2007年04月25日

傘とオードリー「太陽がいっぱい/永遠のスクリーン・ムード」

 これは「おしゃれ泥棒」宣伝写真のオードリーの画像を使用した、「太陽がいっぱい/永遠のスクリーン・ムード」というレコードです。

 別にオードリー映画だけ集めたレコードというわけではなく、いろんな映画のオムニバス・レコードです。オードリー映画からは何が入っているかというと、「おしゃれ泥棒」…ではなく、「昼下りの情事」から「魅惑のワルツ」1曲だけです。

 昔はこういうオムニバス映画のジャケットに、当時人気のあるスターが使われていることがよくあるんですが、たまにこういう珍しい画像があったりすると嬉しくなります。(^-^

 で、これ1973年に発売されているようなんですが…ビクターが開発した4チャンネルステレオらしいんです!今で言う5.1chみたいなもので、後ろでも2つスピーカーを使用する方法。
 え~~っ!こんな時代にそんなサラウンド用のレコードがあったんや!ってめちゃびっくり!
 でも結局レコード時代には普及はしなかったみたいですね。(^^;
 早すぎたビクターさんの技術開発…。

 で、こちら(→)が裏ジャケットなんやけど…なんなんや、このぐるぐる!「シャレード」やないんやから…。
 意図不明なデザインに“?”。

 このレコードはペラジャケットではなく、二つ折りのジャケットなんですけど、中身には豪華カラーページもなく、見開きに一色画像と解説がちょろちょろあるだけ。オードリーの画像はありません。
 うーん、オイルショック後なんでしょうか。(^^;

 でも本当に、70年代前半は60年代のオードリーを使うことが多いですね!僕的にはすんごく嬉しいんですけど。(^-^


<2011/6/23追記>今の仕様と違うので、せっかく4chで録音されているのに、そのように聞けないのがもったいないですね。本当はどういう拡がりをする音なんでしょうね。きっと4chに合わせた音作りがなされていたと思うのですが…。
 というわけで2chをAVアンプで7.1chにして聴いた「魅惑のワルツ」の感想ですが、細かな伴奏が入って、これがバックで鳴らす音なんかな?とか思いました。小さなオーケストラですけど、装飾音は多めです。
お気に入り度:★


タグ :レコード

同じカテゴリー(レコード・CD)の記事
 山田書院第一回配本“アメリカ名画曲集1” オードリージャケ (2017-05-10 21:00)
 「BEAUTY beyond BEAUTY」展 オリジナル・サウンドトラック (2015-10-04 09:00)
 「花は必要(Ci vuole un fiore)」調べました (2013-12-07 21:00)
 歌う雑誌 KODAMA52号「パリで一緒に」 (2011-11-25 09:00)
 ジーンズ版世界の映画音楽 7巻 「いつも2人で」 (2010-03-30 19:00)
 「ポップス・シンフォニック・スクリーン/ムーン・リバー」LP (2010-02-09 16:00)

この記事へのコメント
この頃って、何でも有名人載せとけばいいや!的なモノが多かったんでしょうね(^^;
て、確かにそれに釣られて買っちゃいそうですけど(笑)

このオレンジの傘を持っているオードリー結構好きです。
おしゃれ泥棒のメイクって濃いんですけど、でも傘の色のせいか
とってもやわらかい印象なんですよね~。
Posted by カリン at 2007年04月25日 01:15
確かに、ジャケットで客を釣ろうという…(笑)。
でもカリンさんのいうとおり、いまこんな珍しいオードリーで
ジャケット作られたら、それだけで買ってしまいそうです。(^^;

このオレンジの傘シリーズの画像、
僕も好きなんですよ!
最初に知ったのは「ロードショー」の表紙に
過去になっている!というのを知ってからなんですけど、
それがまたかわいくて!

カリンさんは年賀状でも使ってらっしゃいましたよね!(^-^
Posted by みつお at 2007年04月25日 11:08
そうです、今年の年賀状に使いました~。

前から使いたいな~とは思ってたんですが、何しろいつも
干支とオードリーを掛けていたので、なかなか使う機会が無く、、、。

しかーし、さすがに「イノシシ」と一緒のオードリーはなかったので(笑)
やっと使えました~(^^)
Posted by カリン at 2007年04月25日 18:54
干支のイノシシって、中国とかではブタさんだと
こないだスイスの方に伺いました。

でもどっちにしてもブタとオードリーってのも
ないですよね~。(^^;;;
Posted by みつお at 2007年04月25日 21:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。