2008年03月10日

婦人画報2006/1 オードリー・ヘップバーンの人生とお洒落

 これは婦人画報の2006年1月号です。この号では “オードリー・ヘップバーンの人生とお洒落” という特集が組まれています。

 特集自体は23ページなんですが、最後の加藤タキさんのページのとなりがロンジンの時計の宣伝で、そこでは「パリの恋人」のオードリーがいますから、まあ24ページって感じ?

 2004年の「MISS」の特集とは違って、こちらはオードリーがメインの特集なので、オードリーの画像が数多く掲載されています。その中にはぽつぽつ珍しい画像も。

 中で1つ気になったのが、1958~59年頃のオードリーの画像の下に“~それが後年のオードリースタイル。編み物は息子のためか。”ってキャプションがある所。

 うーんと、これ、晩年のオードリーだと思ったんでしょうか。(^^;;;

 まあ確かにオードリーの髪型はひっつめだし、この時期のオードリーを晩年のオードリーだと間違える人がたまにいるようなんですが…。
 まだ息子は生まれてませんよ~みたいな。

 中で“豪華やな~!”って思ったのが、5人のデザイナーにオードリーをイメージしたオートクチュールをデザインしてもらったこと!
 しかもそれを読者プレゼントにしてしまうという…なんて太っ腹!!

 その5人のデザイナーは渡辺雪三郎・鳥居ユキ・伊藤和枝・花井幸子・芦田淳というそうそうたる顔ぶれ。

 いや~、作ってもらうのもお高かったでしょう、みたいな。(^^;;

 その中で、一番オードリーらしかったのは伊藤和枝さんの作品!


 正直、他の人の作品の中には、どこがオードリー!?って言いたくなるような、絶対にオードリーはこれを着ないでしょう!ってのもあるんですが、伊藤和枝さんの作品はオードリーが実際に着てるのを想像できるほど。(→右の画像)

 加藤タキさんのページでは、またまた知らないエクスラン・ヴァリーエの時の画像が見れるのも嬉しいトコロ。

 「オードリー・ファッション物語」のスタイリスト原 由美子さんの文章もあるし、なかなか贅沢なオードリー特集号になっています。




タグ :雑誌

同じカテゴリー(日本の雑誌)の記事
 週刊少年マガジン1976年3月7日(第10)号 (2018-02-11 18:00)
 本日オードリーの25周忌。月刊BSfan 1998年3月号 (2018-01-20 15:00)
 一周忌の月刊BSfan 1994年2月号 (2018-01-17 09:00)
 SCREEN(スクリーン)2018年2月号 (2017-12-25 22:00)
 オードリーが表紙!創刊70周年「スクリーン」2017年2月号 (2016-12-27 09:00)
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)

この記事へのコメント
この本も焼き討ちの過酷な運命。
「オードリー・ヘプバーン・トレジャーズ」は隠し持っていますよ。
Posted by いも源氏 at 2008年03月11日 10:16
げげっ!ということは焼き討ちはつい最近のことだったんですね!
なぜ燃やされないといけないんでしょうかー。(T T
Posted by みつおみつお at 2008年03月11日 23:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。