2007年11月28日

付録 永遠のマイ・フェア・レディ オードリー・ヘップバーン

 これは1995年2月発売の、ロードショー4月号に付録で付いてきた、「ROADSHOW文庫 第2巻 永遠のマイ・フェア・レディ オードリー・ヘップバーン」です。

 付録なんですが、全68pで丸々一冊オードリー!“文庫”になってますが、文庫よりは大きいです。サイズはB6。

 発売された1995年2月って、阪神大震災の直後ですね。まだ交通網もままならなくって、普段よりも1時間も早く家を出ないと会社に間に合わなかった頃。そんな時によく「ロードショー」なんて買ったなぁと。(^^;;;

 でもそんな時期だからこそ、逆にこんなの見つけたら嬉しいですよね!オードリーに癒される~~!って感じで。

 しかし、なぜこんな時期に「ロードショー」がこんな付録をつけたのかはナゾ。

 「ロードショー」と言えば、創刊した1972年~1974年頃は売るためにオードリーを大々的に扱っていたんですが、人気の下降した70年代後半以降はサッパリ。

 記事でも「スクリーン」に比べるとオードリーを取り上げることは少なく、大ブームになった1987年頃からでもオードリーの特集号を出すこともなかったし、オードリーが亡くなった時くらいは出すかな?と思ってた写真集も出さないまんま現在に至ります。(同じ集英社のファッション雑誌、「SPUR」でも出したのにね。)

 だからオードリーファンとは縁が薄い「ロードショー」なんですが、そんな「ロードショー」だからこそこんな付録がついたことが不思議~だったんですよね。

 中で使われている画像も全然珍しくないし、オードリーのライフストーリーにいたっては、当時“公認”というふれこみだったダイアナ・メイチックの嘘八百伝記に基づいてしまってますが、日本公開作品は対等に見開き2ページで紹介されてますし、なんてったって、あの“ロードショー”がこういうのを出してくれたことが嬉しいじゃないですか!

 というわけで、印象はいい“特集号”でした。

 あとこれは希望なんですが、「ROADSHOW」さん、一度オードリーの写真集を出して欲しいな~!
 「SCREEN」とはまた違う切り口できっと出来上がると思うんですよね。


タグ :雑誌

同じカテゴリー(日本の雑誌)の記事
 週刊少年マガジン1976年3月7日(第10)号 (2018-02-11 18:00)
 本日オードリーの25周忌。月刊BSfan 1998年3月号 (2018-01-20 15:00)
 一周忌の月刊BSfan 1994年2月号 (2018-01-17 09:00)
 SCREEN(スクリーン)2018年2月号 (2017-12-25 22:00)
 オードリーが表紙!創刊70周年「スクリーン」2017年2月号 (2016-12-27 09:00)
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。