2008年12月28日

「いつも2人で」2002年西宮市自主上映ホールチラシ

 これは2002年4月14日に西宮市で行われた「いつも2人で」自主上映時のチラシ。
 裏は映画の説明とかではなく、単に西宮市のほかのホールで行われる映画の紹介。
 「いつも2人で」に関しては、これだけのものです。

 チラシに詳しい方に伺いましたが、これはチラシとしては最も価値の低い物だそう。
 でもオードリーファンにとってはそんなことどうでもいいことですよね!
 アッサムと写っている「いつも2人で」のオードリーがカラーで見れる!それが嬉しい!
 ファンって単純ですよね(笑)。

 この時期、僕も「いつも2人で」をどこかの自主上映で見に行ったんですけど、これではなかったような…。他で同じように自主上映をした時だと思うんですけど…これだったかな?ちょっと記憶が曖昧。(^^;;;

 さて、今月のオードリーが表紙の“SCREEN”を見ると、カトリーヌ・ドヌーブ主演の「シェルブールの雨傘」と「ロシュフォールの恋人たち」がリバイバル上映されるようです。
 「アラビアのロレンス」もリバイバルされてますし、そろそろオードリー作品も欲しいところ。

 「ロシュフォールの恋人たち」は知る人ぞ知る傑作!知名度では「シェルブールの雨傘」には劣りますけど、コアなファンが付いてそうですよねー。

 で、もちろん「マイ・フェア・レディ」などのメジャーなビッグタイトルのリバイバルもお願いしたいところですけど、この「ロシュフォールの恋人たち」に匹敵するオードリー作品は?って連想されたのはこの「いつも2人で」!

 傑作で、ちょっと知名度は低いながらもカルト的人気を誇る、ということなら、やっぱ「いつも2人で」かなー、と。この作品はここのところ、再評価が著しいですからねー。
 勝手な自分の想像でオードリー評論を何冊も書く、某映画評論家(?)なんかには受けが悪いようですけど(苦笑)。
 オードリーから離れて映画だけで見ても、これはやっぱり傑作でしょう!

 ハピネットさん!今度はオードリーをぜひぜひリバイバルして欲しいな~~!!と思う今日この頃でした。



同じカテゴリー(いつも2人で)の記事
 音楽トラック付き「いつも2人で」TWILIGHT TIME版ブルーレイ (2017-05-04 09:00)
 「いつも2人で」本当のオリジナル・サウンドトラック! (2017-04-26 19:00)
 ついに「いつも2人で」本当のサントラが発売されます! (2017-03-06 09:00)
 ブログ開設10周年にあたって 「いつも2人で」の画像とともに (2016-12-26 09:00)
 「いつも2人で」弦楽四重奏用(弦楽合奏用)楽譜 (2016-12-14 12:00)
 祝!「おしゃれ泥棒」日本公開50周年!「映画の友」66年11月号 (2016-11-12 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。