2012年02月26日

スイスで「オードリー・ヘップバーンに捧げるオマージュ」開催!

 今年、スイスのモルジュ地方で“オードリー・ヘップバーンに捧げるオマージュ Un Hommage à Audrey Hepburn”というイベントが開催されるそうです!

 会期は2012年3月17日~11月25日。
 今年スイスやヨーロッパへ行く方は、ぜひ予定に組み込んでみてくださいねー!
 そして、ぜひぜひ!感想を聞かせてください!(^-^

 イベントの詳細はスイス政府観光局のHPから、“オードリーとレマン湖地方”のページへ入って、そこからさらにイベント関連ニュースのページに入ってください。
 日本語で書かれていますので、大丈夫ですよー。

 オードリーのページではスイスの家《ラ・ペジブル》や、オードリーがモルジュでアンドレア・ドッティで結婚した時の写真も掲載されています。
 イベントのページでは、エッフェル塔の前で「パリで一緒に」撮影中の激レアスナップも見れますし。

 イベントではオードリーと実際に親交のあった人が語るドキュメンタリー映画ってのが見てみたい!
 それに各地の映画館でオードリー映画が上映される、ってのも羨ましい~!
 日本ではカトリック信仰の素地が薄いので、商業的にどうかという「尼僧物語」も当たり前のように上映されたりするんでしょうね~。

 去年のイタリアでの“AUDREY A ROMA”といい、今年のスイスでの“Un Hommage à Audrey Hepburn”といい、いいですよねー。
 来年はオードリーの没後20年だし、日本でもぜひぜひやって欲しい!と思うのでした。


タグ :展示会

同じカテゴリー(オードリー関連情報)の記事
 「暗くなるまで待って」池袋の新文芸坐で上映! (2017-04-28 15:00)
 ついに「いつも2人で」本当のサントラが発売されます! (2017-03-06 09:00)
 オードリーの母、エッラを検索すると… (2017-02-28 21:00)
 オードリーの息子、“ルカ・ドッティ” で検索すると… (2017-02-27 17:00)
 「おしゃれ泥棒」が!“午前十時の映画祭8” 作品&スケジュール発表! (2017-02-21 09:00)
 今度はルカがショーンを訴えることに! (2017-02-13 18:00)

この記事へのコメント
嬉しくなるnews、感謝感謝です!
お盆休みに英国に行く計画をしていますので、なんとか家族を説得して(?)無理をしてでも足を運んでみたいと思います。
“AUDREY A ROMA”の写真集もアマゾンイタリアから先日無事に届きました!
いつも貴重な情報、本当にありがとうございます!
Posted by 寝ても覚めても。 at 2012年02月29日 01:37
寝ても覚めても。さん、こんにちは!(お名前に“。” が増えてますね)

この記事がお役に立てて嬉しいです!
英国ですか!羨ましい~!!(^^
スイスは気候も景色も英国(イングランドですか?)とは違うし、
気分も変わるので、きっとご家族の説得もうまくいきますよ!(^-^
ぜひぜひ僕の分もご覧になってきてください。

もしそこでしか手に入れられないグッズ(たとえばパンフレットとか写真集とか)があれば、
忘れずにお買い求めください、ですよ!

“AUDREY A ROMA”も入手されましたか!
これは最高レベルの写真集のひとつですよね。
僕は大変気に入ってますけど、寝ても覚めても。さんはいかがでしたか?

ではでは寝ても覚めても。さんのご報告を聞かせていただくのを楽しみにしています!(^-^
Posted by みつお at 2012年02月29日 19:27
ありがとうございます!
グッズですよね~、やっぱり!
お金無くて買えなくても、ガンガン写真撮ってきますね!

“AUDREY A ROMA”は、ご指摘されていたようにカラー写真が無かったり、紙面のシワがいささか気になりましたが、パパラッチ?のような写真が多く驚きの連続でした。
購入して良かったと思っています。
イタリアamazonで購入するなんて発想が僕には全く無かったですから、この情報は目からウロコでした!ありがとうございました!

僕も展覧会の情報をgetしましたので、ご参考までに。

名古屋ボストン美術館で「What's an Icon of Style? 時代を彩るファッション」という展覧会が3月17日~5月27日に開催され、オードリーの写真?イラスト?が展示されるそうです。

「本展覧会では、シャネル、クリスチャン・ディオール、ジバンシイのオートクチュール、ダイアナ妃やハリウッド女優の華麗なドレスに加え、オードリー・ヘップバーン、ジャクリーン・ケネディ、そしてマドンナらのセレブリティーをモデルにした写真やイラストレーションなど、ファッションを象徴する「ファッション・アイコン(an Icon of Style)」をキーワードにその魅力に迫ります。米国ボストン美術館が所蔵する156点の作品を通して、心躍るファッションの世界をお楽しみください。 」
上の案内文は下記のURLからの抜粋です。
http://www.nagoya-boston.or.jp/exhibition/list/fashion-201203/outline.html
Posted by 寝ても覚めても。 at 2012年03月03日 02:37
グッズ、というよりやっぱりそのイベントの写真集とかプログラムですよね。
今までも、2000年の展示会や2004年の展示会でも
ずば抜けたできばえの図録がありましたし、
今回もあればいいなあと思います。

僕自身はあんまりマグカップとかTシャツにオードリーがプリントされていても
興味ないんですよ。(^^;;;

“AUDREY A ROMA”も気に入っていただけたようでよかったです!(^^
確かにパパラッチらしきのも多いですよね。

アマゾンの情報は、お役に立てて光栄です。
日本のアマゾンはまあ信頼できるので、
じゃあその各国版も大丈夫かなと思って、
海外でしか手に入らないものはそれぞれの国で買うようにしています。
おかげで僕も選択肢が広がったりしています。

名古屋のはなんか微妙ですよね。
オードリーのはいったい何なのか、全くはっきりしませんよね。
今度直接問い合わせるようにしてみます。
情報、ありがとうございました!(^-^
Posted by みつお at 2012年03月04日 20:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。