2006年12月31日

映画の友 オードリイ・ヘップバーン全集

 こちらは1966年に映画の友 秋の増刊として発売された「オードリイ・ヘップバーン全集」です。

 “映画の友”は、今も元気な“スクリーン”のような雑誌で、“スクリーン”よりもさらにファン雑誌的な存在だったということです。

 惜しくも1968年頃に廃刊になってしまい、その後は72年に“ロードショー”が創刊されるまでは“スクリーン”に対抗する雑誌はなかったわけですね。

 さて、この写真集は凄いです!今の写真集というと、1ページに写真1枚か、見開き2ページ使って写真1枚、ってのが多いのですが、これは1ページに何枚も画像が載ってます。

 しかも文章量も凄い!とても1日では読むことも見ることもできません。カラーグラビアはちょうど印刷技術がよくなってきたところなので、今見ても十分美しいし、本文でも珍しい画像が多い!

 僕にとって難があるとすれば、淀川長治さんの文章かな。
 (「おしゃれ泥棒」は未見ということで)「ローマの休日」から「マイ・フェア・レディ」までの作品を“オードリー映画”という観点から評価してるんですけど、「パリで一緒に」のパンフではこの作品をえらくほめてた文章を書いていたのに、こちらでは「パリで一緒に」のことを、“1万円やるからもう一度見ろと言われても二度と見たくない作品”なんて書いてありました。

 ということで、淀川長治さんの二枚舌にちょっとげんなり(笑)。
 それならパンフの方にも寄稿しなけりゃいいのに…と思いました。(ちなみに当時の1万円って今の10万円くらいの価値?)

 そして66年秋の臨時増刊号なので、「おしゃれ泥棒」は年末に公開が控えてるし、「いつも2人で」は撮影が終わったところ。
 なので期待の新作2本、「おしゃれ泥棒」と「いつも2人で」中心で組まれている構成。
 これは「おしゃれ泥棒」「いつも2人で」ともに大大大~~~~~好きな僕としてはめちゃくちゃ嬉しい!

 しかも読み終わって、裏表紙はまもなく公開の「おしゃれ泥棒」の宣伝。オードリーファンは最後の最後まで大満足!です。

 中学時代に一度手に入れて、高校のときに他の趣味のため手放したんですが、これはあとでめっちゃ取り戻したいオードリーグッズの1つになりました。無事に戻ってきてよかったよかった!(T-T

 息子ショーンが出した写真集が実像オードリーの最高の写真集であるとするならば、これは質・量ともに女優オードリーの最高の特集号であり、写真集であると思っています。(「暗くなるまで待って」が載ってないけど…)

おススメ度:★★★★★(古本で見つけたら迷わず買いです!)

それでは、みなさんよいお年を。
  


Posted by みつお at 00:00Comments(4)特集号

2006年12月30日

内容違いの「暗くなるまで待って」71リバイバルパンフレット


 さて今回は「暗くなるまで待って」のパンフレットです。サイズはA4。
 上の2つの画像を見てください。“おんなじや~~ん!”って思いますか?なんか、微妙に右の方が印刷が悪そうに見えませんか?オードリーのバックの赤いところとかね。
 画面だとよくわからないかもしれませんけど、実物は歴然。ちなみに裏表紙はこんな感じ。


 やっぱ違いますよね。左はワーナーのロゴだし、右はオードリーの画像。
 実はこれ、左はごく普通の「暗くなるまで待って」1971年リバイバルパンフで、ワーナーが松竹と作ったよく出回っているタイプなんですけど、右はオークションで裏表紙の画像が載っていたので“えー、こんな裏表紙のタイプ知らんな~”って買ったものです。“ま、中身はおんなじやろけど、でもまあ一応…。”って。で、届いてびっくり!次は表紙を開いた左のページです。


あきゃー!内容違う物やった!裏表紙違うだけやって買わんかったらわからんかった!…というわけで、これ以降裏表紙違いでも買ってみることにしたら、出てくる出てくる内容違い!このパンフは、そういう内容違いを知らせるきっかけになったパンフなんです。

 当時一緒にパンフを集めていた女性(オードリーのHPを開いていた方。現在HP閉鎖中)にもそのことを知らせて、裏違いでも内容が違う場合は手に入れるように勧めてました。

 他のページは、左のパンフのカラーを一色刷りにしたり、ちょこっと画像やレイアウトを替えたりしています。左のパンフを元に、どこかわからん出版社が出したのが右のパンフです。

 そう、その女性も述べていたんですが、“パクリパンフ!”というわけです。

レア度:左の松竹版 なし。(どこにでもあります。)
     右のパクリ版 ★★★(よく気をつけて探さないと、見つかりません。)

  


Posted by みつお at 00:00Comments(0)暗くなるまで待って

2006年12月29日

「パリの恋人」1957年初版 東宝関西支社版パンフレット

 このパンフは「パリの恋人」初版(1957年)パンフレットです。サイズはB5。

 東宝の関西支社発行なんですけど、大阪京都は東宝直営館があったのでこのパンフが売られましたが、神戸はOSチェーンの阪急会館だったので別のパンフです(この神戸のが表紙は綺麗なんですけど、内容がないというシロモノで…)。

 さて、これ、黒い部分はセロファンです。
 セロファンの透明の部分から下の紙に印刷されたオードリーが見えているという非常に凝った造りのパンフなんです!

