2013年07月28日

スクリーン・ビューティーズ オードリー・ヘプバーン ポスター

 画質悪くてすみません。(^^;;;
 今回紹介するのは、「スクリーン・ビューティーズ Vol.1オードリー・へプバーン」のB2ポスター。
 なんとか手に入りました。(^^;A

 ここでのメインの画像は「ティファニーで朝食を」。
 今回のリバイバルでスチール写真を使っているのはこれだけだと思われます。
 あとは「パリの恋人」にしろ、「麗しのサブリナ」にしろ映画のシーンそのまま。

 スチール画像って、使用権が高額なんでしょうか。
 経費をかけたくない500円くらいのパブリックドメインDVDなんかもジャケットは全て映画のシーンを使用してますもんね。

 さて、この「スクリーン・ビューティーズ Vol.1オードリー・へプバーン」の上映館って、ネットで見ると最初は全国で10劇場だったみたいなんですけど、今の公式サイトを見に行くと、上映館は33館になってますよね。
 これって、「スクリーン・ビューティーズ Vol.1」の営業の方が頑張ったのか、それともオードリーなら上映したい!って賛同してくれた劇場があったからなのか。どっちもかもしれないですね。

 さて、このポスターを見ると、コピーは“オードリーに恋して”。
 本当に、オードリーに恋してしまった人のなんと多いことか!

 オードリー自身は“私がスターになれたのは、運がよかっただけ。”的発言をしてましたが、いえいえ、それだけではないでしょう。

 なにせ、まず映画に出ることが大変!そこから主演を張れる人はほんの一握り。
 さらに名前でお客を呼べるスターになるのはそこからさらに一握り。
 そして時間の洗礼を受けて名前が残るスターはさらに少なく、製作後50年以上も経っているのに、いまだにこうして劇場でそのスターの名前でリバイバルが組まれ続ける、なんてことがどれほど稀少なことか!!

 僕がオードリーを知った頃の70年代後半〜80年代に、その50年くらい前の作品が、そのスターの名前で特集上映されている、なんてことはチャプリンのみでしたね。

 それを考えたとき、オードリーが、いかに希有な存在であったのか、ということかがわかりますよね。
 そして、これは日本だけのことではなく、世界の劇場でのリバイバルがなされていることを考えると、本当にオードリーって大スターの頂点にいるんだなー、と。

 そんなことを改めて気づかされた今回のリバイバルなのでした。



同じカテゴリー(麗しのサブリナ)の記事
 オリジナル・サウンドトラック「麗しのサブリナ/許されざる者」 (2017-10-15 23:00)
 「麗しのサブリナ/許されざる者」新しいサントラが発売!ですが… (2017-08-17 18:00)
 オードリー・ヘプバーンのジグソーパズル その6 (2017-07-25 21:00)
 写真集「オードリーに魅せられて 〜サブリナの日々〜」 (2016-12-10 12:00)
 「オードリー・スペシャル '91」チラシ&前売券 (2016-11-08 18:00)
 オードリー・ヘプバーン「麗しのサブリナ」タペストリー (2016-07-28 18:00)

この記事へのコメント
急性心筋梗塞で19日間入院していました。
医師の指示で9月末まで自宅静養です。

家族の留守にブルーレイ鑑賞を堪能します。

飛行機嫌いですが、スイスのレマン湖・・・行きたくなりました。
Posted by むらさきいも at 2013年08月13日 10:09
むらさきいもさん、お体大丈夫でしょうか?
早く良くなるといいですね。ご自愛なさってください。

さてお返事差し上げるのが遅くなり、申し訳ありません。
ブルーレイで、WOWOWの番組、ぜひぜひ楽しんでくださいねー!(^-^
Posted by みつお at 2013年08月18日 22:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。