2007年03月03日

「オードリー・ヘプバーン スクリーン・テーマ・ベスト」

 正確には「ムーン・リバー~オードリー・ヘプバーン スクリーン・テーマ・ベスト」です(30字以上使えないので…)。国内盤は1993年11月21日に発売されました。オリジナルは「Music From The Films Of Audrey Hepburn」。国内盤はすでに廃盤ですが、輸入盤はまだまだ現役。

 これは、これ以降オードリー映画音楽集が作れなくなったほどの決定盤です!オードリーファンなら持ってて損なしですよ!というか、持ってて欲しい!

 なんか発売元のBMGビクターの書き方が悪くて、ヘンリー・マンシーニ楽団がすべて演奏したみたいに扱われている記述がありますけど、違います。マンシーニは監修しただけ。ここに収められているのはまぎれもなくすべてオリジナル・サウンドトラックです!

 収録曲は
1.「ティファニーで朝食を」ムーン・リバー(コーラス)
2.「シャレード」メイン・タイトル
3.「マイ・フェア・レディ」序曲
4.「パリの恋人」ヒー・ラヴズ、シー・ラヴズ
5.「尼僧物語」メイン・タイトル
6.「暗くなるまで待って」テーマ
7.「おしゃれ泥棒」メイン・タイトル
8.「ロビンとマリアン」ジョンが突然に/ジ・エンド
9.「いつも2人で」メイン・タイトル
10.「パリで一緒に」ガブリエル
11.「ティファニーで朝食を」ムーン・リバー(歌:オードリー・ヘプバーン)

です。「パリの恋人」の選曲はフレッド・アステアの歌だし、「?」なんですけど…。
 一般的には「尼僧物語」「暗くなるまで待って」のテーマ「おしゃれ泥棒」「ロビンとマリアン」「ティファニーで朝食を」のオードリーの歌、は現在これでないと手に入れにくいと思います。マンシーニのアルバムで「暗くなるまで待って」が入っているのがありますが、ここでの曲とは違う物。「ティファニーで朝食を」のサントラとして売っている物にはオードリーの歌は入っていません。

 ただ、例によってマンシーニの曲は、「サントラ」として発売されたものの、本当はすべてマンシーニが別に録り直した物。発売された時は“今度こそ!”と期待したんですが…。(^^;;;

 僕的にもすごい!と思うのは「おしゃれ泥棒」と「ロビンとマリアン」!これらは、僕はサントラCDを持っているのですが、それらはサントラとして音楽だけが世に出るための物。でもこのアルバムに入っているのは映画で使うための物で、終わり方が違ったり、強弱のつけ方が違う!
 こちらの方が、より映画に忠実なサントラ!というわけです。

 「ムーン・リバー(コーラス)」で静かにオードリーの世界に入って、「シャレード」ですっかりノッてしまって、「マイ・フェア・レディ」で豪華な気分になり、「パリの恋人」はオードリーを見つめる気分になって、「尼僧物語」では荘厳な気分に、「暗くなるまで待って」でドキドキ、「おしゃれ泥棒」でワクワク、「ロビンとマリアン」で感動して、「いつも2人で」で感激して、「パリで一緒に」でPOPなパリのエスプリを感じて、「ムーン・リバー」でどっぷりオードリーにひたってください。

 でも本当に豪華ですよね~!原盤の権利元はそれぞれ違うのに…。こんなアルバムが出来るとは思いませんでした!!

