2007年09月16日

復刻版の見分け方…「暗くなるまで待って」87リバイバルパンフ

 *大丸京都店で「華麗なるハリウッド映画衣装展」開催中!いよいよ明日まで!

 これは1987年にワーナー・ブラザーズからリバイバルされた時の復刻版パンフレットです。

 新しいパンフレットを作らずに、当時日本ヘラルドがエイジツと組んでやっていて、大はやりだった安易な復刻版をワーナーも作ってしまいました(涙)。

 発行元は懐かしい日本映画出版社。
 この会社、60年代以降見かけませんでしたが、しぶとく生き残ってきたんですね!
 今はネットで検索かけても出てきませんので、もうないのかもしれません。

 元になったのは1971年リバイバルのパンフなんですが、裏表紙の裏には“映画初公開当時のものを完全復刻したものです”と嘘っぱち書いてます。初公開時のパンフは全然別の物やっちゅうねん、ホンマ。(^^;
 売価は500円。「シャレード」の復刻版が300円だったのを考えるとちょっと高めですね。

 一発でわかるのは裏表紙。1971年の松竹版パンフレットは裏表紙に大きくワーナー・ブラザーズのロゴがありましたが、ロゴの形自体は一緒でも、71年のは“キニー・カンパニー”ってのが英字で書いてます。

 ワーナーの歴史は複雑で、ポスターの時にセブン・アーツ時代の話を書きましたが、その後キニー・カンパニーの傘下に入ったあと、ワーナー・コミュニケーションと名を変えました。
 この映画を公開した頃はそのワーナー・コミュニケーションなので、またまた会社名が変わっているため裏表紙のロゴがそのまま使えず、画像を置いて隠しています。

 ところが、この画像を置いたことで新たな価値が出てしまい、復刻版なのに元と違う!ファンにはオードリーの画像が増えた!ということで嬉しい変更だったのでした。
 ちなみにワーナーのロゴは右下に小さく載っています。

レア度:★




同じカテゴリー(暗くなるまで待って)の記事
 「暗くなるまで待って」池袋の新文芸坐で上映! (2017-04-28 15:00)
 「暗くなるまで待って」原作戯曲本 愛育社 (2016-12-03 18:00)
 「オードリー・スペシャル '91」チラシ&前売券 (2016-11-08 18:00)
 アメリカ村で買った「暗くなるまで待って」ポートレート (2016-02-29 09:00)
 「暗くなるまで待って」1971年リバイバルチラシ (2015-05-23 09:00)
 「暗くなるまで待って」1971年リバイバル 立看ポスター (2008-08-21 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。