2008年02月01日

朝日新聞社「週刊20世紀」第44号“映画の100年”

 これは朝日新聞社から1999年に発行された「週刊20世紀」の第44号、“映画の100年”です。

 「週刊20世紀」は1999年~2001年にかけて発行され、毎号1年づつの紹介だったのですが、たまにこういうテーマ別の号があって、これは映画の特集だったというわけ。

 表紙がステキな「マイ・フェア・レディ」ですよねー!しかもちょっと珍しい画像。少なくとも写真集には未収録。

 中身はオードリーほとんど関係ないんですよ。あと載ってるのは「ローマの休日」のスペイン階段でのよく見る画像があるだけ。

 本屋で見つけてう~ん、って思いましたよね。でも買ってしまいました!もちろん中身も見ることが出来たので、オードリーが中身にはほとんど絡んでないこともわかったんですけどね。

 ホントにこの「マイ・フェア・レディ」画像だけのために買いました。それだけです。(^^;;;

 ちなみに第10号、1954年のもオードリーが表紙でしたが、そちらは「デラックス・カラー・シネアルバム」にも載っていた「パリの恋人」オードリーだったので買いませんでした。


タグ :雑誌

同じカテゴリー(日本の雑誌)の記事
 週刊少年マガジン1976年3月7日(第10)号 (2018-02-11 18:00)
 本日オードリーの25周忌。月刊BSfan 1998年3月号 (2018-01-20 15:00)
 一周忌の月刊BSfan 1994年2月号 (2018-01-17 09:00)
 SCREEN(スクリーン)2018年2月号 (2017-12-25 22:00)
 オードリーが表紙!創刊70周年「スクリーン」2017年2月号 (2016-12-27 09:00)
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)

この記事へのコメント
僕もこの表紙だけで買いました。
中身の印象は全くありません。
う~ん、なんかなんとかベストテンがいろいろ載ってたんでしたっけ?

この「マイ・フェア・レディ」の写真画像は、大傑作ですね。
カラーバランスも優れていて、白色の再現にとても好感を持てました。
ボブの写真集では黄ばんでいたり、他のでも色合いが変だったりしたんで、
貴重でしたね~。
しかもこのアングルと表情、今まで見たことのあるものと、
微妙に違っているので、アスコットのポートレートってきっといっぱいあるんだろうな~。
この衣装、最高に印象深い、決定的なものだったので嬉しいです。
でもこのシーンの写真って意外と好きなのが少ないんですよ~。

できればこういう文字のかぶさる表紙ではなく、
ちゃんとした写真集に載せて欲しかったですぅ。
Posted by まる at 2008年02月13日 15:56
まるさんもだったんですかーっつ!
中身、こないだ読み返しましたけど…もう既に印象がありません。(^^;;;
たしか映画で見る20世紀とかなんとか…。
なんか誰も満足しないんじゃないか?ってな内容でした。

確かにこの「マイ・フェア・レディ」は発色もよくって、
買わせる効果大でしたよね。

アスコットの写真は、本当にいっぱいいっぱいあるんでしょうねー。
1995年の「マイ・フェア・レディ」30周年版のビデオやLDリリースで出てきた画像も
「こんな綺麗なオードリーあったんやーっ!」って思いましたし。
ボブ・ウィロビー以外の写真集ももっともっと出て欲しいなーっと思います。

特にリチャード・アヴェドンとセシル・ビートンの2大オードリーフォトグラファーの
オードリー写真集が無いのが残念ですよねー。
きっとビックリするくらい貴重な画像が出てくるんだろうなーって思います。
Posted by みつおみつお at 2008年02月15日 10:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。