 マンシーニはこのアルバムのために、マスター音源を探したそうですが、「ローマの休日」「麗しのサブリナ」「昼下りの情事」「噂の二人」「華麗なる相続人」なんかは見つからなかったそうです。
 そうですよね~。意外かもしれませんが、「華麗なる相続人」なんてめっちゃ名曲だし。そりゃマンシーニも探しますよねー。残念やな~…。
 でも「噂の二人」と「華麗なる相続人」はその後(抜粋盤ですけど)CD出ましたが…?ちゃんとレコード会社は調べたんでしょうか?(^^;;;

 しかし、びっくりしますよね。突然連絡が入って、「ヘンリー・マンシーニさんがオードリー・ヘプバーンさんの映画の音源をお探し中です。ご協力いただけますか?」なんて言われたら、映画音楽の大御所ですから、各レコード会社も「はいっ!直ちに!喜んで!」ってなりますよね。
 作曲者だってそう。マンシーニから「使ってもいいですか?」なんて言われたら、「もちろん!」としか言えない…。断れる人なんていないんじゃないかな~。マンシーニの弟子だった「おしゃれ泥棒」のジョン・ウィリアムズなんて絶対だし。著作権なんて軽くクリアですよね。(^^v

曲のオススメ度:★★★★★(オードリーファンのための最高のサントラ!)




タグ :CDOST

同じカテゴリー(サントラCD)の記事
 「パリの恋人」60周年アニバーサリー盤 サントラ (2017-10-30 15:00)
 サントラ集 “AUDREY HEPBURN : A Touch of Music” (2017-10-22 12:00)
 「パリの恋人」オリジナル・サウンドトラック60周年記念盤発売予定! (2017-09-01 21:00)
 「麗しのサブリナ/許されざる者」新しいサントラが発売!ですが… (2017-08-17 18:00)
 音楽トラック付き「いつも2人で」TWILIGHT TIME版ブルーレイ (2017-05-04 09:00)
 「いつも2人で」本当のオリジナル・サウンドトラック! (2017-04-26 19:00)

この記事へのトラックバック
オードリー・ヘップバーンってホント美しい! アメリカ映画よりフランス映画が大好きなんやけど
ヘプバーンは別格やね ついつい見入ってしまう
ヘプバーン作品もこれから徐々にU...
ヘプバーン作品のサントラならまずこれ!…「ムーン・リバー〜テーマ・ベスト」【ジュリアン サントラがいっぱい】at 2007年11月07日 23:49
この記事へのコメント
このCDの売りは、何と言っても
オードリィの唄うムーンリヴァー!!
これにつきると思います。完全収録ですもんね。

で、書いてらっしゃるように、
「パリの恋人」からの選曲が疑問で、そこがどうも気に入らないです。
もっと他にあるだろ~ってね。
彼女の歌を選ばなかったのは、ムーンリヴァーを際立たせるためですかね?

確かに正真正銘のサントラ収録の
「おしゃれ泥棒」「ロビンとマリアン」(これは名曲!)には
びっくらこきました。声上げましたよ。嬉しいサプライズでした。

「戦争と平和」は、ロータの名盤なのに入っていない。
他にも「許されざる者」(非サントラで好きな演奏がいくつかあります)
「噂の二人」(確かにCD出てましたね、ラストが途中から収録でしたが)
「緑の館」(サントラには主題歌が未収録で残念(ToT)/~~~アレ好きなのに)
あたりは、ユナイトやMGMは版権がゴタゴタして駄目なのかなぁと溜息。

それでもオードリィ節は、何度も何度も味わいました。
Posted by まる at 2007年04月26日 00:31
僕も「パリの恋人」は「ムーン・リヴァー」のための選曲だと
思ってます。だって絶対変ですよね??

「おしゃれ泥棒」は音楽学校の先生に演奏用に採譜してもらう際、
こっちを渡すか、サントラを渡すか、悩みました。

「ロビンとマリアン」は当時まだサントラCDを持ってなかったので、
このCDは感激でした!(^-^
しかもその後サントラを手に入れても、ここでの収録のと
ダイナミックスが違う!ってこっちがお気に入りのままです。

落ちてる名曲が多いので、同じコンセプトで
第2集を出して欲しいですよね!

