2007年08月28日

「戦争と平和」57年初公開日活シアター版/一般用パンフレット

 これは1957年初公開時のパンフレットです。

 封切館である日活シアターの館名入りのパンフもあるところを見ると、松竹セントラルシアターでの上映があまりの大ヒットで、封切館を変えての続映(こういうのをムーブ・オーバーと言うそうです)になった際に作られたパンフだと思われます。

 ということで、これは本命セントラルシアター版に次いで「戦争と平和」初公開版では格の高いパンフレットだそうです。

 …ですが、この表紙、よーく見てください!
 布をかぶったオードリーで、一見モスクワから脱出する時のナターシャのようですが、実はこの眉毛!この髪型!この衣装!な、なんとこれは「パリの恋人」のオードリーじゃありませんかっ!
 着色で、本来水色のサテンの布が黄色になってますけど、これはまぎれもなくジョー!

 実は中のオードリーの紹介ページでもドーンと「パリの恋人」のオードリーが載っています。
 そのページには、これまでの全主演作品が載っていて、まだ公開前の「パリの恋人」が「おかしな顔」、「昼下りの情事」が「午後の愛情」として紹介されてました。

 内容は、「名匠キング・ヴィダーの足跡」という文章が目を惹きます。また、オードリーの紹介も一新されており、1929年生まれに直されています。

 紙の質が非常に硬い紙で、ちょっと曲げようとするとベキッって折れそうなのが怖いです。

 ちなみにこれは16ページタイプですが、大幅にページ数を減らした8ページバージョンのがあります。その話はまたいずれ。

レア度:★★





同じカテゴリー(戦争と平和)の記事
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)
 「戦争と平和」64年リバイバルパンフ 裏青白版 (2013-05-30 09:00)
 「戦争と平和」1989年リバイバルポスター (2010-06-10 10:00)
 「戦争と平和」1957年初公開時 相鉄映画劇場版プログラム (2009-12-30 10:00)
 「戦争と平和」1964年リバイバルパンフレット 一般用 (2009-10-01 16:00)
 「戦争と平和」オリジナル・サントラ 新盤 ニーノ・ロータ (2008-07-11 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。