2008年04月07日

「噂の二人」1962年初公開時 一般用パンフレット

 「暗くなるまで待って」「いつも2人で」「緑の館」に続いて、この「噂の二人」のパンフレットの紹介もこれが最後になります。
 今日は、「噂の二人」1962年初公開時の一般用パンフレットの紹介。

 出版元は不明。この当時で考えられるのは外国映画出版社、映画実業出版社、日本映画出版社のどれかですが、映画の題名と共に映画会社のユナイトのロゴが入っている所を見ると、日本映画出版社は無いな、と。

 ということで外国映画出版社(外映)か映画実業出版社(大阪映実東京支社)のどちらかだと。僕はおそらく外映版だろうと思ってます。

 それと、これが1984年リバイバルの時に復刻された元のパンフです。
 復刻版とは表紙の色合いが違います。復刻版はオードリーとジェームス・ガーナーの顔が赤っぽかったですけど、本物は黄色っぽい顔になっています。

 また表紙と裏表紙の裏が、復刻版では黒で刷られていましたが、本物は青磁色みたいな色で刷られています。それにそれらのページでモアレを起こしていた印刷は、当たり前ですが、本物ではモアレなし。
 復刻版では汚れだらけだった中身の画像も、本物では綺麗。
 
 内容はですね、残念ながら良くないです。ほとんどプレスシートと同じことが書いてあるだけ。このパンフだけのものは何もなし。
 おそらく全「噂の二人」パンフの中ではページ数(12p)だけでなく、内容も薄いもの。

 でも、初公開当時、全国的にヒットしなかった「噂の二人」だけあって、入手が難しいのなんのって!
 激レア揃いの「噂の二人」パンフでも、松竹版と並んで入手が最も難しい!

 松竹セントラル劇場版と、大阪映実版はまだお目にかかれるチャンスがありますが、これはほとんどありません。
 1984年に日本ヘラルドがリバイバルした時に、誰かからパンフを借りて復刻したんでしょうが、よくまあこのパンフを持ってましたねー!と。

 オードリーの「噂の二人」がロードショー館の松竹セントラルで大コケしたぞー!って噂が広がると、当然一般館はそんな稼げない映画は上映したくないでしょうから、上映する映画館もかなり限られたんじゃないかなー。
 だからこの一般館用のパンフが出回らないのは当然っちゃあ当然。

 なので、これが復刻されてよかったー!とも思います。内容的にではなく、入手の問題で。
 復刻でもしないと、ほとんど人の目に触れない幻のパンフだったんでしょうねー。

レア度:★★★★★





同じカテゴリー(噂の二人)の記事
 オードリー再ブームの幕開けを告げる85年 “ゴールデンシアター” チラシ (2016-01-30 09:00)
 「噂の二人」1985年リバイバル スピード・ポスター (2011-06-04 10:00)
 シネマ新宿 プログラムNo.2「麗しのサブリナ」「噂の二人」 (2010-08-10 09:00)
 「噂の二人」オリジナル・サウンド・トラック新盤 (2010-01-25 16:00)
 「噂の二人」1962年初公開時 プレスシート (2008-02-08 15:00)
 「噂の二人」62年初公開時 大阪映実版パンフレット (2008-01-08 15:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。