2008年03月07日

MISS 2004年10月号 オードリー・スタイルでいこう!

 これは世界文化社から発売されている雑誌、「MISS」の2004年10月号です。

 この年の秋冬ランウェイはジヴァンシィやセリーヌなど、オードリーをイメージしたものが多かったそうで、さっそく「MISS」が“オードリー・スタイルでいこう!”と特集を組んだのがこの号。

 「MISS」というと、お嬢様向けの雑誌だそうで、今では“オードリー通勤”なる造語も作り出しているそうですが、この時はまだそんな言葉もなく、この号だけのオードリー特集。





 とはいえ、特集自体は26ページありますが、オードリーは単なるモチーフ的な扱いで、あまり大きな画像はないですし、ぜーんぜんオードリーが載ってないページもいっぱいあります。

 この辺が、オードリーがメインだった90年代の特集とは違う所。
 丸々オードリーなのはtimeless audrey展の紹介の最後2ページのみ。

 中身は右の画像みたいな感じ。ね、オードリー、大きくないでしょ?
 ひそかに表紙に載っている「おしゃれ泥棒」のオードリーが珍しい画像だったりもします。


タグ :雑誌

同じカテゴリー(日本の雑誌)の記事
 週刊少年マガジン1976年3月7日(第10)号 (2018-02-11 18:00)
 本日オードリーの25周忌。月刊BSfan 1998年3月号 (2018-01-20 15:00)
 一周忌の月刊BSfan 1994年2月号 (2018-01-17 09:00)
 SCREEN(スクリーン)2018年2月号 (2017-12-25 22:00)
 オードリーが表紙!創刊70周年「スクリーン」2017年2月号 (2016-12-27 09:00)
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)

この記事へのコメント
「緑の館」でリーマが亡くなったあと、呆然と焼け跡を見つめていたアベルの気持ちです。帰宅時間が早くて、ほんの一部分だけ助かりました。
スクリーン誌の「パリで一緒に・ローマの休日」増刊号は無事でした。
30冊程度の書籍類は無事。ポスターは・・・しくしく・・・ポスターは全滅です。絶句。怒る気力もありませんでした。
Posted by いも源氏 at 2008年03月07日 18:17
ポスターが全焼…まさにアベルそのものですよね!
いも源氏さんが奥さんに復讐しなくてよかったよかった。(^_^;A
でもきっと僕だったら怒り狂ってるでしょうねー。
奥さんにとってはガラクタでも、いも源氏さんにとっては宝物なのにっ!
害の無い趣味だと思うんですが…何がいけないのでしょうね?
燃やす理由がわかりません!

今オードリーのポスターをオークションで売ったら、
(物にもよるでしょうが)1枚5万円以上の値が付くでしょうねー!
もしかして「カタログ オードリー・ヘプバーン」に載ってるポスター類は
いも源氏さんのものですか!?
もしかしたら、写真集は燃えても、ポスターが残っていた方が
ずっと価値があったかもしれません。
写真集は買いなおしがききますけど、ポスターは…。
奥さんが現在の価値を聞いたら卒倒するかも、ですね。

「ヴァリーエ」のポスターが残っていて、
見せていただけることを祈るばかりです…。合掌。
Posted by みつおみつお at 2008年03月08日 12:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。