2007年12月21日

スクリーン87/6付録「オードリー・ヘプバーン魅惑BOOK」

 これは「スクリーン」1987年6月号(87年4月発売)付録の、「永遠の妖精 オードリー・ヘプバーン 魅惑BOOK」です。

 87年というと、日本ヘラルドをはじめとするオードリー映画の怒涛のリバイバル真っ只中で、「スクリーン」の人気投票でもオードリーがベスト10に復活した年。5月号でのベスト10発表に続いて、6月号ではこの付録の登場になりました。

 表紙まわりも入れて全28pなんですが、半分は当時「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で大人気だったリー・トンプスンの特集です。右開きの縦書き文字がリー・トンプスン、左開きの横書きがオードリーの両開き構成になっています。

 で、中身には“構成:清藤秀人”さんとクレジットされています。なので文章も清藤さんだと思われるんですが、そこはさすがの清藤さん!文章はとても読みやすい、ファンの気持ちにたった嬉しい物です。来日時のオードリーのことも書かれています。

 オードリー特集の14pのうち、表紙とビデオ紹介の裏表紙も入れて10ページがなんとカラー!残り4pが白黒です。これって今の感覚とはちょっと違いますよね。おそらく今ならほとんど白黒かな。

 そのカラーページでの作品紹介での画像は、写真集「スクリーンデラックス オードリー・ヘプバーン」でも掲載されている「スクリーン」が昔から頻繁に使うものが多め。一番嬉しいのは「暗くなるまで待って」の宣伝写真でエフレム・ジンバリスト・ジュニアと写っているオレンジオードリーかな。

 とにかく、実はどうってことはない物なのかもしれないのですが、カラーページが多いからなのか清藤秀人さんの文章だからなのか、印象はとてもいい豪華付録なのでした。(^-^


タグ :雑誌

同じカテゴリー(日本の雑誌)の記事
 週刊少年マガジン1976年3月7日(第10)号 (2018-02-11 18:00)
 本日オードリーの25周忌。月刊BSfan 1998年3月号 (2018-01-20 15:00)
 一周忌の月刊BSfan 1994年2月号 (2018-01-17 09:00)
 SCREEN(スクリーン)2018年2月号 (2017-12-25 22:00)
 オードリーが表紙!創刊70周年「スクリーン」2017年2月号 (2016-12-27 09:00)
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)

この記事へのコメント
懐かしいです、この付録。
作品紹介のカラー画像が、当時ちょっと嬉しかったです。
やっぱり「暗くなるまで待って」のオレンジ色セーターですね、僕も。
作品の中で、ロートが盗んでいく写真立てのひとつが確かコレだったような・・・
Posted by まる at 2007年12月29日 14:50
このオレンジオードリーを盗んでいくんでしたっけ?
また今度見るときは注意してみますね。(^^

オレンジオードリーの一連の画像は、
オードリーの全写真でもかなり美しさの上位に置かれる画像ですよね~。
ここでの若さ、瑞々しさはなんなんでしょうねー。
全体に「暗くなるまで待って」用の宣伝写真には
美しい物が多いように思います。
すぐに顔に出るオードリーだから、
離婚寸前だったにもかかわらず、
きっとオードリーはかなり充実した生活だったんでしょうねー。
Posted by みつおみつお at 2008年01月01日 01:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。