2013年12月06日

えええええええ〜〜っ!!今度は「麗しのサブリナ」が!!!

 僕のもうひとつのブログ、「おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!」の方に、「いつも2人で」の時系列の見分け方の記事を載せました。よろしければそちらもご覧になってください。

 それと「ティファニーで朝食を」の新しいサントラが届きました!今聴き込んでますので、記事はもう少しお待ちくださいねーっ。

 ふとネットサーフィンで見つけてビックリ!!
 なんと今年2013年の12月20日(もうすぐ!)に今度は「麗しのサブリナ」のオリジナル・サウンドトラックがとうとう発売されるようです!!!
 ついに、ついに!ついに〜〜〜〜っ!?

 今まで「麗しのサブリナ」は本当のサントラは一度も発売されたことが無くて、かろうじて「カサブランカ ハンフリー・ボガードの世界」というハンフリー・ボガートの映画の曲を集めたレコード(とCD)でメインタイトルのオリジナル・サウンドスコア盤があったのみ。

 発売はKritzerland。既に公式サイトで一部試聴もできます。
 過去に「噂の二人」や「許されざる者」のサントラCDも出していますね。
 その「噂の二人」では、最後のクライマックスのシーンの音楽がフィルムバージョンとは違う曲が入ってて、“えええっ!”っていう苦い想い出があるんですよねー。

 なので、「緑の館」や「暗くなるまで待って」を出したFilm score monthlyや、「シャレード」「ティファニーで朝食を」を出したINTRADAに比べると、出してくれるのは嬉しいけどちょっと不安のあるメーカー。

 今回も全部「麗しのサブリナ」じゃなくて、フレデリック・ホランダーの関わった映画を集めたというもので、他に6作品も入ってます。
 「麗しのサブリナ」は一番多くて12曲なんですけど、曲目見ても“Yes,we have no bananas”や「麗しのサブリナ」の代名詞とでも言うべき“La Vie en rose(バラ色の人生)”が入ってない…!!orz

 でも完全盤には程遠くても、こうして12曲も出してくれることは嬉しい!メインタイトルであるプレリュードの音はそんなに良くないんですが、“Isn't It Romantic?”なんかは54年の作品とは思えないくらい音もキレイ!マスター音源を見つけてリマスターしたのかな?
 後の作品である「戦争と平和」や「パリの恋人」よりも音質はいいです。

 12月6日現在では、まだ日本では扱っている所が無くて、各国アマゾンも現在の所扱いなし。
 ところがなんと世界限定1000枚だけの発売なので焦る〜〜〜!

 これも手に入るのを楽しみに待ちます!
 ちなみに、明日も記事があります。よろしければお越し下さい。


同じカテゴリー(オードリー関連情報)の記事
 写真展「オードリー・ヘプバーン」~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~ チラシとチケット (2017-09-03 21:00)
 写真展とCDアルバムの情報です!エマ・ファーラーも来日! (2017-08-31 12:00)
 「麗しのサブリナ/許されざる者」新しいサントラが発売!ですが… (2017-08-17 18:00)
 写真展「オードリー・ヘプバーン」~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~開催! (2017-08-04 18:00)
 「暗くなるまで待って」池袋の新文芸坐で上映! (2017-04-28 15:00)
 ついに「いつも2人で」本当のサントラが発売されます! (2017-03-06 09:00)

この記事へのコメント
僕も「ティファニーで朝食を」サントラ届いたので聴き込んでいます。
みつおさんなら、しょっぱなから分かると思いますが、
まさに溜飲が下がるとでも申しましょうか、やった~です。
でもってビミョーなものも・・・
後でゆっくり読ませてくださいね。
Posted by まる at 2013年12月07日 00:36
はいー、僕も1曲めを聴いた時から
まるさんの狂喜してる様子が即行思い浮かびましたよー(笑)。
もちろんそれも記事にするつもりです。

で、ビミョーなのはもしかしてボーナストラックの面々でしょうか。
これ、いるんかいな?ってのが何曲も何曲も…。
それならこっちが良かった…とかって、
やっぱりブートレグの価値もまだまだ絶大ですね。(^^;
Posted by みつお at 2013年12月07日 04:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。