2007年03月24日

「緑の館」59年初版日本映画出版社版 復刻版の元…ええっ!?

 さて、「緑の館」84年リバイバル復刻版のところで書いてずっとほったらかしになっていた、

“この復刻版、あなどってはいけません!これを持っていたおかげで、後々すんごい事実が判明することになるのです!!”

の件ですが、今回はその続きを…。

 ←まずはこちらを見てください。これは渋谷宝塚の館名が入っていますけど、館名入りとMGMのロゴがない以外は復刻版と同じ。

 これを手に入れたとき、“やった~!復刻版の元を手に入れた~!”って思いました。でもまあ中身は既に知っているわけだし、嬉しさも中くらいなり「緑の館」、って感じだったのですが、中身を見てみてびっくり…………!!!!!

中が復刻版のものと全然違う!!!え~~~~っ!!!!

 えっ、えっ!?って何度も復刻版とこれを見比べたのですが…隅からスミまでまるっきり違いました!
 でも全く違うパンフを入手出来たということで、嬉しさ倍増!!!

 ←ちなみにこれは同じく日本映画社の「新宿劇場」館名入り。

 このタイプには裏表紙に“日本映画社”の表記があり、復刻版のほうはよーく読めば中に“映画実業出版社”であることがわかる広告が!
 「ローマの休日」の本所映画館一般版みたいに、同じであろう出版社が表紙同じで別の中身を作る例はあったんですけど、違う出版社が同じ表紙を使うなんて!!

 この当時の映画パンフレットの作り方って、どうなってたんでしょうね。もしかしてどこかが画像を職人さんに着色してもらって、表紙用にレイアウトしたものをいくつも提供してて、その中から各出版社が好きなのを選んで買っていたとか?それでたまたま日本映画社と映画実業出版社が同じになってしまったのかな~…。
 だってですねー、「緑の館」っていう題名まで同じ傾いた入れ方してるんですよぉ~~!

 →右の画像は「物語」の載っているページなんですが、このパンフではど真ん中の見開きページです。

 また追って映画実業出版社の物を紹介しますけど、物語のあるページは全然違います(別の出版社の発行なんだから当然っちゃあ当然ですけど)。

 館名入りパンフが多くて、映画実業出版社の物より格が高そうな日本映画社版ですけど、中身に関しては全然負けてます。読むところほとんどありません。

 もし本所映画館の館名入りがあるとすれば、おそらくこれじゃないかな?って思ってます。

 とにかく、復刻版を先に持っていたからこそ判明した、恐ろしい事実だったのでした!
 コレクター間では馬鹿にされてアウト・オブ・眼中!でかわいそうな復刻版ですけど、こういう新しい発見などの役に立ってくれることもあるんですよ。(^-^
 そうそう、「カタログ オードリー・ヘプバーン」に付いていた「ティファニーで朝食を」の復刻版も同じような役に立ちましたしね。

レア度:★★★★(この日本映画社版にも館名無しのがあるので、映画実業出版社との見分け方は、右下にMGMのロゴがあるかどうかです。)





同じカテゴリー(緑の館)の記事
 ミニチュア版「緑の館」1959年初公開時 立看ポスター (2015-04-28 09:00)
 手嶌葵さんが歌う!オードリー映画の曲(含「緑の館の歌」) (2009-11-29 01:57)
 「緑の館」リバイバル 三越映画劇場チラシ 名古屋版 (2009-07-17 16:00)
 「緑の館」1959年初公開時 外映版パンフレット (2008-03-30 16:00)
 「緑の館」1984年リバイバル公開時 スピードポスター (2007-12-06 15:00)
 「緑の館」1959年初公開時 OSチェーン版パンフレット (2007-10-10 15:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。