2012年07月12日

オードリーの洋書の新写真集発売予定!

 映画のロケ地の案内、inagaraさんの素晴らしいブログ、“居ながらシネマ”のオードリー・ヘプバーンのページを許可をいただいてリンクさせていただきました!
 これで僕の紹介の記事が埋もれてしまっても、すぐにinagaraさんのブログでオードリーのロケ地を調べることができますね!(^-^

 それと、僕のもうひとつのブログ、“おしゃれ泥棒、オードリー・ヘップバーン!”の方に記事をアップしました。
 今回はオードリーに関するデマの第4弾!オードリーの名言として広まっているのは、実はオードリーの作ではない!?というものです。もしよろしければ、そちらものぞいてみてください。(^^;

 さて、オードリーの写真集が秋に出るみたいです!その名は“Audrey The 60s”!
 なんとオードリーの60年代のレア画像を200枚以上集めた写真集~!

 著者として名が載っている David Wills という人は、オードリーのオリジナル・ポジフィルムを集めているそうです。
 なので、最近の写真集に掲載されているような、デュープのデュープのデュープの…みたいな複製しまくりで荒れてしまってる上に、左からしか撮らせなかったオードリーが右からになってるような裏焼きになりまくっている、状態の悪いポジではないのです!

 紹介に“first-generation photos(第一世代写真) ”と表現されているように、オリジナルか、デュープ1・2回くらいの高品質ポジからの写真集!

 今の進歩した印刷技術と合わされば(おそらく貴重なポジからなので、昔ながらの網点でのAMスクリーンという印刷技術ではなく、高精細のFMスクリーンという方法で印刷してくると思います)、ものすごい美麗写真集が出来るはず!これは期待ができます!

 変にカラーバランスが崩れたり、暗くなったり、濃くなったりしないよう、上手な Photoshop でのレタッチ(修正)&確かな印刷技術のある会社や国で印刷して欲しいですね!

 表紙はリチャード・アヴェドンの「おしゃれ泥棒」のものになるみたいですね。
 どんな写真が載るのか、どんな品質なのか、今からとても楽しみな写真集の1つです!(^-^

 あ、それと Johannes Thiele って人のドイツ語の“Audrey”って本も出るようです。
 こちらは詳細不明ですが、伝記なのか、写真集なのか、どっちでしょうね。




同じカテゴリー(オードリー関連情報)の記事
 写真展「オードリー・ヘプバーン」~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~ チラシとチケット (2017-09-03 21:00)
 写真展とCDアルバムの情報です!エマ・ファーラーも来日! (2017-08-31 12:00)
 「麗しのサブリナ/許されざる者」新しいサントラが発売!ですが… (2017-08-17 18:00)
 写真展「オードリー・ヘプバーン」~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~開催! (2017-08-04 18:00)
 「暗くなるまで待って」池袋の新文芸坐で上映! (2017-04-28 15:00)
 ついに「いつも2人で」本当のサントラが発売されます! (2017-03-06 09:00)

この記事へのコメント
Audrey by Johannes Thieleこの本は伝記です.
Posted by meng at 2012年07月13日 10:32
これは・・・現段階では最高のものになりそうですね。
「噂の二人」「パリで一緒に」「暗くなるまで待って」の名が見当たらないのが
ちと気になりますが、省略されているだけならいいなぁ。
11月ですか・・・・ああ待ち遠しい!
Posted by まる at 2012年07月13日 13:22
>mengさん

ありがとうございます!
そうですかー、“Audrey” by Johannes Thiele は伝記でしたか!
じゃあ購入は見合わせます。(^^;A

>まるさん

僕も「噂の二人」「パリで一緒に」「暗くなるまで待って」は気になってました。(^^;;;
でも写真家の中に、コナン君の名前があるので、
結局「パリで一緒に」の頃のはあるんじゃないかと踏んでます。
60年代のオードリーってのが嬉しいですよね!
きっと貴重な写真も多いでしょうね~!
ホンと発売が楽しみです!(^-^
Posted by みつお at 2012年07月13日 23:55
お久しぶりです。
もうすぐ発売のこの本ですが、
いくつか画像を見ることができます。
なんだか凄そうですよ~。


http://audreythe60s.com/
Posted by まる at 2012年11月03日 23:59
まるさん!!!

もう、どうしちゃったのかと思って心配してましたよー。(ToT

本の情報ありがとうございます!
確かに凄そうですね~!
めっちゃ楽しみです!

1つだけ「おしゃれ泥棒」の裏焼きが入ってたのが気になりましたが…。
やっぱり元に近いとはいえ、デュープも混じるだろうから、
ちょっと裏焼きになるのも仕方ないのかな、と思ってます。

でも、写真集未収録のものが多そうで、
楽しみですねー!(^-^

アマゾンで、2種類のうち、先に出るほうを予約したら、
“ちょっと遅れます”って連絡が入ってました。(TT
早く見たいですー。
Posted by みつお at 2012年11月05日 00:27
いつも貴重な情報をありがとうございます!!!

早速、“Audrey The 60s”を注文致しまして
到着をとても楽しみにしているところですが、
2種類???2種類あるんですかぁ~???、
まったく気付きませんでした、、、。(T_T)

Product Details
Hardcover: 296 pages
Publisher: It Books (November 6, 2012)
Language: English
ISBN-10: 0062209019
ISBN-13: 978-0062209016
Product Dimensions: 11.8 x 9.4 x 1.2 inches
Shipping Weight: 4.4 pounds

↑これオーダーしたんですけど、どこか違いが有るんでしょうか?
すいませんが教えてください。
お願い致します! m(__)m m(__)m m(__)m
Posted by 寝ても覚めても。 at 2012年11月27日 03:55
寝ても覚めても。さん、こんばんは。

これ、確かに最初から2種類ありましたよね。
でもどちらもハードカヴァーで、英語版。
ページ数の表記が違うんで、僕もどう違うんだろうと思ってました。
僕は寝ても覚めても。さんと違う方を買っています。

届くまでは不安だったんですけど、
どうやら届いたら同じものみたいです。
おそらく、英版と米版のカバーの違いだけだと思いますよ。(^-^

僕のはカバーには英国のAurum社という印刷がありましたけど、
中身にはしっかり itbooks、NY とかって印刷されてますし。

それに、ページ表記(ノンブル)は275p まででしたけど、
目次が別ページ扱い(ノンブル違い)になってまして、
足したら結局296p 分ありましたよ。
なので、ホンとに英国と米国でカバーを変えただけだと思います。

届くのを楽しみにしておいてください。(^-^
Posted by みつお at 2012年11月27日 21:24
そうなんですかぁ~、ホッとしました (^O^)

到着がめっちゃ楽しみです!!!

早々のお返事、ありがとうございました。


図々しくてゴメンナサイですが、また色々と教えてくださいね。
どうぞよろしくお願い致します m(__)m
Posted by 寝ても覚めても。 at 2012年11月27日 23:02
い~え~、どういたしまして。(^-^

これからも遠慮せず書き込んでくださいねー。 (^o^)/

他にも何かありましたら、バンバンどうぞ!
Posted by みつお at 2012年11月28日 19:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。