2008年03月31日

TV Taro 03年9月号別冊付録 オードリー・ヘプバーン

 なんと!昨日アクセス・カウンタが10万を超えました!こんな拙いブログなのに、皆さん懲りずに来て頂いて、本当にありがとうございます!m(_ _)m
 いつまで続くかわかりませんが、これからもよろしくお願いいたします。

 今日は、「TV Taro」2003年9月号(7月発売)別冊付録の「オードリー・ヘプバーン ~ハリウッド永遠の妖精~」を紹介します。

 全8ページで、サイズはA4の上下の短いもの。時期的には「ローマの休日」2003年リバイバル公開前。最終ページは8月から順次全国ロードショーされる「ローマの休日」のチラシになってます。

 これがなかなか素晴らしい出来になっていて、珍しいカラー画像はあるし、文章もいい!と思ったら、文章は清藤秀人さん。そりゃ文章もいいはずです。(^^

 表紙をめくって最初の見開き2ページは、間もなく公開の「ローマの休日」に関すること。それと本やグッズや新宿高島屋での「ローマの休日フェア」の紹介、それとポスターやプレスのプレゼントの案内。

 次からの3ページはオードリーのライフ・ストーリー及びフィルモグラフィーになってます。

 このど真ん中のオードリー、こないだの「SCREEN」の表紙と同じ裏焼き画像なんですが、「SCREEN」が夕方のような発色だったのに比べて、こちらは昼前の午前中に撮ったかのような爽やかな発色。




 この画像、「アルバム オードリー・ヘップバーン」の表紙では全体に紫っぽく、唯一裏焼きでない「MOVIE★ICONS A.HEPBURN」ではまた違った発色なんですが、いったいどれが本当なんでしょうねー。
 「MOVIE★ICONS」のものが一番自然っぽい色だとは思うんですが…。



 その次のページはデザイナーの中野裕通さんのオードリーについてのインタビューがあるんですが、それはどうでもよくって(失礼!)、そこについている西村美咲さんのイラストがかわいい上に、オシャレ映画の双璧、「パリの恋人」のジョーと「いつも2人で」のジョアンナを描いてくれているのがおおっ!さすが!!って嬉しくなりました。(^-^
 「いつも2人で」の原題をオープニングシーンのように書いて下さっているのも◎。

 お安いのに、こんなに充実してていいんでしょうか?って嬉しくなる出来なのでした。




タグ :雑誌

同じカテゴリー(日本の雑誌)の記事
 週刊少年マガジン1976年3月7日(第10)号 (2018-02-11 18:00)
 本日オードリーの25周忌。月刊BSfan 1998年3月号 (2018-01-20 15:00)
 一周忌の月刊BSfan 1994年2月号 (2018-01-17 09:00)
 SCREEN(スクリーン)2018年2月号 (2017-12-25 22:00)
 オードリーが表紙!創刊70周年「スクリーン」2017年2月号 (2016-12-27 09:00)
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。