2007年11月26日

「いつも2人で」ヘンリー・マンシーニ 日本盤シングルサントラ

 これは「いつも2人で」初公開時に発売された、オリジナル・サウンド・トラックのEPレコードです。

 といっても、例によってヘンリー・マンシーニお得意の“自称サントラ”で、実際には映画で使ったものではありません。

 収録曲は、映画では全然出てこない歌つき「いつも2人で」というコーラスバージョンと、「愉快なはだしの少年」の2曲。
 う~ん、これどうなんでしょう。これをサントラと思って買った人は、これで満足したんでしょうか?僕なら怒り狂いそうですが…。

 ちなみに、今年「暗くなるまで待って」の本当のサントラアルバムも発売されましたし、「ティファニーで朝食を」にも本物があるのですが、いまだ「シャレード」と「いつも2人で」には本物が出ていません。
一刻も早い発売希望!

 さて、これはサントラとしてだけではなく、別のお話もあります。

 というのも、「暗くなるまで待って」のシングルEPでもそうでしたし、この時期に発売された1968年リバイバルの「シャレード」、1969年リバイバルの「ティファニーで朝食を」もそうなのですが、この「いつも2人で」もチラシとシングル・ジャケットが一緒!

 なので、レコード・ジャケットだと1000円程度ですが、チラシだと数万円!ということで、悪いヤツはレコードを捨てて“チラシです!”と騙してオークションに出したりするので要注意!
 チラシを集めてる方は、レコードの丸い跡はないか、ビクターの三角マークはないかを注意してくださいです。(下の画像、カラー面の真ん中左上の三角)

 ジャケットは三つ折で、中面はチラシでも使えるように、解説や物語や映画の宣伝が載ってます。そのため、EPレコードとしては豪華な作り。
 当時の流行とはいえ、全く罪作りなジャケットですね(笑)。

オススメ度:このレコードとしては無し。アルバムは例によって★★★★★なので、アルバムを買った方がいいでしょう!
  





同じカテゴリー(いつも2人で)の記事
 音楽トラック付き「いつも2人で」TWILIGHT TIME版ブルーレイ (2017-05-04 09:00)
 「いつも2人で」本当のオリジナル・サウンドトラック! (2017-04-26 19:00)
 ついに「いつも2人で」本当のサントラが発売されます! (2017-03-06 09:00)
 ブログ開設10周年にあたって 「いつも2人で」の画像とともに (2016-12-26 09:00)
 「いつも2人で」弦楽四重奏用(弦楽合奏用)楽譜 (2016-12-14 12:00)
 祝!「おしゃれ泥棒」日本公開50周年!「映画の友」66年11月号 (2016-11-12 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。