上映してくれますよね。ありがたいです。
 どちらも同時上映はグレース・ケリー&ヒッチコックの「ダイヤルMを廻せ!」です。
 そして2本とも原作者はフレデリック・ノット。

 正式なリバイバルという形ではないですが、関東の方にとっては午前十時の映画祭と合わせて今年は5本のオードリー作品が見れますね!
 そしてその皮切りが「暗くなるまで待って」とは羨ましいです〜。

  


2017年03月06日

ついに「いつも2人で」本当のサントラが発売されます!



 ブログを読んでいただいた方からメールをいただいて、教えていただきました!

 今年製作50周年にあたる「いつも2人で」の本当のサントラがついに発売されるようです!

 発売元はkritzerland。

 公式サイトにも既に掲載されています。こちら
 一部は試聴も出来ますよ。

 ああああ、ついについについに!!!
 待ちました!待ちましたとも!!「いつも2人で」の本当のサントラ!!!
 やっとやっと聴けるんですね!!!!(T▽T

 今まで不完全版ばかりを出しているkritzerlandなので、本当に全曲入っているのか心配なんですが…。
 シャンティイ城のチャカチャカ音楽は入っているのか??
 曲名を見ると無さそうでコワい…。

 限定1000枚、4月上旬発売です!
 買いますよ、絶対に買いますとも!!
 マンシーニなのにたった1000枚…。これは無くなるの早いんじゃないかなー。

 海外のサイトでも注文出来ますが、日本で注文したい!という方は、タワーレコードか ARK SQUARE などで入手が可能です。ただしちょっとお高め。


  


2017年02月28日

オードリーの母、エッラを検索すると…

 昨日のルカ・ドッティに引き続き、“これ誰?” シリーズ第2弾。

 昨日アップしたルカの画像はなぜか即行で本当のルカの画像に変えられてましたね。
 えー、誰か見てるのかなあ、ここ。せっかく面白かったのにー!

 今度はGoogleで“エッラ・ファン・ヘームストラ” で検索すると、というかオードリーとかルカを検索すると関連で出てくるんですけど、オードリーの母、エッラ(あるいはエラ)の画像。




 また別人ですやん!!

 まずオードリーのお母さんはオードリーと違って、ちょっとおちょぼ口系。そして鼻は鉤鼻というか鷲鼻っぽい感じ。

 この写真の女性は大きな口だし、鼻は団子っ鼻。いったいこれ誰ですのん?

 それにこの女性の髪型、これ1930年代終盤〜1940年代初期にアメリカで流行った髪型。全然時代が合いませんし。
 リタ・ヘイワースとか、マリリン・モンローのブルネット(ノーマ・ジーン)時代とかその辺のもの。

 その頃のエッラは生きるのに精一杯だった頃。

 あるいはエッラがこの写真の頃の年齢だと、時代は1920年代〜30年代。
 当時はヘアスタイルの流行も短めのモガ&ピンカールのタイプで、実際赤ちゃんのオードリーを抱くエラの画像もそうなってました。

 ゲッティイメージズさんの無料の中に、エッラの画像はこれだけでしたけど…↓



 これは1940年代後半のエッラですね。キャプションで見ると1946年だそうです。
 ほら、鼻も口もメイクも全然違いますね。

 それに、エッラの肩書きが “女優” て…。

 エッラが映画に出たのは「パリの恋人」のモブキャラとしてだけだし、あとは戦争のちょっと前とかにオードリーと一緒に内輪の舞台で出た程度。
 違和感ありまくりですね。

 普通で考えると、“主婦” とか “貴族” とか。一番しっくり来るのはやっぱり “オードリーの母” ですかね。

 実際他のどこかの女優さんと間違えてるんでしょうけど、この写真はないわーww。
 いったいどこから誰がこの画像にしたんでしょうね。

 Googleもいろいろやってくれますねー。
  

Posted by みつお at 21:00Comments(2)オードリー関連情報