2008年08月21日

「暗くなるまで待って」1971年リバイバル 立看ポスター

 またまた御無沙汰してしまいました。(^^;A

 今日は「暗くなるまで待って」1971年リバイバルの立看ポスターを紹介します。黒が多いので、反射が写りこんでしまってますけど。(^^;;

 以前の記事のB2ポスターやプレスシートでも書いたように、左下のワーナーのロゴで1971年のだとすぐにわかりますよね。
 同じ絵柄でも、これがワーナー・ブラザーズ・セブン・アーツのロゴなら1968年の初公開版。

  さて、立看なので、2枚のB2を上下に並べて配置するようになってるんですが、キャッチコピー以外の情報はすべて下半分に書いてあります。
 なので下半分だけを売っているのを見て “「暗くなるまで待って」のB2の別柄や!” なんて早とちりしないでくださいよ~~。

 えっと、僕はこれを新開地の映画館で手に入れました。そうです、あの何度も何度もいろんな友人を連れて通った映画館です!

 昔は淀川長治さんも映画を観に通った、明治・大正時代は神戸一の繁華街・新開地でしたが、すっかり三宮に人を奪われて当時は寂れまくってましたからねー。

 今でこそ町興しに力を入れていますけど、神戸人でもめったに行かない場所に成り果ててましたから、行った時は商店街がわびしくて、逆にとても新鮮でしたよねー。

 ええっと、僕の記憶ではこれは確か250円で劇場で売っていました。
 今から考えたら、貴重な立看をたったの250円で!なんて思いますけど、その時の僕が考えたのは(まだB2ポスターを持ってなかったので)、“B2のポスターを売ってくれたらいいのに…。”でした。

 でも劇場でもB2のポスターは飾ってなかったし、配給会社にももう在庫がなかったんでしょうね。立看は場所を取って使いにくいので、全国の映画館でもあんまり使ってもらえなくて、在庫があったんじゃあないでしょうか。
 ま、一応劇場にも“B2のはないんですか?”って尋ねましたけど。(もちろんなかったです)

 結局当時3つほど買ったかな?1つは家で貼ったりして使用してました。

 「いつも2人で」と並ぶオードリーの演技力の最高傑作!僕もめちゃめちゃ大好きな作品!なんつっても伏線が凄すぎますよねー。たまに無性に見たくなる作品です!

絵柄のお気に入り度:★★★(お馴染みの画像ですよねー)



同じカテゴリー(暗くなるまで待って)の記事
 「暗くなるまで待って」池袋の新文芸坐で上映! (2017-04-28 15:00)
 「暗くなるまで待って」原作戯曲本 愛育社 (2016-12-03 18:00)
 「オードリー・スペシャル '91」チラシ&前売券 (2016-11-08 18:00)
 アメリカ村で買った「暗くなるまで待って」ポートレート (2016-02-29 09:00)
 「暗くなるまで待って」1971年リバイバルチラシ (2015-05-23 09:00)
 「暗くなるまで待って」1987年リバイバルチラシ (2008-04-09 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。