2008年04月23日

「パリの恋人」名古屋三越星ヶ丘店9F 三越映画劇場版チラシ

 1984年~90年代、日本ヘラルド映画配給のオードリー映画のリバイバルでは、単一作品でのチラシがほとんど作られなかったのは、以前の記事でも書いたとおり。

 そんな中、名古屋三越星ヶ丘店の三越映画劇場では、独自のチラシを作っていたようです。そのうちの1枚が今日紹介する「パリの恋人」のチラシ。

 日本ヘラルド映画が作った「オードリー・スペシャル」とか「オードリー・フェスティバル」といったチラシはチラシ・コレクターにはほぼ価値の無いものみたいですが、この三越のはきちんと単一作品でのものであること・地方版なので数が少ないこと、が相まって、この時期のチラシとしては高額な値段で取引されているようです。

 さらに三越では札幌三越の三越名画劇場というところ(2003年閉館)でも別の独自のチラシを作っていたようで、こちらは名古屋版よりさらにレア。各店舗で独自チラシを作るなんて、三越さんやるなぁ~。(^^

 さて、めっちゃ高額なので、チラシには手を出さない僕なのですが、これはネットで見つけたとき、あまりに美しいので買ってしまったチラシ。当時はまだ普通にお店で1枚600円くらいで売ってたし(それでも高いと思ったけど…)。

 名古屋三越のチラシは表面は基本2色刷りで、中には墨(ブラック)と特色1色という組み合わせもあって、僕的にはあんまり興味をそそられないものもあるんですが、これは別。

 マゼンタとちょっと緑がかったブルーとで刷られており、デザインも色も、「パリの恋人」本編に負けないオシャレな作り。
 やっぱりデザイナーさんは「パリの恋人」になるとついついデザイナー魂に火がついてしまうようですね(笑)。そのおかげで、昔から「パリの恋人」関連には秀抜な物が多いです。

 ただ、裏面は57年初公開時の解説をそのまま持ってきてて、引き合いに出される作品が古い!(^^;

 ちなみに、名古屋三越星ヶ丘店さんに直接伺いましたが、この「パリの恋人」は1988年3月くらいの上映だったそうです。ちょうど20年前ですよね!

絵柄のお気に入り度:★★★★(この色使いと、絵柄がベストマッチ!)



同じカテゴリー(パリの恋人)の記事
 「パリの恋人」60周年アニバーサリー盤 サントラ (2017-10-30 15:00)
 「パリの恋人」オリジナル・サウンドトラック60周年記念盤発売予定! (2017-09-01 21:00)
 「オードリー・スペシャル '91」チラシ&前売券 (2016-11-08 18:00)
 新しい「パリの恋人」サントラ発売中! (2016-10-13 18:00)
 ミニチュア版「パリの恋人」1966年リバイバル 立看ポスター (2015-05-11 18:00)
 ミニチュア版「パリの恋人」1957年初公開時ポスター Bタイプ (2015-04-19 18:00)

この記事へのコメント
新婚当時、千種区に住んでいました。
三越星ヶ丘劇場で、オードリー三昧。
「緑の館」もここで初めて大スクリーンで観ましたよ。
Posted by いも源氏 at 2008年04月24日 08:16
「緑の館」を映画館で観れるなんて!
本当に一生に一度の体験ですよね!
いも源氏さんが羨まし~い!(^^
Posted by みつおみつお at 2008年04月25日 16:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。