2015年04月14日

ミニチュア版「昼下りの情事」1957年初公開時ポスター Aタイプ

 今日からしばらく、持っているけど持っていないポスターの紹介をしていきます。

 僕の持っているのは、約25年前につかしん(当時は西武系列)にあったシネマガイドさんで買ったミニチュア。
 これはポスターを写真撮影して、それをプリントしてパウチ処理したものみたいです。

 サイズは本当に小さくて、シャーペンと並べて写真を撮ってみましたが(2枚目のもの)、どれくらいかわかりますでしょうか?
 1枚200〜300円くらいだったかな?シネマガイドさんは今は西宮北口にあります。
 ちなみに本物のポスターは持っていません。

 いつか手に入れたら…と思っていましたが、そうなるといったいいつになったら紹介出来るのかわからないので、ミニチュア版で紹介する事にしました。
 ポスターの年代順で紹介していく事にします。

 最初は「昼下りの情事」の1957年初公開時のB2ポスター。
 初公開時の「昼下りの情事」B2ポスターは2種類あるのですが、こちらの方がよく見かけるそうなので、便宜上Aタイプにしておきます。
 もうひとつはオードリーがアリアーヌ巻きをしていて、ちょっと泣いているアップのもの。
 そちらはミニチュアを持っていません。

 絵柄は “レトロ!” って感じですね。
 「ローマの休日」の頃の大時代がかった宣伝コピーは影を潜めましたが、昭和の半ば頃の町並みにはピッタリな感じのデザイン。
 でも50年代前半ほどあんまりごちゃごちゃしてないのも、これから60年代前半のちょっとスカスカ感のあるデザインへの移行の過渡期的なものも感じます。

 さて「昼下りの情事」は初公開時、1957年公開の洋画配給収入の第5位の成績を残したほどの大ヒットを記録したのは何度か書いているとおり。
 8月公開の「昼下りの情事」、9月公開の「パリの恋人」と合わせて、1954年以来のオードリーブームが来た事は特筆に値します。

 今に続くオードリーの人気は「ローマの休日」公開の1954年ではなく、1957年に実は決定的になったと言えるでしょう。
 事実この年以降、約20年もの間、人気投票で3位以下に落ちることはありませんでした。
 翌年(1958年)早々の人気投票では「スクリーン」1位、「映画の友」は2位という結果になっています。

 参考に、前年に「ローマの休日」「麗しのサブリナ」のあった1955年の人気投票では「スクリーン」1位、「映画の友」5位。
 その翌年1956年は「スクリーン」16位、「映画の友」15位と惨憺たる結果に。
 「戦争と平和」のあった1957年は「スクリーン」7位、「映画の友」6位。
 決して「ローマの休日」だけでは今に至るオードリー人気は続かなかったのがわかると思います。

 公開当時の興行成績についてですが、当時の「映画の友」を見てみましょう。まずは1957年11月号。

 “八月十五日に日を同じくしてビリー・ワイルダーの二作品が封切されるというめずらしい現象がおこったが、いずれ劣らぬA級作品だけにその帰趨は注目されていたところ。
 結局は「昼下りの情事」が「道」以来のヒットとなり、「翼よあれが巴里の灯だ」をかなりひきはなした。
 これはなんといってもそのロマンティックなムードがものをいったわけでもあろうが、これでオードリイ・ヘプバーンの株はまたしても大暴騰。
 おそらくこのあと「パリの恋人」が出れば、今秋は「ローマの休日」以来のヘプバーン・ブームが再現するものと見られる。”

 ちなみに、ここで引き合いに出されている「道」は同じ1957年の配給収入8位にランキングされています。

 翌月の「映画の友」1957年12月号では

 “八月から九月の映画界は、完全に「昼下りの情事」におさえられた感がある。
 ともかく七週間ほとんど一定の客足をおとさなかったことは偉とするに足りよう。
 (中略)有楽街をおさえて松竹セントラル、東劇ラインがここまでガンばったのはめったにないことであろう。”

 と載っています。

 ここでわかるのは「昼下りの情事」は松竹セントラルで7週間の上映だったという事。
 今だったら、大ヒットで客足が落ちてないのだったらさらに続映するでしょうが、この当時は本当に上映期間が短かったんですね。

 それでも「ローマの休日」の頃は上映期間が普通は1〜2週間くらいで、超超大ヒットの「ローマの休日」で5週間と3日というのから考えると、確実に伸びてきていますね。

 さらに1960年代になると大ヒットは12週上映が当たり前になってきますし(「シャレード」「いつも2人で」など)、「マイ・フェア・レディ」などの特大ヒットは294日などというものも出てくるようになります。

 大ヒットで大喜びだったであろう配給会社の松竹ですが、オードリーものでは「戦争と平和」「昼下りの情事」「許されざる者」「シャレード」「いつも2人で」「暗くなるまで待って」と大ヒットばかり初公開していますね。
 唯一初公開時にヒットしなかったのは「噂の二人」だけですね。まあでも「噂の二人」はオードリー作品では初公開時、日本で一番コケた作品なんですけども…。(^^;;;



同じカテゴリー(昼下りの情事)の記事
 ミニチュア版「昼下りの情事」1965年リバイバル時 立看ポスター (2015-05-04 09:00)
 「昼下りの情事」 宣伝用キャビネ写真 (2010-04-16 20:00)
 手嶌葵さんが歌う!オードリー映画の曲(含「緑の館の歌」) (2009-11-29 01:57)
 DVD発売!「昼下りの情事」1957年初公開時 プレスシート (2009-11-13 16:00)
 「昼下りの情事」1965年リバイバル みゆき座/東宝版 (2008-07-21 16:00)
 「昼下りの情事」1957年初公開時 外映版パンフレット (2008-03-19 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。