2006年12月26日

日本初のオードリーパンフ!「ローマの休日」名古屋ミリオン座版

 はじめまして。今回から僕が持っているオードリー・ヘプバーンのグッズの紹介をしていこうと思います。
 それを手に入れた時の心理状態や、中身の感想なんかも書いていきます。どうぞよろしく!

 さて、栄えある1回目は左の写真の「ローマの休日」の初版(1954年)日本初公開時の名古屋ミリオン座版パンフレットです。

 このパンフがとってもお気に入りなのは、なんといっても表紙の色使い!
 僕の好きなピンクとグリーンで構成されていて、手に入れたときは“なんて綺麗なんだっ!”って感激しました。
 オードリーのサインが入っているのもポイント高し!ってことで。

 また内容的にも当時の皇太子様(今の天皇陛下)がニューヨークでこの「ローマの休日」を随員達とご覧になった様子が述べられています。他の初版パンフレットにもそういう記述はあるのですが、このパンフが一番詳しい!
 皇太子様や随員たちが(アン王女の立場がよくわかるのか)、非常に楽しんでいらっしゃったのがよくわかります。

 1954年当時の昔は劇場や出版社別にパンフレットが存在していて、今見るととっても面白いですね~。

 ところで、この名古屋ミリオン座版は、さらに大きな特徴があります。
 というのも初版の「ローマの休日」パンフの本命版は日比谷映画劇場版とされているのですが、東京での公開は1954年4月27日。
 ところが名古屋は1954年4月23日に名古屋ミリオン座で公開しているので、実は東京よりもパンフの発売が早いのです!

 長崎ではさらに名古屋よりも2日公開が早かったみたいですが、そこでのパンフレットが今のところ見つかっていないので、これが僕の知りうる中では現在のところ日本で一番最初に出たオードリーのパンフ、ということになります。

 この当時はパンフレットの紙はわら半紙みたいなのが多いのですが、このパンフの本文はちょっとつるっとした紙で、高級感もあります。

レア度:★★★★

 また、こちらのように名古屋ミリオン座という館名の入っていないパンフも存在します。
 
 黒い文字なら後で印刷をすることが可能なのですが、このパンフの館名は白抜き文字。ということは、表紙違いのためにわざわざ別の印刷用の版があった、ということになります。

 ただ、中身は全く一緒で、おそらく名古屋ミリオン座の経営母体であっただろう古川興行に対して、“祝 古川興行創業40周年”という新聞社からの広告があるので、こちらもおそらく名古屋ミリオン座での販売だったものと思われます。

 名古屋でも「ローマの休日」は大ヒットだったらしいので、おそらく追加で刷ったんじゃないかなーと。

レア度:★★★★★(館名なしの方が発見率は低いです)

 さて、この名古屋ミリオン座、2005年より開館したシネコンの伏見ミリオン座として名が残っていますが、この当時の名古屋ミリオン座は1950年~1983年まであった劇場です。
 最後は名画座だったようですが、1954年当時はロードショー館だったんですね。おそらく規模も非常に大きかったんだと思われます。

 この昔の名古屋ミリオン座に関してご存知の方はぜひ!情報をお願いいたします。





同じカテゴリー(ローマの休日)の記事
 オードリー・ヘプバーンのジグソーパズル その5 (2017-06-10 18:00)
 オードリー・ヘプバーンのジグソーパズル その4 (2017-06-04 12:00)
 オードリー再ブームの幕開けを告げる85年 “ゴールデンシアター” チラシ (2016-01-30 09:00)
 「ローマの休日」1963年リバイバル時 B2ポスター 第二弾タイプ (2014-02-07 22:00)
 「ローマの休日」の音楽!オリジナル・サウンドスコアCD (2013-11-09 09:00)
 「ローマの休日」1970年リバイバル時立看ポスター (2012-12-20 09:00)

この記事へのコメント
管理人様 今晩は
2度目の書き込みです…

ローマの休日のパンフレットは
今までに数かぎりなく(?たぶん)発行されてきたと思われますけど、
このパンフレットはその中でもとても貴重なものですね。

このミリオン座で思い出したのが―
私が以前勤めていた会社の大先輩に、
初公開当時パラマウント映画支社に勤めていたという方がいらっしゃいまして、
“名古屋では「聖衣」(初のシネマスコープ作品)が上映されて、
シネスコvsローマ
どちらの映画にお客が入るか、相手の劇場に偵察?しに行った”と話されていました。

