2012年12月31日

発表!2012年オードリー・ヘプバーン大賞!

 さて、2012年も終わりになりましたので、例年通り僕が独断で選んだ “オードリー・ヘプバーン大賞” の発表をしたいと思います。

 今年は、作品の製作○○年ってのもなく、生誕とも没後とも関係ない、見事に隙間の年だったんで、発売 or 発表されたものの数は決して多くなかったんですが、かなり高レベルなものが多く、正直順位をつけるのが難しかったです。

 それでは、どうぞ!

 今年のオードリー・ヘプバーン大賞(金賞)はこれ、“Audrey The 60s”!

 もう大方の予想通りでしょうかね?(^^;
 最近軽視されがちだった60年代のオードリーから、美麗カラーを中心に、豪華装丁と迫力のサイズで出ましたねー。紙の質も文句なしです!

 ただ、昨年の大賞の「AUDREY A ROMA(英題:AUDREY IN ROME)」に比べると、ちょっと落ちると感じるのは、やっぱり写真集初収録の画像点数の違いかな?

 まだまだ上を行く写真集は作れると思いますが、とりあえずは、このハイレベルの写真集を出してくれたことに感謝!「いつも2人で」の画像が多かったのも嬉しかったです!
 没後20年の来年も、優秀な写真集が出て欲しいですね!


 銀賞は、めっちゃ悩みましたけど、これ、“オードリー・ヘプバーン パーフェクトスタイルオブオードリー (AUDREY HEPBURN ― perfect style of Audrey )”に。

 最終判断して決めたのは、これは今年出た唯一の国内版のオードリー写真集だということと、1ページに入っている画像の多さから。

 “Audrey The 60s”が、練りに練って勝ち取った勝利だとすると、“perfect style of Audrey”はなーんにも考えてなくて手に入れた予想外の勝利、ってとこでしょうか。

 流行に沿ったものであるにしても、紙の質もカラー印刷には不向きで悪い。デザインとカラーの選択が悪くて文字も読みにくい。レンタルポジの状態が良くないので、画質もそんなに良くない。
 …と色々言いたいことはあるんですけど、ぽろぽろ極レア画像が…!

 これ、決してこの画像が珍しい!とか知ってて選んでるんじゃないと思うんですよね。もともとシリーズものの1冊だし、たまたま選んだ画像がレアだっただけ。
 でも結果的にはレア画像の多い、写真点数も多い、優秀な写真集が出来たというわけですね。あっけらか~ん写真集。

 始め、オードリーの威力を過小評価していたようで、初版が即行完売して、大急ぎで重刷していたのが可笑しかったです。


 銅賞はこれまた悩みましたが、これを選びました、「シャレード」オリジナル・サウンド・トラック新盤、フィルム・バージョン

 これをずっと熱望してましたが、まさか出るとは!
 ヘンリー・マンシーニの意向で、映画で実際に使われたものはサントラとして発売されず、アレンジも違う演奏しなおした物がずっと「シャレード」サントラとして出てましたけど、マンシーニの死後フィルム・バージョンが解禁になって、ユニバーサル・ピクチャーズ創立100周年記念の一環で本物のサントラがとうとう出ました!

 これ、個人的にはすっごく嬉しくて、ずっと聴いてましたが(というか、今でもよく聴いてますけど)、まー音楽だしね。オードリーが悩むとお腹すくとか変装して尾行するシーンや石畳を走るシーンは想像できても、オードリーそのものではないので、残念だけど順位を下げました。

 でも、超優秀なことにはかわりなく、オードリーが現役の頃には想像も出来なかった本当のサントラが、こうして簡単に手に入るようになったことは、凄いことなんですよー。

 2013年は「シャレード」製作50周年でもありますし、本家ユニバーサルから、特典いっぱい付きのブルーレイ発売でも期待しましょう!


 さて、めっちゃ惜しくも3位までに入れなかったですけど、続いてこれまた優秀な第4位!CD付き写真集、 “Audrey Hepburn

 怪しげなCD付きの表紙のせいで、何の期待もせずに買ったら、幻の「1000日のアン」の画像をはじめ、「ニューヨークの恋人たち」の新たな画像など、レア物を多く収録してくれていて、これまた優秀写真集の登場!って感じでした。

 オススメ度は★3つどまりにしましたが、僕の思い入れ度数はかなり高かったです。★3つの写真集の中では最優秀の部類。
 これも2位の有力候補でした。


 そして、これまた2位でもおかしくない、優秀な第5位はこれ、“VOGUE JAPAN 2012 July(ヴォーグ・ジャパン 2012年7月号)”です。

 “VOGUE” もきっとたくさんのオードリーのレア物画像を持っているんでしょうね。雑誌に1度掲載されただけ、という…。
 そんな貴重な画像の数々をさらっと特集で組んでくれたことが素晴らしい!

