2007年11月24日

「ローマの休日 My Fair Audrey」小藤田千栄子編

 これは立風書房から1995年に発売された、「ローマの休日 My Fair Audrey」という本です。

 編者は小藤田千栄子さんで、他に渡辺祥子さん、清藤秀人さん、林冬子さん、山田洋次監督などの「ローマの休日」への文章がまとめられています。

 同じ「ローマの休日」という書名でも、書く人が代わるとこんなに印象って変わるの??っていうくらい、吉村英夫氏のヒドイ文章とは違います。

 吉村英夫氏のはオードリーは見てないし、理論だけでの評価だし、なんでもかんでも「ローマの休日」にひっつけようとするわ、オードリーはおもいっきり低俗化するわで、むしろ嫌悪感を催すような文章に仕上がっています。

 でもこちらはやはり編者の小藤田千栄子さんはじめ、皆さんがまず“愛情”というエッセンスで「ローマの休日」を語るので、納得できるし、ステキな文章に仕上がっています。

 一部、小藤田千栄子さんの文章は嘘のメイチックの伝記を引用しますが、これはバリー・パリスの伝記が発売される前なので、仕方ないことですし、ささいな瑕疵で済んでいます。

 とにかく、本当に「ローマの休日」に関して読んでみたいのなら、吉村英夫氏の本ではなく、こちらをオススメします。

オススメ度:★★★




同じカテゴリー(批評・評論など)の記事
 ピーター・ボグダノヴィッチ著「私のハリウッド交友録」 (2016-02-16 09:00)
 買って失敗した!と思ったもの その2 (2014-08-20 12:00)
 Vogue on Hubert De Givenchy (2013-11-01 19:00)
 オードリー・ヘプバーンとティファニーで朝食を (2011-12-03 09:00)
 中川右介:著「大女優物語 オードリー、マリリン、リズ」 (2011-03-03 17:30)
 北野圭介 著:大人のための「ローマの休日」講義 (2009-12-29 10:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。