2008年03月27日

緊急記事! SCREEN 2008年5月号 オードリーが表紙

 思わず大きく画像を載せてしまいました。(^^;;;

 これは今月号の雑誌「SCREEN」2008年5月号です!

 本屋さんへ行ってびっくり!なんとオードリーが表紙じゃないですかっ!
 しかも表紙には中身にもオードリー特集がある、とのこと。即行買ってしまいましたよ。(^^;

 このオードリーは「麗しのサブリナ」の頃なので、おそらくこの画像は裏焼きなんですけどね。
 この画像、なかなか本当の向きの物がないですねー。なんでですかね。

 ま、中身はオードリー特集ったって3ページでしたけどね。文章はいまや大御所、渡辺祥子さん。
 扉はちょっと珍しい50年代カラーのオードリー。

 最近は“スクリーン”さんもカラーのオードリーを載せてくれることが多くなって嬉しいんですけど、ついでに次のページの「昼下りの情事」のオードリーもカラーで行って欲しかったなーと。
 「昼下りの情事」にもカラー写真はいっぱいあるみたいだし、平凡だけど見返りアリアーヌなんかのデッカイ画像なんかいいんじゃないでしょうか。

 でもまぁたまには60年代オードリーも載せてくださいね、スクリーンさん。

 なんでオードリーが表紙なのかなーと思ったら、「SCREEN」って900号だったんですね!
 じゃあ1000号記念もオードリーで表紙を…って思ったんですけど、考えたらそれってあと8年以上もかかるんですよね。

 しかしいまや男優上位時代。オードリーに出馬を要請しないといけないほど、表紙を飾るだけの商品価値のある女優さんが少ない、ということなんでしょうか…。
 まあそれならそれで、ファンとしてはどんどん表紙を飾って欲しいですけどね。

 最近は1年の半分ほどはジョニー・デップが表紙みたいですから、たまにオードリーを混ぜてもらうのもいいかもしれませんね。僕みたいにそれだけで買っちゃう人間もいますし。(^^;A

 さて、今月号は付録にもオードリーが載ってます。(→右の画像)
 他のスターが1ページだけなのに、オードリーは表紙も含めて3ページという破格の扱い!
 でも画像はありきたりなので、特にこのブログでどうこう言うものじゃないですけど。
 オードリーファンになりたての人向きの画像。

 そういえば、先月号の「ROADSHOW」にもアカデミー賞の付録がありましたけど、そちらに載っていたオードリーの画像は非常に珍しかったです。
 オードリーには好意的な「SCREEN」なのに、写真選びでいっつも単発の「ROADSHOW」に負けてしまってますねー。
 もうちょっと頑張って欲しいです。

 それと、昔の「スクリーン」に比べてページ数が少なくなってるのも悲しいところ。“見る”部分はともかく、“読む”部分が大幅に減っているのが残念です。

 執筆者も知ってる人が少なくなってて、双葉十三郎さんの「ぼくの採点評」がないのは寂しい!
 あれが観る・観ないの大きな指針になってたんですけどねー。

 さあ、みなさん!こないだの「GRACE」に続いて、「SCREEN」を買いに、本屋さんへGo!(^-^




タグ :雑誌

同じカテゴリー(日本の雑誌)の記事
 週刊少年マガジン1976年3月7日(第10)号 (2018-02-11 18:00)
 本日オードリーの25周忌。月刊BSfan 1998年3月号 (2018-01-20 15:00)
 一周忌の月刊BSfan 1994年2月号 (2018-01-17 09:00)
 SCREEN(スクリーン)2018年2月号 (2017-12-25 22:00)
 オードリーが表紙!創刊70周年「スクリーン」2017年2月号 (2016-12-27 09:00)
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)

この記事へのコメント
みつおさん,こんばんは
再度は訪問して、よろしくお願いします(^^
最新の1号の雑誌「Screen」、私は今日折よくそれを見ます
シドニー紀伊國屋書店の中で発見です
迷いもなくそれを買い取りました
ヘップバーンの映画「麗しのサブリナ」の中の宣伝する写真で雑誌の表紙とします
写真は比較的に普通で、でも、やはりこの雑誌を発見して、まだとても楽しいです
私は買いますの残る最後の1冊の雑誌です
本屋のサービス員は私に教えます
今期の雑誌「Screen」2008年5月号,女優のヘップバーンを選んで表紙とします
だから以前の何号に比べて全て要るのがよく売れます多い
「Screen」さん,今後よけいにの出現のヘップバーンの特別テーマを望みます
Posted by meng at 2008年03月27日 18:03
mengさん、こんばんは!

mengさんは今オーストラリアにいるのですか?
とても勉強熱心ですね。がんばってください!(^-^
それにしても、シドニーにも紀伊国屋があるなんて、驚きです。

本当に写真はよく見る、普通の「麗しのサブリナ」ですが、
オードリーを表紙にしてくれたことが嬉しいですね!
オーストラリアでも、オードリーが表紙だとよく売れるんですね。

mengさん、もしシドニーで雑誌「GRACE」を見つけたら、
それも買いましょう!
とても珍しい画像で構成されています。
Posted by みつおみつお at 2008年03月28日 00:57
貴重な情報・・・ありがとうございまう。
Posted by いも源氏 at 2008年03月29日 17:25
みつおさん,こんばんは!

私はすでにシドニーで速い2ヶ月に居住しました
シドニー紀伊國屋書店は繁華街センターにになります
ここの最も有名な本屋の1つです
そのむこうはビクトリアの女皇の彫像です

今日また本屋に行きました
本屋のサービス員に「GRACE」この本を尋ねます
彼らは私にすでに売り終わったことを教えます
とても惜しいです!!
しかし、もしオードリーのならばためです
雑誌の販路はとても良いです
私をとても喜んで安心させます(^-^
Posted by meng at 2008年03月29日 20:19
>いも源氏さん

そーなんですよ!僕も本屋へ行って、びっくりしました!
これはみなさんにお伝えしないと!って。(^^
Posted by みつおみつお at 2008年03月30日 20:07
>mengさん

mengさんは英語もペラペラなんでしょうねー。
オードリー映画も原語で観れるっていうのはいいでしょうねー。
日本語もペラペラになったら、一緒にオードリーのことを
じっくり話し合いたいですね!(^-^

「GRACE」は、間もなく新しい号が出るので、
それまでになんとしても手に入れてほしいです。
ホンッとにいい出来なんですよ!
今年のオードリー大賞は「GRACE」かもしれません。
Posted by みつおみつお at 2008年03月30日 20:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。