2008年01月02日

「昼下りの情事」57年初公開 大阪版パンフレット

 これは「昼下りの情事」初公開時(1957年)の大阪版パンフレットです(出版社は不明)。

 中身の広告でこれが大阪のパンフレットであることはわかるのですが、さらに関西の人間であればその広告のほとんどが心斎橋・戎橋・千日前などの物であることから、大阪ミナミの劇場で公開された時のものだとわかります。

 「昼下りの情事」は松竹系の公開ですから、なんば大劇場か松竹座かで公開された時のものなのかな?って思ってます。

 さてこの表紙いかがです?なかなかいいでしょーっ!(^-^
 僕は全「昼下りの情事」パンフ中で、この表紙が一番好きかもしんない!

 「昼下りの情事」パンフって、このパンフと89年版パンフ以外はみーんな口が半開き(笑)。
 そんな中、満面の笑みで迎えてくれるこのパンフって、なんか感じいいんですよねー。
 この着色カラーもとても好き!(ちょっと茶髪ですけど)

 中身は大阪製作の物だけあって、東京の封切館セントラル劇場や最高の出来を誇る横浜ピカデリーの物と比べると内容は薄めで負けてます。撮影裏話のページなんかはないし、総ページ数も12p(うち3ページは広告のみ)。

 でも“オードリーの魅力が焦点 昼下りの情事”という清水千代太さんの解説や、“仮装と真実の交錯…つきぬ興味「昼下りの情事」”という外村完二さんという方の解説も読めるので、僕は中身も好き。

 で、このパンフの中の画像で撮影スナップの画像が2点ほど載ってたりするんですが、その中にピタッと髪をなでつけたオードリーがいるんですよね。たまに「昼下りの情事」のスナップではこういうのがあるんですけど、まさかこの作品での髪型、カツラってことないですよね?

 「昼下りの情事」の撮影(56年)は「パリの恋人」終了後すぐだからオードリーの髪の長さもあったし、同時期の「戦争と平和」プレミアでもこのページウエーブだし。
 だいたい「パリの恋人」にもこのアリアーヌ・ヘアは鳩のシーンでありましたもんね。

 そうそうそ、この「パリの恋人」の鳩のシーンの画像、昔まだ「パリの恋人」も「昼下りの情事」も観てない頃、「パリの恋人」の画像って紹介されてて、でも髪型見たら完全に「昼下りの情事」じゃないですかー、コレ絶対に「パリの恋人」と「昼下りの情事」と間違ってる!って思ってましたよね。
 でも実際「パリの恋人」をテレビで観たら、この髪型が出てくるじゃないですか!もうビックリしましたよね~。ひやー、この髪型、「パリの恋人」にもあったんやー!って。

 ま、ピタッとなでつけてるのはおそらくX夫人と入れ替わるシーンの撮影のための髪型だとは思うんですが…。

 あ、大きく脱線しましたが、このパンフはかなりの僕のお気に入りです。(^^;;;

レア度:★★★★(地方版なので、入手はそれなりに難しいと思ってください)





同じカテゴリー(昼下りの情事)の記事
 ミニチュア版「昼下りの情事」1965年リバイバル時 立看ポスター (2015-05-04 09:00)
 ミニチュア版「昼下りの情事」1957年初公開時ポスター Aタイプ (2015-04-14 09:00)
 「昼下りの情事」 宣伝用キャビネ写真 (2010-04-16 20:00)
 手嶌葵さんが歌う!オードリー映画の曲(含「緑の館の歌」) (2009-11-29 01:57)
 DVD発売!「昼下りの情事」1957年初公開時 プレスシート (2009-11-13 16:00)
 「昼下りの情事」1965年リバイバル みゆき座/東宝版 (2008-07-21 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。