2011年05月04日

オードリーの誕生日!写真集「So Audrey」

 本日5月4日はオードリー・ヘプバーンの誕生日です!生きていれば今年82才ですね。
 今日は、そんな誕生日を前に届いた、新しい写真集を紹介。

 「So Audrey 59 Ways to Put a Little Hepburn in Your Step」、和名にすると“オードリーのように…ちょっとヘプバーンになれる59の方法”って感じですか?著者はCIndy De La Hoz って女性。

 “オードリーのように”というと、近代映画社から発行されたパメラ・キーオの「オードリーのように…エレガントに生きるためのレッスン」てのがありましたよね。

 この本の趣旨はそれと同じで、パメラ・キーオのが文章で色々と書いてあるのに比べて、こちらは短文でさらっと書いてあるっていう違い。

 “春が来たら花柄のサンドレスで祝ってください”とか、“サングラスは大きめがベター”とか、これってどうなの?ってことが、オードリーの宣伝写真やスナップ写真を添えて書いてあります(笑)。

 確かにオードリーはよく言われるように “シンプル イズ ザ・ベスト!”の人でしたし、“引き算の美学”って感じなんでしょうが、それだけを真似してもオードリーになれるわけじゃないですよね。

 (左の画像は、1976年のアカデミー賞で「カッコーの巣の上で」に作品賞の発表をした瞬間のオードリー)

  オードリーと一緒に「ヴァリーエ」や「銀座リザ」で仕事をして友人の加藤タキさんには “私は何もつけない方が私らしいの。タキはいっぱいつけてた方があなたらしいわ。” と言ったオードリーですから、その人の個性に合わせてその人らしく!ってのがオードリーの考える本当のオードリー流おしゃれですよね。

 サイズは16cm×16cmくらいで、かなり小さめ。128pで、見開きの2ページ使って写真は1枚。写真総点数は60点くらい。

 初めて見る画像は少なめですけど、“これ、写真集に収録されたの初めてちゃう?”ってのが結構あって、そういう意味では嬉しい写真集。その点で愛でてあげてください。

 印刷は中国で、せっかく多めのカラー写真のカラーバランスはかなり崩れてます。ピントの甘いもの、トーンジャンプ起こしてオードリーの肌が荒れて見えるもの。やたら濃いもの、薄いもの。

 (右の写真は1986年のアカデミー賞で。当日は衣装デザイン賞のプレゼンターで、ワダ・エミにオスカーを渡した。)


 「いつも2人で」の宣伝写真でブルーのシルクサテンを着たオードリーの画像ではブルーが白くなって、オードリーはやたら黄色いです。しかも裏焼き!
 (←この写真)



 オードリーの肌の色が濃すぎて、黄色人種の僕らでもこんだけ黒くなるには、どんだけ日焼けしたらええねん!みたいなのもあります。
 (←写真左)

 こんな程度で満足して写真集を出さないで欲しいなー。



 裏焼きもちょこちょこあって、著者のオードリーに詳しい度が、“オードリーをちょっと好きな、女性雑誌の編集者” 程度でしかないのもわかります。

 (左右2点とも裏焼き。右上のデニムジャケ肩に引っ掛けてるのも。)


 まあ、いろんな写真集を既に持っている人には今まで未収録の物が多く、オススメっていう感じですかね。

オススメ度:★★(最近ありがちな、質がそこそこしかない、濫発写真集の1つ)




タグ :★★写真集

同じカテゴリー(海外の写真集)の記事
 ダメダメ写真集「THE LITTLE BOOK OF AUDREY HEPBURN」 (2017-02-23 21:00)
 写真集「audrey style」英語版 (2016-11-30 09:00)
 写真集「Audrey: The 50s」、傑作! (2016-10-30 12:00)
 「AUDREY AND GIVENCHY : A FASHION LOVE AFFAIR」 (2016-09-05 15:00)
 写真集「Audrey Hepburn : BEAUTY beyond BEAUTY」 (2015-11-27 09:00)
 写真集「Audrey Hepburn: Portraits of an Icon」 (2015-08-09 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。