2009年11月05日

DVD発売記念!「おしゃれ泥棒」スチール集 その1

 6日に、いよいよ生誕80周年記念DVDが20世紀フォックスさんから出ます。
 なので、それに合わせて、今回は「おしゃれ泥棒」のスチール写真を紹介します。

 この「おしゃれ泥棒」と「昼下りの情事」の売り上げが、もしかしたら幻のオードリー作品の発売を左右するかもしれないので、僕としてはぜひぜひ売れて欲しいですねー!

 昔持っていたFOXスクリーンフレンドで買った100枚組のには負けますけれども、今回紹介するのは、その後大阪で買った六つ切りサイズのと、オークションで手に入れたキャビネサイズのです。

 ←まずはこの画像。オードリーと警備員との画像ですが、これは本来カラー写真。
 いまだにオードリー写真集では全世界で1.2を争う出来の「映画の友 オードリイ・ヘップバーン全集」にカラーで収録されています。

 →こちらは日本では「おしゃれ泥棒」と言えばこれ!の有名な画像。

 全世界でも、この画像を使った日本のデザインに勝てる「おしゃれ泥棒」のイメージは無いと思っています。

 ←こちらも本来カラーの画像。
 これ、オードリーのふくらはぎのあたりに黒い傷があるのがわかります?

 この画像、映画初公開時のパンフのも既に傷があるんですけど、これも唯一「映画の友 オードリイ・ヘップバーン全集」でのみ傷の無い状態のカラー画像を見ることが出来ます。
 もしや“映画の友”誌が、FOXに借りたこのポジに傷を入れてしまったんでしょうかね?




















 ←この「おしゃれ泥棒」のボネ家はいったいどこにあるんでしょうか…。知りたいですねー。





















 →“盗難車なんか運転できないわ!”
“でも構造は一緒さ。”

“怪我は治ったようね”
“イタタタタタ…”
“腕が反対ですけど!”
“痛みがこっちに広がってるの。”

このあたりの会話が面白いですよねー(笑)。
この時乗っているジャガーは、本当にカッコいい!です。






















 ←デイビス・リーランドに初めてオフィスで会うシーンの撮影。
 オードリー演じるニコルはNATOでコンピューターを扱っているOLという設定。
 ですが、このシーンは撮影されたものの、実際の映画ではカットされてましたよね。

 衣装からすると、このシーンの後にニコルが初めて美術館に行くシーンが続くんでしょうか。

 ではでは、次回に続きます。


「おしゃれ泥棒」スチール集1
「おしゃれ泥棒」スチール集2
「おしゃれ泥棒」スチール集3





同じカテゴリー(おしゃれ泥棒)の記事
 「午前十時の映画祭8」グループBチラシ 「おしゃれ泥棒」メイン (2017-08-25 12:00)
 「おしゃれ泥棒」が!“午前十時の映画祭8” 作品&スケジュール発表! (2017-02-21 09:00)
 祝!「おしゃれ泥棒」日本公開50周年!「映画の友」66年11月号 (2016-11-12 12:00)
 「オードリー・スペシャル '91」チラシ&前売券 (2016-11-08 18:00)
 「おしゃれ泥棒」1971年リバイバルチラシ ヴァリーエ版 (2015-03-29 19:00)
 「おしゃれ泥棒」1966年初公開時立看ポスター (2012-08-10 09:00)

この記事へのコメント
最後の写真、ずっと謎だったんですよ。
はて見落としてるかな、そんなシーンあったっけ?って。
今だったら特典映像で削除シーン紹介とかテイク違いなんかで付くでしょうね。
ここのセットを背にして、ワイラーとオードリィが打ち合わせしてる、
なんか真剣な表情のスナップを覚えています。
この映画のオードリィって目元のメイクがかなりキツイから、
ちょっとでも真剣は表情されると、
すんごい睨んでるように見えまよね。

さて、リーランドの出現に慌てふためくニコルってとこでしょうか。
観てみたいですね~。
この茶のツイード・スーツ大好きです。
オードリィは、「ツイードは新品ではなく着古したものでなければいけない」
とどこかで語ってた記事を読んでツイードを覚えたものです。
Posted by まる at 2009年11月07日 10:06
あ~~!もし「おしゃれ泥棒」が最近の作品なら、
確かに特典で“削除シーン”として付くでしょうねー。
見てみたいですよねー!
というか、20世紀フォックスの倉庫にその削除フィルムは
残ってないのでしょうかね…。

ウィリアム・ワイラーとのスナップは、
確かオードリーは指を噛んでるのですよね?
横にイーライ・ウォラックもいましたよね。
オードリー、もともとつり目ですしね。(^^;A

映画では、なんか突然デイビス・リーランドが絡んでくるので、
この削除シーンはあったほうがわかりやすかったかもしれないですよね。
ただ、今のままでも125分くらいある作品なので、
大作でもない映画にしては長いですよね。
これでNATOのシーンも付けるとちょっと長すぎるかも…。

この茶のツイードは、この映画の中では、一番地味な衣装じゃないですか?
なんかの文章に、
“「おしゃれ泥棒」はオードリーの派手な衣装ばっかり目立つ作品。”
などと批判的なのがありましたけど、
僕は「おしゃれ泥棒」は、一番一般人に真似しやすい服やん!
って思ってるんですけどね~。(^^;;;
Posted by みつおみつお at 2009年11月08日 19:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。