 しかもオードリーが見えている部分は、よーく見ると女性の横顔になっているのがわかりますか?
 これ、映画のタイトルバックで出てくるんですよね。

 映画もめっちゃおしゃれなんですけど、パンフも負けず劣らずおっしゃれ~~!
 東京タイプとは全く違う物で、関西支社の“東京に負けるかっ!”っていう意気込みが感じられます。

 でもこういうつくりなので、セロファンが綺麗な状態で残っている物も少ないです。
 僕も最初に手に入れたのはセロファン部分のフチが虫食いでボロボロになっているヤツ。
 現在は完璧な状態のを持っていますが。
 これまた欲しくて欲しくて、夢にまで出てきたパンフの1つです。

レア度:★★★★(本場関西でも見つかりにくいです)

 ちなみにセロファンをめくるとこんな感じ。オードリー、仁王立ち。

 それとこれ、こないだ日本でも発売されたばかりの「オードリー・ヘップバーン 華麗なるパラマウント映画時代」という海外の写真集にも載ってました。

 で、そのキャプションが“報道関係者用冊子”、だそうです。
 まあ劇場で売っている映画パンフレットというのは日本独自の文化なので、海外では理解できないのかもしれませんが…。

 報道関係者用って、プレスシートって言われるヤツやん。それは別物!みたいな。


  


Posted by みつお at 00:00Comments(0)パリの恋人

2006年12月28日

「昼下りの情事」オリジナル・サウンドトラックEP

 これは「昼下りの情事」のオリジナル・サウンド・トラックEPです。初公開当時、アメリカ盤のみ発売されました。

 別の演奏家による「魅惑のワルツ(ファッシネーション)」の録音はいろいろありますが、映画オリジナルのサントラはこれのみです。
 ホンとなかなか見つからなくて苦労しました!だから実物を手にしたときは「うきゃ~~~っ!」って嬉しかったですよ~~~!

 残念ながら現在僕のレコード・プレーヤーは調子が悪く、1回聴いただけで、棚でおとなしく、ちょこんとしてますけど。早く新しいレコード・プレーヤーが欲しいなー。

 なお、このEPのジャケットは、細かい違いで2種類あるようです。僕のは上部に白い帯部分がありますが、これがなくて、全面山吹色タイプもあるようです。

レア度:★★★★★(数年に一度出てくることもあります)
曲のお気に入り度:★★★★

 曲目は“昼下りの情事”“魅惑のワルツ”“ホット・パプリカ”の3曲です。
 “昼下りの情事”は映画のオープニングの曲、“ホット・パプリカ”はX氏がゲーリー・クーパーを撃ちに来て、部屋の外で待っている時のせわしない(笑)曲です。でもこの曲好きなんですよねー。
 レコードには映画の中での“ヘイ!”の掛け声は入ってませんけど…。


追記:アマゾンで、この貴重なサントラEPのmp3がなんと300円でダウンロードできます!

  


2006年12月27日

「マイ・フェア・レディ」64年初公開 千日前スバル座版パンフ

  今回は「マイ・フェア・レディ」の千日前スバル座版パンフレットです。

 これは、このパンフの存在を知ったときから一番欲しいパンフレットでありつづけた物です。
 というのも、大阪ミナミの劇場である、千日前スバル座だけの発売(しかも初日だけ?)で、非常に数が少ないようなんです!

 劇場の関係者に伺った話では、おそらく5000部だけだということです(でも出回ってる数からすると、もっと少なかったと思われます。3000部がせいぜいくらいでしょう)。

 しかもサイズが横長の変形なので、とても保存しにくい!おそらくかなりの数が捨てられたのだろうと思われます。オークションや映画のお店でも、ほとんど出回ることがありません。

 「マイ・フェア・レディ」自体は大ヒットで、普通のタイプのパンフレットは腐るほどあるようなのですが、このパンフはちっとも!です。
 「マイ・フェア・レディ」パンフの中では間違いなく最も価値の高いものです。

 「マイ・フェア・レディ」は僕も大好きな映画なので、“欲しいな、欲しいな~~”って夢にまで出てきたオードリーパンフの1つです。見つかるまで何年もかかって、もうダメかと思ってましたので、手に入れた時は、それこそ“踊り明かそう”の気分でしたとさ。

 タイトルの英文字は、画像ではきちゃない茶色に見えますけど、実際は金の箔押しで、いかに劇場側の力こぶが入っているかがわかります(箔押しは普通のインクで刷るのと比べて、倍の値段がかかります)。裏表紙の裏には劇場の座席表もありました。