1.「ローマの休日」~メイン・タイトル(あるいはサンタンジェロのダンス曲)
2.「麗しのサブリナ」~メイン・タイトル(あるいはオードリーの歌)
3.「戦争と平和」~もちろんナターシャのワルツ!
4.「昼下りの情事」~ファッシネーション
5.「緑の館」~トニ・パキ君の「緑の館の歌」
6.「許されざる者」~メイン・タイトル
7.「噂の二人」~メイン・タイトル(CD未収録)
8.「華麗なる相続人」~過去の回想
9.「ニューヨークの恋人たち」~メイン・タイトル
10.「おしゃれ泥棒2」~エンド・タイトル
11.「オールウェイズ」~ハップの曲
12.「庭園紀行」~オープニングの曲
13.「マイヤーリング」(ボーナス・トラックその1)
14.「パリで一緒に」~フレッド・アステアの歌(ボーナス・トラックその2)

って収録曲でいかがでしょう?(^^
Posted by みつお at 2007年04月26日 11:31
うんうん、いいですねぇ。

「ローマの休日」のダンス曲、
「華麗なる相続人」の過去の回想なんて大いに共感!
前者でオードリィ企画ものによく収録される、宮殿でのワルツって
なんか印象薄いんですよ。

「噂の二人」のメインタイトル、確かに省かれていましたね。
いきなり劇中曲からだったので、出鼻くじかれた思いをしたのを思い出しました。
マーサの異変・カレンの全力疾走~フィナーレあたりの曲も収録してほしい!

「庭園紀行」に収録されているクラシックの数々は好きなものが多くて、
一時期よく聴いていました。
10は、オープニングタイトルに少し流れるピアノ曲を辛うじて覚えています。
でも9になると記憶にありません。m(__)m
う~ん、まだまだだなァ。

アステアの唄を入れるんなら、絶対“THAT FACE”ですよねッ
Posted by まる at 2007年04月27日 00:20
たしかに!
「ローマの休日」のワルツは、こんなんを「ローマの休日」として
出すかな~っていっつも思ってます。
グレゴリー・ペックなんて出てないシーンだし。

「噂の二人」は、一番すきなのがオープニングの曲だったりするので、
CDに入ってないのはショックでした。
まるさんのおっしゃるようにエンディングの曲だったら、
フィルムバージョンがいいですね!(^^

「おしゃれ泥棒2」のエンディングは、結構いい!というのが
おととしくらいにわかりました。

9のは実はテキトーです(汗)。
「ニューヨークの恋人たち」は日本人にはわかりにくい
カントリーが多いので、本当に印象がないです。(^^;;
「ニューヨークの恋人たち」で使った一部の曲のが
映画で使われたサントラレコードです、って出てましたけど、
それも買いませんでした。

「THAT FACE」は絶対名曲ですよね~!
Posted by みつお at 2007年04月27日 11:21
みつおさん、小生のブログへのトラックバックありがとうございます。
小生もオードリーの大ファンです。ここ40年ほどファンしてます。
また、小生のブログにも遊びに来てください。
Posted by Jackおじちゃん at 2007年08月18日 11:42
Jackおじちゃんさん、こんにちは!
お越しいただき、ありがとうございます!m(_ _)m
もうもうオードリーにどっぷりなブログですけど、
またお暇な時においでください!
コメントもお待ちしています。(^-^
Posted by みつお at 2007年08月18日 12:00
TBありがとうございます!
こちらドロン中心にやみくもにサントラの紹介をしております。
オードリーもちょっと記事にしてみようかなって今回初めて
取り上げたところです。
こちらでオードリーの事いろいろ勉強させてもらいますね。宜しくです。
Posted by ジュリアン at 2007年11月07日 23:54
ジュリアンさん、こんばんは!
お越しいただいてありがとうございます。(^-^

オードリーのサントラ、他にも紹介していただけるんですね!
楽しみにしています!
Posted by みつおみつお at 2007年11月08日 19:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。