2008年12月23日

オードリーが表紙の最新号!「SCREEN」2009年2月号

 オードリーの17回忌&生誕80周年に合わせて、映画雑誌の“SCREEN”から嬉しいクリスマスプレゼント&お年玉が届きましたよ!
 今月号の“SCREEN(スクリーン)”2009年2月号は、なんと「戦争と平和」のオードリー・ヘプバーンが表紙!!!

 実はこれはこちらに来ていただいている、おはぎさんの情報で知ったものです。大急ぎで本屋で入手!

 表紙自体は「デラックスカラー・シネアルバム」でも見れたもので、発色はそちらの方が上。この表紙のはちょっと顔色が悪いかな(笑)?

 で、中身ですが、今までのオードリー特集の経験から、6ページくらいかな?と思って開いたら、どこまでもどこまでも続く特集!全部で17p!

 その上オードリー関連ということで、オードリーと同時代の女優&オードリーの個性を引き継ぐ現代の女優の紹介で4ページ、さらに「クラシック名画のトリビア的楽しみ方」という連載では「ローマの休日」が取り上げられています。さらにさらにオークションのページでもオードリーが!

 それと「007/カジノロワイヤル」DVDのページで、歴代ボンド主演作ということで「ロビンとマリアン」がちょっと大きく取り上げられているのも嬉しいトコロ。これはプレゼントもあるそう。

 文章は清藤秀人さんで、例によってとても気持ちのいいもの。83年初来日時のオードリーの様子がわかるのがイイ!

 「パリの恋人」1966年リバイバルのポスターやパンフで採用された美しいピンクバックのオードリー(これをDVDのジャケットに使えばいいのに!)を特集の表紙にして、本文でも珍しく美しいカラーをふんだんに混ぜています!

 こういうのがあるから“SCREEN”はいいんですよね~。(^-^
 オールドファンも大事にするのが“SCREEN”!



 何年か前までは同じような内容のイマイチ写真集を連発していた“SCREEN”ですが、最近は少しずつきちんとファンのツボを押さえたものになっているようで、これまた嬉しい限り!

 そうそう、今月号は1年に1度のゴールデン・グランプリ”のファン投票用紙も付いてますよ!オードリーが今年もまた上位になればいいですね!

 それにオードリー写真集のプレゼントもあるし、これはもうオードリーファンなら絶対に買い!の“SCREEN”09年2月号なのでした。

 オススメ度:★★★★★




タグ :雑誌

同じカテゴリー(日本の雑誌)の記事
 オードリーが表紙!創刊70周年「スクリーン」2017年2月号 (2016-12-27 09:00)
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)
 「ロードショー」1972年5月創刊号 付録ポスター (2016-11-17 12:00)
 祝!「おしゃれ泥棒」日本公開50周年!「映画の友」66年11月号 (2016-11-12 12:00)
 婦人画報2016/7 オードリー・ヘップバーンの料理レシピ (2016-06-05 21:00)
 オールタイム・ベスト映画遺産 外国映画男優・女優100 (2016-04-08 18:00)

この記事へのコメント
おお~!
買うぞ、買うぜ、買います!
この前のオートグラフ本がかなりずっこけたので、これには期待。
Posted by まる at 2008年12月23日 22:42
みつおさん、こんばんわ。

う~ん(^^)ここまでタイムリーにわたしの気持ちをそそる特集が組まれるとは・・・。
わたしは、オートグラフコレクション本大好き★★★★なので、この勢いでオートグラフを(!)と思っていたところへ、みつおさんの紹介文に「オークションでもオードリーが~」の文字を発見!
もしや、オートグラフ、ひさびさにオークションされるのでしょうか?
期待を胸に、明日仕事帰りに書店へ寄ります。

最近の女優さんにはどうも一過性の魅力しか感じないのですが、ほんと、オードリーは別格です(^◆^)
Posted by コンた at 2008年12月24日 01:31
みつおさん、ありがとう早速購入しました。
妻子の批判をかわすために、さっそく秘蔵しました。

もちろん投票しましたよ。

後継者問題・・・大きなお世話と言いたいですが、
アン・ハサウエイよりナタリー・ポートマンが好きです。
Posted by いも源氏 at 2008年12月24日 12:39
みつおさんが記事にしてくれたことで今月号はかなり部数が伸びそうですね!
部数が増えれば、また特集た付録が期待できそうです。
追悼特集以上の出来だったかも。

みつおさんも出席された(羨ましい!)ジバンシーショー来日時の写真も載せているのがスクリーンの良さですよね。
女性誌も定期的に特集をしますが、60年代までの写真が多くて不満です。
私はユニセフ時代の頃の写真の方が女優ではない素のオードリーらしく本当に好きです。
パートナーに愛され、親善大使となり、子供も育って充実している大人の輝きがありますね。
Posted by おはぎ at 2008年12月24日 13:24
みつおさん、メールありがとーございましたっ(*^^*)

早速購入してきました!
年末に嬉しい特集です~~~♪

久々濃いSCREENに満足してます(笑)
Posted by カリン at 2008年12月24日 19:06
>みなさんへ!