 普通の「マイ・フェア・レディ」パンフ、たとえば有楽座や梅田スカラ座の物よりも、ずいぶん内容が薄く、カラーページも見開き2ページだけです。

 でも、そちらはアメリカでの「マイ・フェア・レディ」プレミアの時に配られたスーベニア・ブックの完全翻訳版に過ぎないのに対して、独自パンフの時代はすっかり終わった1964年時に1から編集した大阪千日前スバル座のオリジナルパンフ!
 この心意気が素晴らしいじゃありませんかっっ!!
 しかも関西パンフなのが嬉しい!もちろん超々お気に入りパンフの1つです。

レア度:★★★★★(もちろん満点!見つけるのはめっちゃ難しいです。)

 さて、この千日前スバル座、東宝・阪急系のOS株式会社の映画館でした。オードリーの映画では他にもいろいろ上映されています。「マイ・フェア・レディ」上映当時は794席あったみたいですが、1970年にいったん閉館。その後1975年に505席で復活しましたが、2006年9月、惜しくも再び閉館になってしまいました。

 3年ほど前には、このパンフ(当時は未入手)のことを伺いに、劇場を訪れました。まもなく退職するという劇場でもっとも古い方に会って、1964年当時に劇場支配人だった方のお話を間接的にいろいろ聞かせていただいたという、僕にとっても思い出深い劇場でした。
 その伺った時には、「尼僧物語」を上映中の千日前スバル座の外観の写真なんかも飾ってありました。歴史ある映画館だったのに、本当にとても残念!


  


Posted by みつお at 00:00Comments(0)マイ・フェア・レディ

2006年12月26日

日本初のオードリーパンフ!「ローマの休日」名古屋ミリオン座版

 はじめまして。今回から僕が持っているオードリー・ヘプバーンのグッズの紹介をしていこうと思います。
 それを手に入れた時の心理状態や、中身の感想なんかも書いていきます。どうぞよろしく!

 さて、栄えある1回目は左の写真の「ローマの休日」の初版(1954年)日本初公開時の名古屋ミリオン座版パンフレットです。

 このパンフがとってもお気に入りなのは、なんといっても表紙の色使い!
 僕の好きなピンクとグリーンで構成されていて、手に入れたときは“なんて綺麗なんだっ!”って感激しました。
 オードリーのサインが入っているのもポイント高し!ってことで。

 また内容的にも当時の皇太子様(今の天皇陛下)がニューヨークでこの「ローマの休日」を随員達とご覧になった様子が述べられています。他の初版パンフレットにもそういう記述はあるのですが、このパンフが一番詳しい!
 皇太子様や随員たちが(アン王女の立場がよくわかるのか)、非常に楽しんでいらっしゃったのがよくわかります。

 1954年当時の昔は劇場や出版社別にパンフレットが存在していて、今見るととっても面白いですね~。

 ところで、この名古屋ミリオン座版は、さらに大きな特徴があります。
 というのも初版の「ローマの休日」パンフの本命版は日比谷映画劇場版とされているのですが、東京での公開は1954年4月27日。
 ところが名古屋は1954年4月23日に名古屋ミリオン座で公開しているので、実は東京よりもパンフの発売が早いのです!

 長崎ではさらに名古屋よりも2日公開が早かったみたいですが、そこでのパンフレットが今のところ見つかっていないので、これが僕の知りうる中では現在のところ日本で一番最初に出たオードリーのパンフ、ということになります。

 この当時はパンフレットの紙はわら半紙みたいなのが多いのですが、このパンフの本文はちょっとつるっとした紙で、高級感もあります。

レア度:★★★★

 また、こちらのように名古屋ミリオン座という館名の入っていないパンフも存在します。
 
 黒い文字なら後で印刷をすることが可能なのですが、このパンフの館名は白抜き文字。ということは、表紙違いのためにわざわざ別の印刷用の版があった、ということになります。

 ただ、中身は全く一緒で、おそらく名古屋ミリオン座の経営母体であっただろう古川興行に対して、“祝 古川興行創業40周年”という新聞社からの広告があるので、こちらもおそらく名古屋ミリオン座での販売だったものと思われます。

 名古屋でも「ローマの休日」は大ヒットだったらしいので、おそらく追加で刷ったんじゃないかなーと。

レア度:★★★★★(館名なしの方が発見率は低いです)

 さて、この名古屋ミリオン座、2005年より開館したシネコンの伏見ミリオン座として名が残っていますが、この当時の名古屋ミリオン座は1950年~1983年まであった劇場です。
 最後は名画座だったようですが、1954年当時はロードショー館だったんですね。おそらく規模も非常に大きかったんだと思われます。

 この昔の名古屋ミリオン座に関してご存知の方はぜひ!情報をお願いいたします。


  


Posted by みつお at 00:54Comments(5)ローマの休日