2014年09月06日

「シャレード」の新しいフィルム・バージョンのサントラが発売!


 なんと「シャレード」でまたまた新しいフィルム・バージョンの本当のサントラが発売になるそうです!
 メーカーは英国のHARKITっていうところ。“「シャレード」50周年記念完全盤 (Expanded & Complete 50th Anniversary Edition)”ということらしいです。27曲、78分だそう。

 えーっ!以前出たINTRADA社のフィルム・バージョン・サントラと、いったいどこが違うのかがわかりません。
 INTRADAにはあった1曲目のユニバーサル社のロゴの音楽がこちらには無いのはわかりますが、あとは曲名も一緒だし、何が違うんだろう…。

 1曲減ってるのに、INTRADAのが77分で、今回のが78分って…。単に収録のスピードが違うだけかも…とも思いますが。
 それにINTRADAの方も、正確には77分37秒で、別にこれも78分って言ったってかまわないタイム。
 そこからユニバーサルのロゴの音楽を26秒引けば77分11秒で、まあこれも切り上げたら78分ってことで、別に問題は無いのかも。

 ユニバーサルのロゴでの音楽があるぶん、INTRADAの方がいいし、それを持っていればこちらは買う必要がないとは思いますが、一応念のため買うことにしました。今のところ最安はタワーレコード。2014/9/6現在で、1827円で送料無料。
 INTRADA社のバージョンを持ってない方は、ユニバーサルのロゴの音楽(26秒)を犠牲にしてもいいなら、こちらが断然お得です。

 あと、買ってしまったのはちょっと理由があって、以前のINTRADAのは、まるさんに教えていただいたんですが、モノラル収録だったんです。
 今回、このHARKITのがステレオ収録だったとしたら、この発売は物凄い意味がある事になるんですけどねー。

 INTRADAの「ティファニーで朝食を」フィルム・バージョンサントラはステレオだったんですが(これもまるさんに教えていただきました)、それよりも録音が2年も後の「シャレード」が(完成版の映画ではともかく)ステレオ録音でないわけがないので、もしステレオで録られたテープを発見したのだったらいいんですけどねー。

 とにかくそれで買いましたので、また届いたらブログにて報告させていただきます。
 なお、フランスでも「シャレード」サントラのリマスター盤が出ますけど、そちらは映画のバージョンではない、ヘンリー・マンシーニが録音し直した昔ながらの“自称サントラ”(13曲、30分)なので、今となっては買う必要は無いかと。





同じカテゴリー(シャレード)の記事
 「ムーン・リバー」「シャレード」弦楽四重奏用(弦楽合奏用)楽譜 (2016-12-17 18:00)
 「シャレード」1973年ちらし下敷き (2016-09-11 21:00)
 「シャレード」オリジナル・サウンドトラック(フィルム・バージョン) 英盤 (2014-10-18 12:00)
 12月20日「シャレード」公開記念!ヤングレディ (2013-12-20 21:00)
 本当の「シャレード」オリジナル・サウンドトラック (2012-07-23 09:00)
 午前十時の映画祭「シャレード」上映記念 - キャビネ写真 (2012-03-03 10:00)

この記事へのコメント
た、たぶんINTRADAのと同じなんじゃないかな~
そんな気がします。
独占発売ではないんですね。

それより「いつも2人で」映画版サントラ!
発売しとくれぇぇ・・・祈っとるばい
世界中のファンが同じような思いのはずです(たぶん)
発売会社の担当者なら尚更そうでしょうね。
マスターが見つからない、権利問題がクリアできない、
見つかってはいるが品質に問題がある・・・などなど
なんかあるんでしょうなぁ。
Posted by まる at 2014年09月12日 00:26
やっぱりまるさんも同じだと思いますか。(^^;A

ステレオだったらなーと一縷の望みを賭けたんですが…。
でもINTRADAからしたら、いい気はしないでしょうね。
なんで他の所にも権利を売るねん!みたいな。

あと、気になったのはジャケットが画像だからなんです。
ちょっとライナーノートにも期待したりして…見事に裏切られそうですが。

それよりもやっぱり「いつも2人で」ですよね!
全盛期の映画で、フィルム・バージョンで1曲もサントラがないのは、残すはこれのみとなりましたしね。
エンドタイトルなんかは、映画ではあれだけでしたけど、実際のマンシーニはもっと録音してそうな気もします。
本当に、それを聴かないと逝けません(笑)。

こないだ久々に「いつも2人で」を友人の家で弦楽四重奏で合わせたんですが、やっぱり物凄くいいんですよ!
2ndバイオリンの後輩が“この曲は別格です!”ってベタ褒めでした。
Posted by みつおみつお at 2014年09月12日 02:10
みつおさん、こんばんは。
映画「マイ·フェア·レディ」についての良いニュース、12月9日に掲載されます全く新しいブルーレイ(3ディスク)があります。さらに90分間のアーカイブ素材があるでしょう!
News: http://parade.condenast.com/339069/scottneumyer/exclusive-announcement-my-fair-lady-gets-the-50th-anniversary-blu-ray-treatment/
Posted by Meng at 2014年09月17日 00:41
おお〜!
とうとう出ましたね、50thの特別版「マイ・フェア・レディ」!

でも、オードリーの声は収録されないみたいですね…。
あと、“Japaneseaudio”と書いてあるので、念願の日本語吹替も収録されるのかな?
とにかく楽しみですね!(^-^
Posted by みつおみつお at 2014年09月17日 07:20
販売元の「INTRADA」はアメリカ、今度の分はイギリスの「Harkit」ですから、
アメリカAmazonでも輸入盤扱いで値段も$30位しているようです。日本で日本盤が発売されるような感覚でいました。
しかし、Towerの説明の中には『録音 | ステレオ』と書いてあります。届いてみないと判りませんが楽しみですね。
Posted by イッチ at 2014年09月18日 10:26
イッチさん、こんばんは。

ホントだ!タワレコの方ではステレオって書いてる!!(@0@
妙に期待して、実はモノラルだった…とかってのは悲しいですが、まあ話半分くらいで思っておけば大丈夫でしょうかね?

あとは、ライナーノートに珍しいオードリーの画像が満載だったりすると嬉しいんですけどね…。
まあそこもあまり期待しないで待ってます。(^^;

でも、Harkitって、サントラで全然聞いたことが無い会社なので、
唐突に発売予告が出てびっくりしました。
Posted by みつおみつお at 2014年09月18日 21:42
Harkit版「シャレード」届きました。
早速聞いてみたんですが、これがなんとも微妙です。
「STEREO」の表記はありません。
何回か聞いてみたんですが、MONO版と変わらないような気もするし・・・。
もしかしてこの時代によくある擬似ステ(MONO録音を無理やりStereoにしたもの)とも思われます。
中のブックレットも、不鮮明な写真があったり、色もかっての大阪映画実業社のパンフの色っぽかったりで、こちらも微妙です。
「INTRADA」を持っていれば十分だと思いました。

ちなみにHarkit社のWeb-siteです。
http://www.harkitrecords.com/main.html
Posted by イッチ at 2014年10月07日 00:25
イッチさん、もう届きましたか!
こちらはまだなんですよー…。
でもステレオじゃないんですか?そうするとINTRADAより1曲少ないだけですね。

中のブックレットが大阪映実っぽい…それ、結構楽しみです!(^^;
このデジタル化の時代に、いまだそんな適当な着色とか(笑)。
とにかく、早く届けばいいなあ〜と思っています。
Posted by みつおみつお at 2014年10月07日 01:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。