2009年04月30日

緊急情報!「若妻物語」「素晴らしき遺産」DVD発売!!!

わー!わわー!!わわわわー!!!face08

 なんとなんと、オードリー生誕80周年の今年、「若妻物語(Young Wives' Tale)」と「天国の笑い声(Laughter in Paradise)」として知られていた日本未公開のオードリー初期作品2本がDVDで6/29発売されるようです!!!!

 題名は「オードリー・ヘプバーンの若妻物語」と「オードリー・ヘプバーンの素晴らしき遺産」になるようです。

 この2作品は、海外版のビデオとDVDを紹介しようと、実は画像を準備してたんですよねー。(^^;
 えーい、ついでにやっちゃえ!(笑)

 「素晴らしき遺産(天国の笑い声)」の方は、オードリーがイギリス時代に最初に出演したとされている作品(公開は「若気のいたり(One Wild Oat)」の後)。観光映画の「オランダの7つの教訓(Nederlands in 7 lessen)」を除くと、劇映画での最初の出演になりますね。

 オードリーは2度登場します。これが最後の作品の「オールウェイズ」と同じで、俳優としてのキャリアの最初と最後が2度の出番、てのが感慨深いです。

 左の画像の青丸で囲っているところが、オードリーを最初に確認できるシーン。
 タバコ売りの少女として、画面後ろに登場します。




 後ろをぐるっと回った後、今後は画面左端から再登場。



そのあと、手前にやってきて、にこやかに言います。
「タバコはいかが?」












 最初は楽しそうに話してたのに、ある理由であとで邪険にされるオードリー。
 1度目の登場シーンはこんな感じ。





 2度目の登場シーンでのオードリー。やっぱりにこやかに近づくオードリー。






 ところが今度は最初からけんもほろろの扱い。






「え~~っ!ヒドーイ!」(実際は喋ってませんけどね)
で、こんな表情のオードリー。これで出番は終わりです。


 


 「若妻物語」の方はもっと重要な役ですよね。イギリス時代の作品では「初恋」に次いで出番の多い作品。

 これ見たかったんですよーっ!だから今回のDVD発売はめっちゃ嬉しいですね!内容がないとか、そんなことはどうでもいいんです!発売してくれたメーカーさんに感謝!
 今から発売日が楽しみです!
 ジャケットは、なんとなくチャイニーズ・テイスト?20世紀フォックスのに似せてる気もしますし…。

 あとは「マイヤーリング」と「エクスラン・ヴァリーエ」全種を見れたら最高なのになー!



タグ :DVD

同じカテゴリー(オードリー関連情報)の記事
 写真展「オードリー・ヘプバーン」~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~ チラシとチケット (2017-09-03 21:00)
 写真展とCDアルバムの情報です!エマ・ファーラーも来日! (2017-08-31 12:00)
 「麗しのサブリナ/許されざる者」新しいサントラが発売!ですが… (2017-08-17 18:00)
 写真展「オードリー・ヘプバーン」~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~開催! (2017-08-04 18:00)
 「暗くなるまで待って」池袋の新文芸坐で上映! (2017-04-28 15:00)
 ついに「いつも2人で」本当のサントラが発売されます! (2017-03-06 09:00)

この記事へのコメント
こんにちは。いつも楽しみに見ております。
昨日の読売新聞にオードリーの番組の記事があって嬉しかったです!
いろいろな画像を見ていて思ったのですがオードリーがローマの休日あたりから急に歯並びが良く白くなった気がするのですがあの頃は今みたいに
ホワイトニングとか矯正とかあったんでしょうか??
アップの写真見ても差し歯とかには見えないのでどうやってきれいにしたんだろ・・・と疑問に思いまして。
オードリー自身が欠点って思ってるところって他の人から見たら「そこが魅力なんだよ!」って思うとこばっかですよね。
全てが絶妙で魅力的なオードリー本当に大好きです!
Posted by 愁 at 2009年05月01日 22:00
愁さん、初めまして!

読売新聞…そんなのありましたか!?
わっ!昨日見たのに、見逃してますっ!

それと、歯並びと歯の白さに関しては、
確かに僕も写真集を見ているとそう思います。
特にこないだ紹介した、「ICONS OF OUR TIME:Audrey Hepburn」
という写真集でそれが顕著でした。
ただ、歯並び自体は完全には変わってないんですけど、
歯の量感みたいなのが変わっていたので、
今の感覚なら、矯正ではなく
歯の表面を薄く削って、白いのを貼ったような感じですね。
ただ、この「ローマの休日」撮影時の1952年頃に
このような技術があったかどうかはわからないです。(^^;

それと、ホンとオードリーは魅力的ですよね!
僕も年の差なんて関係ないので、結婚したい!と
ずーっと思ってました(笑)。

愁さん、ぜひぜひまたオードリーに関して
お喋りしに来てくださいです。ではでは。(^-^
Posted by みつおみつお at 2009年05月02日 00:28
みつおさんお返事ありがとうございます!
歯並びは確かにそういう感じなのかもしれないですね、納得です!
オードリー、若いときは確かにすんごくキュートで魅力的なんだけど、
年齢を重ねてからのほうがとても好きです。
にじみ出る優しさや女性らしさとかもあって・・・・私服もシンプルで飾りつけないところが素敵です。
また更新楽しみにしてます!
Posted by 愁 at 2009年05月02日 20:17
愁さん、でもでも、歯の件は、実際そうだったのかは
全くわかりませんよ~。(^^;A

それと、年齢を重ねたオードリーは、
本当に僕もステキだと思っています。
こないだも、ネットで見つけたんですが、
ある整形しまくりの日本の歌手の記事へのコメントで、
“オードリー・ヘプバーンみたいに自然に美しく年を重ねる
という生き方もあっただろうに…。”ということが述べられていて、
めっちゃ納得してしまってました。
晩年のオードリーの顔にはシワもいっぱいあったけど、
自然に笑えることがなんて素晴らしいんだろう!と。
それに晩年のオードリーには人生で得てきたものの
輝きが内から溢れ出ていますよね!
改めてオードリーのステキさに気づいた次第です。

ではでは、またお待ちしていますので、ぜひ書き込んでくださいです!(^-^
Posted by みつおみつお at 2009年05月03日 08:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。