コメントをいっぱいありがとうございます!
みなさんのコメントこそが、僕のもらったクリスマス・プレゼントですね!(^-^
遅くなってしまいましたが、メリー・クリスマス!です。
Posted by みつお at 2008年12月25日 23:20
>まるさん

おおっと、まるさん的にはオートグラフ・コレクションは
ずっこけましたか!(^^;A
責任感じちゃいます。スミマセン…。
で、今度のスクリーンはどうでしたか??
Posted by みつお at 2008年12月25日 23:23
>コンたさん

そーなんです!確かにオークションでありましたよ、オードリーのサイン!
シンプルにサインと日付だけなのが、
かえって本物を醸し出していますよね!

胡散臭い写真に書いてあって、
どういうタイミングでサインされたかわからない(まぁ、ほとんど偽物でしょうけど)
某オークションサイトに出てくるような物よりは、よっぽどいいです。
残念なのは、“78年”って入ってるのに、付いてくる画像は晩年の物なこと。
サインと同じ「華麗なる相続人」のものだったら、もっといいのに~って思いました。
でもコンたさん的にはシンプルすぎて、ちょっと寂しいでしょうか?(^^;
Posted by みつお at 2008年12月25日 23:31
>いも源氏さん

おお~!いも源氏さんもお買いになりましたか!
焼き討ちの目に遭うので、お買いになれないかと思ってましたので、
ホンとよかったです!(^^;A
絶対に見つからない場所に置いといてくださいね。p(^^)q

オードリーを継ぐ今の女優さんのページは、
オードリーに似てる・似てない、ではなく、
ちゃんとした理由で選んでくださってるのが良かったです。
もし“オードリーに似てる”なんてコメントだったら、
“全然似てへんやん!”ってファンは反感持ちますからね~(笑)。
僕はアン・ハサウェーも「プラダを着た悪魔」では、なかなか!とか思ってました。
Posted by みつお at 2008年12月25日 23:39
>おはぎさん

ほんっとおはぎさんには感謝感謝!!です。
なんか“スクリーンの最新号見なきゃ~。オードリー載ってるかなー?”とか
ぼーっと考えてたのに、それはまだ発売前だったりして、
カンペキ見逃してしまってたので、
こんな豪華な特集号、ホンと教えていただいてよかった~!!です。
僕なんかの記事で、少しでも部数が伸びたら嬉しいですね!(^-^
で、確かに追悼特集以上だったと僕も思います!

で、僕は60年代の映画の宣伝写真があんまり載らないのが不満です。
最近の扱いでは、
50年代>ユニセフでの晩年>60年代>70年代
って感じですよね?
僕はつい虐げられているものを応援してしまう性格なので、
“60年代ガンバレ~!”“70年代ガンバレ~!”って思ってしまうんですよね(笑)。
Posted by みつお at 2008年12月25日 23:50
>カリンさん

そーでしょーっ!
久々に「スクリーン」、やってくれましたね!
もう今年の最優秀オードリー・ヘプバーン賞は「GRACE」でほぼ決定!
と思ってたところに、最後の最後に大物が殴りこみをかけてきた!
って感じです。

この賞レース、どっちの勝ちでしょうねー。
あ、これ、記事にしてみようかな(笑)??
Posted by みつお at 2008年12月25日 23:56
オートグラフ本はですねぇ、なんか載せてある写真がデジタル素材特有のギザギザ・・・
ほら小さい画像を無理やり引き伸ばしたときに起こるトーンオーヴァー(?って言うんでしたっけ?)しまくりで、
画像好きな僕には耐えられなかったです。
でもサイン好きな人にはたまらかったんでしょうね。
それに面白い企画だなとは思いました。
で、今号の“スクリーン”には感謝!です。
印刷、綺麗ですよね。確かに表紙は顔色悪いですが・・・
50年代女優は、V・リーやバーグマン、特に素敵でした。
それに今の女優のセレクトもグッド!
僕もナタリーはそうかなと思ってました。よく言われるグウィネスとかジュリアよりも。
あと一時期ウィノナもそうかなぁと期待してましたが、方向性が違ってきたかな?
変なスキャンダルがあったりしたし・・・
(サブリナのリメイクは当初彼女にオファーされたそうですね)
そういえば、「アリーMYラブ」のキャリスタが、
ある企画でオードリィに変身してたの知ってます?なかなかサマになってましたよ。
びっくりしたのは、『マイ・フェア・レディ』がリメイクされるってこと。
キーラ・ナイトレイは素敵だけど、どうなるんでしょうか?
そうそう、僕もプラダのアン・ハサウェイなかなかやるじゃんって思いました。

