2007年04月23日

「ロビンとマリアン」76初公開版ポスター オードリーのアップ

 オードリー9年ぶり(正確には8年と数ヶ月)の復帰作、「ロビンとマリアン」にはポスターが2種類あります。

 これはそのうちの1つ。「ロビンとマリアン」の内容とは全然関係のないオードリーのアップタイプ。
 このポスターが“「ロビンとマリアン」オードリー・ヘプバーンのすべて”のレコードの付録にもついてました。

 今はビデオやLDやDVDのジャケットではオードリーとショーン・コネリーが寄り添っているビジュアルが一般的になってますが、劇場公開時はこのオードリーアップでバンバンおしまくってました。

 「ロビンとマリアン」の頃のショーン・コネリーは、「風とライオン」や「王になろうとした男」で007のジェームス・ボンドのイメージをようやく吹っ切ったかな?って感じ。
 それよりも当時はオードリーの復帰のほうがはるかに大事件だった、ということですよね。

 なんせそれまでは出る出る!と言われながら、結局どの作品もお流れになってしまい、ファンはがっかりしてたようです。
 それが本当にオードリーがまたカメラの前に立ったんですから!
 いや、当時から“もう年をとったオードリーは見たくない!”というヒドイ意見もあったようですが…。

 でも僕はやっぱり「ロビンとマリアン」に出演してもらっててよかった~!って思ってます。僕はいくつのオードリーでも大好きだし、オードリーの作品を1本でも多く見たいです。
 それになんと言っても「ロビンとマリアン」は秀作ですしね!(^-^

 このポスターのヴァレンティノを着たオードリーだって、とっても綺麗ですよね!

 それと、この「ロビンとマリアン」でのビリング(名前の順番)はショーン・コネリーが最初でオードリーは2番目なんですが、オードリーを一押しの東宝は、
 
 オードリー・ヘプバーン
ショーン・コネリー\             /ロバート・ショー


って書き方で、オードリーをより目立つように配置しちゃいました。
 ま、オードリーを1段上に書く、っていうのは海外のプレスでもやってましたから、日本だけのワザじゃないんですけれどもね。(^^

画像お気に入り度:★★★★







同じカテゴリー(ロビンとマリアン)の記事
 「ロビンとマリアン」公開40周年記念!宣伝写真(キャビネ&六切) (2016-10-18 09:00)
 「ロビンとマリアン」アメリカ版プレスシート (2015-06-18 21:00)
 使われなかったミシェル・ルグランの「ロビンとマリアン」 (2010-02-17 17:00)
 「ロビンとマリアン」オリジナル・サウンドトラック新盤! (2009-01-27 22:44)
 「ロビンとマリアン」表紙 東宝 VIVA!CINEMAチラシ (2008-04-04 16:00)
 「ロビンとマリアン」1976年初公開時 プレスシート (2008-02-12 15:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。