 だれ!?誰!?こんな企画考えてくれた編集者の方!!手を握って、わーっと上下に振ってお礼したいほど、めっちゃ嬉しかったです。
 そう、他のたとえば“ELLE japon(エル・ジャポン)”とかでもやってくれたら嬉しいな~と。

 でも、こういう貴重な画像って、同時に何十枚何百枚と撮られているはずなので、それだけでも各雑誌ごとにオードリーの優秀写真集が作れそうですよね。

 没後20年の来年に、海外版でもいいので、どこかそこに着眼してくれる雑誌はないのかなー。“Harper’s BAZZAR”とか“PARIS MATCH”とかも絶対貴重なオードリーの画像を大量に持ってるはず!


 さて、この第5位までで優秀な物が終わらないのが、今年の凄いところ。第6位に推したいのがこれ、「ティファニーで朝食を」の本当のサントラが市販盤で出た“Moon River and Me”!

 「ティファニーで朝食を」は去年2011年が製作50周年だったので、50周年記念盤サントラもいくつか出たんですけど、それらはどれも今までのマンシーニが録音しなおした自称サントラをベースにしてました。+α でオードリーの歌を付けたりとかね。

 で、本当のサントラは過去に出たブート盤のみで聴けたんですけど、今年に入ってこれが出たことで、一般の人にもやっと本当のサントラが聴けるようになった、ということですね。

 残念ながらブート盤と比べると、一部の曲がカットされているので、順位を上には置けないんですけど、もちろん今までの採り直しサントラよりも収録曲は多いし、「ティファニーで朝食を」のサントラなら、これが今のところ最優秀!

 でも、はっきり“Breakfast at Tiffany's Film Version Original Soundtrack” と銘打てないのはRCAレコードとの絡みで何か理由があるんでしょうかね?
 この題名だったら、こちらが本当のサントラじゃないみたいに見えるので、損だと思うんですけれども…。


 さらに第7位には“午前十時の映画祭”を!

 今年は、昨年の第2回での上映作品が別の地区で回っているだけなので、順位は昨年より大幅に後退しましたけど、今年来た地区の方にとっては、やっぱり凄いことですよね!

 今回第3回開催に当たって、特別試写会が上映されましたけど、それに選ばれたのが、このオードリーの「シャレード」!
 そして、この73年リバイバルのメイン画像が飾られてました!「シャレード」中、世界で最も優秀なポスターデザインですもんね。

 デジタル上映の劇場が増えたため、新しい作品の選定はなく、とりあえず第3回で終了ですけど、まだまだオードリーには出来の素晴らしい作品が残っているので、旧作のデジタル化がなされた際には復活して欲しいですね!
 僕の考えでは、「ティファニーで朝食を」「マイ・フェア・レディ」「パリの恋人」「尼僧物語」あたりがまず候補になるのではないかと。「暗くなるまで待って」もありそうですしね。


 さらに、第8位には、“Audrey Hepburn From Hollywood Legend to Style Icon (LP book)” を。

 これもまた表紙にDVDが付いているという、怪しさ大爆発の物でしたけど、中身はいたって真面目な写真集。
 意外と珍しい画像も多くて好印象。DVDには何の価値もなかったけど…。

 期待してなかっただけに、中身が良いと嬉しいですね!


 あとは、
雑誌「SCREEN」2013年2月号 12月に出たばかりですよね。今年はオードリーが表紙ではないので、大賞に絡むところまでは来てないです。

★レコード「オードリー・ヘプバーンの世界」
 これ、ブログで未紹介ですけど、個人的には嬉しかったです。オードリーだけのレコードとしては、僕としては最後に手に入ったもの。
 また来年にでも紹介します。

ジグソーパズル「ティファニーで朝食を」 アメリカで発売している、オードリーのジグソーパズル。カラーなのが嬉しい!

2013年カレンダー。「いつも2人で」付きのもの。 「いつも2人で」が載っているなんて嬉しいじゃないですか!

 なども良かったですね。

 テレビ番組では、今年4つほどオードリーが登場しました。

 5月5日(オードリーの誕生日の翌日)放送 TBS系「知っとこ!」
 6月16日放送 テレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」
 11月5日放送 BSジャパン「シネマ・アディクト ~愛すべきスターたち~」
 12月24日放送 BS-TBS「それがしりたい」

 このうち、上の2本は見るべき価値があったもの。
 どちらも今年スイスのモルジュで開催されていた、「オードリー・ヘプバーンに捧げるオマージュ」展のことが見れて、とても嬉しかったです!

