2012年02月24日

オードリー・ヘプバーンのカセット・インデックス




 こないだ、家の徹底的な大掃除をしていたのですが、そこで出てきたのがこれ。オードリー・ヘプバーンのカセット・インデックスです。

 なんか懐かしいですよね~!カセットテープ!
 今回の掃除の際に、いっぱいカセットテープも捨てました。残したのは、高校&大学時代のオーケストラでの自分の演奏とか、昔の家族や友人の声とかだけ。CDで代用がきくものは、容赦なく捨てました。(^^;

 カセットって、90年代半ばからMDに取って代わられましたし、今の大学生以下って使ったことすらないんじゃないでしょうか。
 なので、カセット・インデックスつっても、“何、それ?”ですよね、きっと。

 えっと、カセット・インデックスってのは、カセット・テープを入れるケースに、曲名とかアーティスト名とかを書き込んだ紙です。
 ケースからその紙が見えるので、スターや景色の写真やイラストなどのいろんなインデックスが付録で付いたり、売ってたりしてましたね。自作で作ることもありました。

 このオードリーのは、売っていたものです。オードリーのアップと「ローマの休日」の物は1つのに入ってました。2つ持ってたので、この画像では裏と表を載せてます。
 発売元は GALLERY ELLE LIMITED ってところ。
 ここには載せてませんが、同じく僕が大好きなヴィヴィアン・リーの「風と共に去りぬ」のも出てきました。

 もうひとつの「麗しのサブリナ」には1枚だけパブミラー風のシールが入っています。他は同じ画像の印刷。これも2つ持ってたので、パブミラーのと印刷のを写しました。
 こちらの発売元はワールド クリエイティブ プロダクツってとこ。

 どちらも値段は200円でした。
 おそらく、1980年代半ばからオードリーの大ブームが起こったので、その時に売られたものなんでしょうね。
 なんとなく、神戸の三宮にあったダイエー系列のPALEXの文具屋(現在はミスド前のぱちんこ店。ジュンク堂の裏のビル)で買った記憶があります。

 こないだ捨てたカセット・テープの中に、これらを使ったのがありました。
 でもおそらくカセットテープを新しく使うことはないので、本来の用途で使うことはもう二度と無いと思います。
 オードリーを商品に使った、こんなのもあったんだねーって懐かしの品入りですね。

お気に入り度:特になし。それよりも阪神大震災でなくなったPALEXを思い出して懐かしいです。昔よくレコード買ってました。


同じカテゴリー(その他グッズ)の記事
 オードリー・ヘプバーン2018年カレンダー (2017-12-11 18:00)
 大丸京都店 新聞タイプ販促チラシ (2017-12-08 18:00)
 写真展「オードリー・ヘプバーン」~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~ チラシとチケット (2017-09-03 21:00)
 オードリー・ヘプバーンのジグソーパズル その7 (2017-08-01 18:00)
 オードリー・ヘプバーンのジグソーパズル その6 (2017-07-25 21:00)
 オードリー・ヘプバーンのジグソーパズル その5 (2017-06-10 18:00)

この記事へのコメント
うわー!懐かしい!
オードリーのカセットインデックスなんてあったんですね~。
今じゃカセットインデックスなんてあまり目にしませんね。

昔はこのレタリングをゴシゴシしてタイトル作ったりとか、
可愛いフォントのレタリングを探したり。。。

それに片面に何曲入るかって計算しながらダビングしたり(笑)
懐かしいですー。

ノーマル・メタル・クロームとかいうテープの種類とか、今の子にはわからないでしょうねー^^;
Posted by カリン at 2012年02月25日 00:33
カリンさん!懐かしいですよねー。(^-^
僕もこんなんあったんやー!って懐かしかったです!

確かにレタリング、ゴシゴシしてましたね(笑)。
今じゃ考えられないアナログ作業ですけど、
当時はそうするのが一番綺麗に仕上げる方法でしたよね。(^^

片面何曲入るか、ってのは頭を悩ます問題でしたよね。
レコードの解説に載ってる時間見ながら電卓で計算してました。
テープにも少し余裕があったので、それも計算に

テープもなるべく無駄が出ないように、
僕は12分・20分・30分・46分・54分・60分・64分・74分・80分・90分と
準備してました。あれ、70分てのもあったかな?
でもそれは最後の方で、初期は46分・60分・90分・120分だけでしたよね。

それでも余ったら、お気に入りのをもう一回入れたりとか、
違うレコードから短い曲を持ってきたりしてました。
なんせ今のデジタルと違って、
余らせとくと、オートリバースするまで無音でしたもんね。(^^;;

ノーマル・クローム・メタル!なつかしー!!
1時期タイプ3のFe-Crなんてのもありました。
僕は主にタイプ4のメタルテープ派だったんですけど、
いまだに売っているカセットデッキを見ると、
メタルは再生だけとかってのもあってビックリ!
主流はタイプ2のクロームでしたっけ?