それとこの当時、ミリオン座ではこのパンフレットの他に
無料で配られていた館チラシ(わら半紙、2折、次週上映作品のあらすじなど簡単な読み物)が発行されていたので、“ローマ”もあったはず…

東京より名古屋が2日はやく上映されていたことは知っていましたが、
長崎が初公開だったということは初めて知りました。

しかし、なぜ長崎だったのでしょうね…?
Posted by マサヒロ at 2009年04月30日 21:10
マサヒロさん、またまたこんばんは!(^-^

いっぱい書き込んでくださって、めっちゃ嬉しいです!

さて、このパンフですが、ホンと貴重ですよね!
その上この美麗表紙ですから、僕のお気に入り度もめっちゃ高いんです!
「ローマの休日」パンフの中では、1番好きかもしんない!!

それと、初公開当時の名古屋でのパラマウントさんでのお話も貴重ですね~!
偵察までしにいったってのが、なんか微笑ましい(笑)。
結果はどっちが勝ったんでしょうか?
やっぱ54年度No.1ヒットの「ローマの休日」ですかね?

館ニュース、なんか以前オークションで見た気もします。
僕はそこまでは手を広げてないんですけど、
東京よりも早いってのがスゴイことですよね!

で、「ローマの休日」が地方が先に公開したのは、
今考えると不思議ですよね。
長崎は、佐世保富士劇場というところで、日本初の「ローマの休日」公開が
行われたようですよ。
ここは「風と共に去りぬ」も初公開当時に上映した劇場で、
縦長の独自パンフも作ってたりして、
なかなか由緒ある劇場だったようです。
(そこには、今後「風と共に去りぬ」は佐世保では
今後永久に再上映を行わない!とかって書いてます)

長崎が最初だったのは…劇場の意地でしょうか。
それともたまたまなんでしょうかね(笑)。
Posted by みつおみつお at 2009年05月02日 00:10
管理人様 こんにちは
久しぶりに書き込みをさせていただきます。

60年前の今日は“ローマ”の封切日ですね。

最近、古本屋で名古屋で発行された雑誌(“ぴあ”みたいなもの?)を見つけました。その中では公開日は24日になってます…
広告 http://www.fastpic.jp/images.php?file=8689450840.jpg
封切予定表 http://www.fastpic.jp/images.php?file=0878261612.jpg

ちなみに、この「ローマ」の下には張り合うように「聖衣」の広告が…

結果は
“名古屋で今年一番売上の多かった映画で、ミリオン座では四週間で千二百万円上げた”そうで、「ローマ」の勝ちだったようです。
Posted by マサヒロ at 2014年04月27日 20:08
マサヒロさん!お久しぶりです!!
戻ってきていただけて、めっちゃ嬉しいです!(^0^

お返事遅くなり、申し訳ありません。
画像、見させていただきました。
うわっ、また微妙な所に線が引いてありますね。(^^;
思わず画面に定規を当てて、確認してしまいました。
手書きの時代故の微妙な線引きですね。
でも確かに、24日だと思いますね、これ。

これは名古屋の図書館で調べてもらわないといけませんね!
また、調べて24日が正しければ、記事の訂正をしていきたいと思います。
貴重な情報をありがとうございました!(^-^

それと、「聖衣」も「ローマの休日」も期待の作品だったようですが、
全国的にも「ローマの休日」の圧勝だったようですね。
内容的にも「ローマの休日」の方が上だったようですし、時間の波に洗われても、「ローマの休日」の方が残りましたよね。
Posted by みつおみつお at 2014年04月30日 22:41
(追記)
マサヒロさんへ

図書館にて調べていただきました。やはり公開日は23日が正しいようです。
朝日新聞の映画欄で23日から名古屋ミリオン座で載っており、念のため22日の広告を確認したら、“いよいよ明日23日より公開!”という新聞広告があったそうなので、間違いないと思います。(^-^
Posted by みつおみつお at 2014年05月31日 13:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。