ところで、“スクリーン”ですが、今年別の号でもオードリィが表紙だったんですね!
5月号のクラシック・スター特集がそれ。全然知らなかった。
3月下旬の発売だろうから、一番バタバタしていた頃で見逃した~。
どんなでした?
Posted by まる at 2008年12月26日 22:59
確かにデジタル特有のギザギザ、ありましたねー。
しかも大事なサインのところで!
でも、なんとかムラになるトーン・ジャンプは起こしてなかったですよ。
文字メインにするには、ちょっとスキャナの解像度が低かったかもしれませんね。(^^;
画像だけだと解像度は350lpiもあれば充分きれいなんですけど、
文字だといきなり800lpi以上、できれば1200か1600lpi必要なので、
サインを主眼に置いているのに、その点がわかってなかったのかもしれませんね。

今月のスクリーンですけど、印刷は本当に綺麗だと思いました!
これらの画像の初公開当時の50年代や60年代では決して出せなかった
写真の陰影・トーン・奥行き・発色がもの凄く綺麗に出てましたよね!
印刷技術の進歩様々ですね!(^-^
やっぱ宣伝写真とかは大判のポジフィルムで撮ってあったというのも
これらの美しさに貢献しているのでしょうねー。

で、オードリーの後継者女優のセレクトですけど、
僕はあれを見て、“女優の世代交代も進んだんやなー。”って思いました。
きっと10年くらい前なら、メグ・ライアンやジュリア・ロバーツが
当然のように入ってたんでしょうけど、
彼女達がもう選ばれてなくって、もっと若い女優になってる、
ってのが感慨深かったです。
ウィノナ・ライダーも妖精っぽかったですけど、
いつの間にか違う方に行ってしまいましたね。

「マイ・フェア・レディ」のリメイクは、以前から知ってましたけど、
いったいどうなるのかと不安です。
今までオードリー作品のリメイクで成功したものは1つもないですもんね。
翻案なら別ですけど、同じものは「ローマの休日」、「麗しのサブリナ」、「シャレード」
と全部ダメなのに、またやりますか?って感じです。
キーラ・ナイトレイ、美しいし、結構好みの顔なんですけど、
「マイ・フェア・レディ」に適役かというと、ちょっと…って感じです。

「プラダを着た悪魔」は、初め観たとき、“これって「パリの恋人」やん!”
って思いました。ラストも含めて、明らかに現代風アレンジですけどね。

2008年5月号のスクリーンは、3月27日に記事にしてますよー。
その時に書いた、“見返りアリアーヌのデッカイ画像がよかった”ってのが、
今回の2009年2月号で実際に使われてたのでビックリしました。(^^;;;
Posted by みつおみつお at 2008年12月28日 01:24
そうそう、トーンジャンプ・・・は、起こしてなかったですよね。
でもギザギザはないよな~。こういうのこれからドンドン増えてくるんでしょうかね。
僕のような部外者でさえ判るくらいだから、気づかないはずないだろうに・・・
もしかして確信犯?それとも素材がなかったのかなァ?

5月号はあんまり大したことなかったみたいですね。
で、今回の見返りアリアーヌですが、なんか着色っぽくないですか?
これ、ハイアム伝記日本版の口絵で始めて見た時、
刺繍のドレスがなんて精巧で綺麗なんだろうって感動しました。

今って本当に男優優勢のように見えますね。
特に日本のエンタメって女性におもねている気もしますが、表紙の変遷見てても様変わりしましたね。
ま、映画自体ハリウッドが女優を生かす企画が少ないんでしょうかね。

とっころで、今年もあとわずか。
で最近ちょっと困ったのが、オードリィの話題をすると、たまにお笑い芸人と間違われること。
全くなんでそんな名前をつけたんか!
でも、若林と春日コンビ、好きではあるんですけどね。
お笑いの世代交代も激しいですなぁ。
Posted by まる at 2008年12月30日 22:02
たぶん、製版がデジタル化しているので、
今後もこういうギザギザは出ると思いますよー。
画像の解像度を上げればいいんですが、
そうすると容量がめちゃめちゃ大きくなって、
スキャナやPCが動きづらい、という難点があるんですよねー。
たぶんこの本もコンピュータとの妥協点として
この解像度になってるんだと思います。(^^;

見返りアリアーヌですが、5章での「尼僧物語」の画像と合わせて、
黄色が強すぎますよね。
着色っぽくなってるのも、きっと肌色が悪いからでしょうねー。
この2枚は画像の権利元が書いてないし、
何度も使いまわししてるところをみると、スクリーンが独自で持っている
画像なんだろうなーって思います。
だんだん色が変色してるんじゃないですかね~。(^^;

男優優勢って、ホンとそうですよね!
どうしても大作・話題作はSFXをバリバリに効かせた
アクションやディザスターばかりなので、
主演は男優ってことになるんでしょうねー。
ラブコメとかの大作ってあんまり聞きませんし…。

それで、お笑いのオードリーですが、
最近検索でも同時にひっかかるので、ややこしい&うっとうしいです。
僕はまだ2人の芸を見た事ないんですけどね。(^^;
Posted by みつおみつお at 2008年12月31日 01:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。