2014年08月07日

Audrey Hepburn/From Hollywood Legend to Style Icon

「シャレード」 第二回・新午前十時の映画祭
 GROUP Aにて8/23(土)~9/05(金)

「いつも2人で」 イオンシネマ“シネパス”
 (「いつも2人で」を初めてご覧になる方は、僕のもう1つのブログで先に“「いつも2人で」オードリーの髪型による旅の順番の見分け方”を読んでいただくと、時系列が混乱しないかと思います。)
 グループ3 8/25(月)~8/29(金)
 千葉  イオンシネマユーカリが丘・イオンシネマ市川妙典・イオンシネマ千葉ニュータウン・イオンシネマ幕張新都心
 神奈川 イオンシネマ海老名・イオンシネマみなとみらい・イオンシネマつきみ野・イオンシネマ港北ニュータウン
 愛知  イオンシネマ豊川・イオンシネマ大高・イオンシネマ名古屋茶屋・イオンシネマワンダー・イオンシネマ岡崎

 今日はmengさんに頂いた物の中で最後の紹介になる“Audrey Hepburn / From Hollywood Legend to Style Icon”という商品の紹介。

 これ、アマゾンで予告が出た時はなんなんだろう?と思ってたんですよねー。でも値段が異様に安いので、まさか写真集じゃないだろうって買わなかったんです。

 頂いてみると、作りは前回紹介した“Audrey Hepburn Memories of the Iconic Hollywood Star”と全く同じ。紙のケースに左は6枚のポートレート写真が入ってて、右には写真集が入っている、というもの。

 前回のポートレートはポストカードでしたが、今回はただの画像の印刷された紙です。裏は真っ白。
 絵柄はこのケースの中の部分の写真の左右に掲載されているもの。
 でも、見てください。写真の選択も前回にまして“なんでこれ?”という画像。

 「マイ・フェア・レディ」の花売り娘イライザはオードリーはほぼスッピン(むしろ汚してるくらい)なので、オードリー的には“ヤメテ〜〜!”というレベルかと…。しかもあんまりかわいく撮れていないし。

 ケース及び写真集の方の表紙にもなってるレディになったイライザと、ショーウインドウをのぞくホリーは裏焼き。

 「マイ・フェア・レディ」のこの有名なドレスなんて、帽子を見ればすぐに逆かどうかわかるのに、パラマウントのDVDジャケットといいこれといい、最近は本当にやっつけ仕事が多いですね!

 切手の写真にいたっては、こんなの飾りたいと思う人はいるのだろうか?というレベル。

 この切手の絵柄は、ご存知の方はご存知でしょうが、ドイツ政府が発行の予定だったのですが、本当はオードリーはサングラスをくわえているのに、許可も得ずに画像修正でキセルのようにしてしまって、息子のショーンからの許可が下りず廃棄された絵柄。大量に刷った後だったそうです。

 でも、ドイツの財務省に1シートと、印刷所に1シートが保管され、それとショーンの所に送られた見本の1シートが残されました。
 あと、一部許可を得なかった事を知らなくて、財務省上層部の誰かが勝手に使ってしまった切手があるくらいだそうです。

 ショーンの所に残された1シートが子供基金に役立てるためオークションにかけられて、最低落札価格が約5000万円だったそうです。そして使用済みの消印のある切手も1枚約900万円でオークションで売れたのだとか…。

 うーん、僕にはわかりませんー。(^^;
 絵柄は正直珍しくないし、本当のオードリーの画像に余計な手が加えられてるわけだし、値段がこんなのじゃ、僕は正直別に全然欲しくないですね〜。

 持っている事が自分の金持ちアピールにはなるでしょうけど、そういうオードリー自身とはかけ離れた部分での所有欲は今の僕には無いので…。
 ま、子供のために役に立つならそれはそれでいいと思います。

 なので、切手としての価値は途方もなくあるのでしょうが、絵柄としてはどうよ?ってレベルですね。むしろ下〜の方かと。

 入っている写真集は、この中身、めっちゃ見たことあるんですけど!って思って確認したら、やっぱり“Audrey Hepburn From Hollywood Legend to Style Icon (LP book)”とサイズ違いの全く同じ物でした!

 その写真集とは縦横比が違うので、画像のサイズやレイアウトは変えてあるんですが、文章も全く同じみたいです。
 なので、LP bookの方を持っている方は、内容が同じなので買う際には注意してください。

 でも、LP bookを持ってない方には、日本のアマゾンで売ってる物も今なら1000円以下(800円前後)で買えるみたいですし、いいんじゃないでしょうか。

 オススメ度は★3つとさせていただきます。

 さて、このmengさんに頂いた物には、右のポケットに写真集だけではなく、トレーディングカードらしきものも入っていました(9枚入り×2種)。

 英国時代のオードリーの画像が印刷されてるんですが、中には「ラベンダー・ヒル・モブ」の写真を「初恋」の写真にしてる物が2点ほどありました。「初恋」ってずっとロングヘア(カツラ)の設定なのにね…。

 あと、それらの裏面を並べると、これまた大きなオードリーのポートレートになる仕組みになってます。ちょっと凝ってますね。

 これがこの写真集に付いてる物なのか、それとも別々の物をこのポケットに入れてくださってたのかはわからないのですが、一応ここで紹介します。

 でもケースにはそれらしき事は全く書いてないので、たぶん別物かと…。
 なので、これを買って、トレーディングカードが入ってなくても怒らないでくださいねー。(^^;;;

 (追記:やはりmengさんのコメントで、このカードと写真集は別売りである事がわかりました。なので、写真集にはこのカードは付いていません。)




同じカテゴリー(海外の写真集)の記事
 ダメダメ写真集「THE LITTLE BOOK OF AUDREY HEPBURN」 (2017-02-23 21:00)
 写真集「audrey style」英語版 (2016-11-30 09:00)
 写真集「Audrey: The 50s」、傑作! (2016-10-30 12:00)
 「AUDREY AND GIVENCHY : A FASHION LOVE AFFAIR」 (2016-09-05 15:00)
 写真集「Audrey Hepburn : BEAUTY beyond BEAUTY」 (2015-11-27 09:00)
 写真集「Audrey Hepburn: Portraits of an Icon」 (2015-08-09 12:00)

この記事へのコメント
みつおさん、こんばんは!
あなたの良い記事をありがとうございました^^

私は何年も前に、そのドイツの切手(replica)を買った。
値段も高いです!価格は70以上の米国ドルです。(郵送料を除きます)
オークションカタログの価格も高く、見つけることは非常に困難である。
また、ポートレートカードはこの本と一緒に販売されていません。
これらのカードは、1990年代の初めにイギリスで独占的に販売されている。
Posted by Meng at 2014年08月07日 16:53
mengさん、たくさん送っていただいてありがとうございました!(^-^

やはりカードは別だったんですね。早速追記で別売りであることを書いておきました。
正しい情報をありがとうございます。(^^

それと、切手はreplicaでもそんなに高いのですか!! (@o@;)
オークションカタログも、きっとオードリーに関してはその切手のページだけなんでしょうね…。

やっぱり昔の雑誌を買って、珍しいオードリーの画像を見る方が、僕は好きです。(^^;

mengさんの貴重なオードリーのグッズたちを見れないのが残念ですね。
Posted by みつおみつお at 2014年08月07日 18:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。