NR(ノイズリダクション)もBとかCとかありましたよね。(^^
Posted by みつおみつお at 2012年02月25日 02:57
テープ、私は64分愛用でしたね~。

そうそう、主流はクロームでしたね!
私はTDKを愛用してましたが、後期にスリムケースが出たソニーも好きでした。
マクセルはとにかく臭くて・・・(笑)だめでした^^;

NRありましたねー^^懐かしいです!

深夜ラジオから録音したりして色んな曲を聴いてたりとか。
昔はテレビも受信できるダブルラジカセとかで歌番組録音したり
そんな学生でした(笑)

そういえば、テープからMDに切り替わった時は、
何てダビングが楽なんだろう!って目からうろこでした(笑)
ダビングした曲順を簡単に変えられたり、残りの時間も表示されたり。
でも今ではMDも使わなくなってしまいました^^;
Posted by カリン at 2012年02月25日 16:18
僕も主にTDKを使ってました!
なんかデザインがカッコよくて好きだったのかな。

でもマクセルも臭いとは思ってなかった(笑)。
鼻はきく方だと思うんですけどね。(^^;

僕は主にレコードを録音して、そちらを中心に聴いてました。
レコードはいちいちひっくり返したり、入れ替えがめんどくさくて。(^^;;

僕もMDに替えた時は、あまりの操作の簡便さにビックリしたものです。
ムリにもう1曲とか入れなくていいし、曲順を変えたり、途中の曲を消したり!

ちょっと後に、MDよりもCD-Rが主流になってきたとき、
MDの楽チンさを知っているだけに、なんでこんなめんどくさい、
実際にはMDよりも開発の古い物が生き残るねん!って思ってました。
曲は消せない、失敗したらポイポイ!とか、イラッと来たものです。

今はデジタル化が進んで、HDMIとかコピープロテクトが激しいですね。
テレビも、上位機種を調べても映像の出力が無いやんけー!とか。
アナログ接続も無くなるみたいですよね。
さっさとテープ・ビデオとかのアナログ物は、
デジタル化しておかないと、再生方法が無くなりそうですよね。(^^;;;
Posted by みつお at 2012年02月25日 19:34
オードリーのカセットインデックスがあったんですね!
また、風と共に去りぬも出てたなんて素敵すぎます。

それに三宮のPALEX、とても懐かしいです。
私も高校生の時によく利用してた記憶があります。

また当時は三宮の雑貨屋でオードリーの便箋を沢山買いました。
その頃はメールとかなく文通の時代だったので、
オードリーの便箋で手紙を書くのが至福の一時だった様な気がします^^
受け取る側はどう思っていたか分かりませんが・・・^-^;
Posted by akko at 2012年03月22日 23:13
PALEXがおわかりになるとは…やっぱ神戸人ですねー。(^^
クラシックのレコードをよく買ってたんですけど、
店員さんがお若いのに、すんごく詳しい方でした。
一般の電器店なのに今考えたらすごいことですね。、
あのあたり、ダイエー系列の店がいっぱいありましたよねー。

「風と共に去りぬ」のインデックス・カードは一緒に写そうかどうか悩んだんですけど、
わりと平凡な画像だったのでやめときました。(^^;

「風と共に去りぬ」で後悔しているのは、
カラージグソーパズルが色々売っていたのに、
当時お金がなくて買わなかったことです。
今から考えたらもったいないですねー。
珍しい画像とかもあったんですよ。

オードリーの便箋、僕も持ってましたけど、
akkoさんのと一緒かな~。
何年か前の過去記事にありますので、いつかたどり着いたら
教えてください。
でも僕もオードリーのは大事な人にしか使わなかったかなー。
男がオードリーの便箋…ってよく考えたら思いますけど、
でもみんな僕がオードリーファンだって知ってたので、
全然違和感感じてなかったと思います。(^^;;;
Posted by みつお at 2012年03月23日 19:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。