2007年05月12日

「小説 オードリー・ヘプバーン」若城希伊子著

 これは秋元文庫から1977年3月に出た、「小説 オードリー・ヘプバーン物語」です。著者は若城希伊子さん。

 これはもう伝記とは全く呼べないんですが…。オードリーの当時わかっている資料から、著者が創作した架空の“オードリー・ヘプバーン”です。
 現実にはいない人物を登場させ、オードリーが現実には言っていない言葉をしゃべり・行動する…そういうあくまでも“伝記風”な内容。
 ページ数も少なく、一晩で読了可能。また、画像は一定の間隔で本文中に出てきます。

 でも、題名にも「小説」とことわっていますし、著者あとがきでも空想のオードリーであることがきっちり書いてあり、読後の印象は別に悪くないです。

 僕が中学当時、草加宏著の「オードリー・ヘップバーン物語」(77年の文庫版)とこれしかオードリーの伝記らしき物はなかったわけで。何にも知識の無い人間がオードリーについてガイドラインを知りたい、と思った時には手頃な内容ではあります。

 後のいろんな伝記でオードリーの実像がある程度わかっていれば、イメージのオードリーということで、別に問題なく読めますしね。

 海外ではまだオードリーに関する何物もなかった時代に、こうして日本だけで伝記(らしきもの)が「ロビンとマリアン」公開に合わせて2冊も発行されていた、ってことが素晴らしいじゃないですか!

伝記としての価値:なし。お話として読んでください。


同じカテゴリー(伝記)の記事
 オードリーのおすすめ伝記本まとめランキング (2017-01-22 09:00)
 オードリーのレシピ本!「オードリー at Home」その2 (2016-07-14 18:00)
 オードリーのレシピ本!「オードリー at Home」その1 (2016-07-07 18:00)
 涙涙の「AUDREY HEPBURN 母、オードリーのこと」 (2007-09-23 15:00)
 伝記「オードリー・ヘップバーン 妖精の秘密」スタブレ著 (2007-09-11 15:00)
 「オードリー リアル・ストーリー」アレグザンダー・ウォーカー (2007-08-21 15:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。