 スイス…行きたいですけど、簡単にホイホイ行けませんもんね。
 そんな一般人の僕らに、モルジュで町のあちこちに看板とかを出して、オードリーを愛してくれているのがわかって、めっちゃ良かった~!

 特に「知っとこ!」はかなりオードリーで突っ込んでいた取材をしてくれていたので、番組内で20分くらいも時間をオードリーのために割いてくださってました。ありがとうございます~!!

 「シネマ・アディクト」は、まあ見ても見なくてもどうってことのないもの。
 「それがしりたい」はオードリーのもつイメージを使ってるブランドの紹介で、ショーンも登場するにもかかわらず、別に見る必要は全くないものでした。

 さて、いよいよ来年はオードリーの没後20年なので、いろんな写真集や企画やテレビ番組が出来ることを期待しましょう!

 ではでは、今年来ていただいた皆さんに感謝を込めて。 良いお年を。m(_ _)m

同じカテゴリー(オードリー・ヘプバーン大賞)の記事
 発表!2016年度 オードリー・ヘプバーン大賞 (2016-12-31 00:00)
 2015年オードリー・ヘプバーン大賞の発表! (2015-12-31 09:00)
 2014年 オードリー・ヘプバーン大賞 (2014-12-31 09:00)
 2013年オードリー・ヘプバーン大賞は (2013-12-31 20:00)
 あなたにとってのオードリー・ヘプバーン大賞は? (2013-12-10 22:45)
 2011年 オードリー・ヘプバーン大賞の発表! (2011-12-31 12:00)

この記事へのコメント
みつおさん,新年は良いです!
どこでCD「オードリー・ヘプバーンの世界」を見つけるのですか?
私はそれを聞いたことがない.
おかげで多くの!
Posted by meng at 2012年12月31日 17:17
明けましておめでとうございます!

2012年のオードリィ大賞
やはりAUDREYthe60sでしたね。
僕も該当はそれだと思います。
「シャレード」の映画版正規サントラも“事件”でしたね。
19年経っても、何がしかオードリィゆかりの素敵なものが発表されるって
こと自体に感謝です。
他の大抵のスターたちはごく一部を除いてだんだんと忘れ去られているわけですからね。

今年は没後20年という節目ですから、
何かドカンと期待できそうです。(だといいけど)

では、今年もどうぞよろしくお願いします。
Posted by まる at 2013年01月01日 02:01
>meng さん

新年あけましておめでとうございます。

さっそくですが、「オードリー・ヘプバーンの世界」はCDじゃないですよ。
昔ながらのアナログ・ディスク、LPです。(^^;

今年も何か珍しいものがありましたら、教えてください。
Posted by みつお at 2013年01月02日 20:36
>まるさん

あけましておめでとうございます!
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

去年のオードリー物は色々ありましたけど、
やっぱり “Audrey The 60s” 、これかな~と。
もしかしたらまるさんのベスト3は僕の2位と4位が入れ替わってるかもしれないですね。

確かにこうして何もない年でも欠かさず物が出てくるってことは凄いことですね!
日本でも海外でも人気があって愛されていて、
スターとしての価値も、商業的価値も落ちてないということですよね。
没後20年の今年は、久々に「SCREEN」からも写真集が出て欲しいですね。

「シャレード」、クライテリオン版DVDに負けないほどの豪華ブルーレイが
出て欲しいものです。
Posted by みつお at 2013年01月02日 20:58
みつおさん、あけましておめでとうございます^^

今年は没後20年。
きっと何かあるんじゃないかと期待してしまいます♪

ここ最近は、すべての出版物を購入しようという意欲が薄れ^^;
これ!って思ったのしか買わなくなってるのですが、昨年末の写真集は
本当に良い買い物でした!

いつもみつおさんの情報に助けられています(´▽`)
結構チェックが遅れて取りこぼしも多々あるのですが、
それでも、こんなに情報を載せてくれてるのはここしかないので、
今年もまた、期待しておりますー!

今年もまた、新しいオードリーに出会える素敵な一年になりますように!
では^^
Posted by カリン at 2013年01月06日 11:41
カリンさん、あけましておめでとうございます!

とうとう没後も20年にもなってしまいましたね。
ローマ・スイスで行われていたオードリー展を、
今年は日本でもやって欲しいと思います。

僕はみかさんと違って、深いことが書けないので、
こういう商品紹介の方が気楽でいいです。(^^;
それが誰かの役に立てばいいなあ~と思って毎回書いてるんですよ。
カリンさんにもそういう風に利用していただいてると、嬉しいですね!(^-^
来年も帽子とオードリーみたいな写真集が出るようなので、
またレビューしますねー!

ではでは、また今年もオードリーで盛り上がりましょう!
Posted by みつお at 2013年01月06日 22:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。