2007年05月30日

音楽の森 アメリカ映画音楽 シャレード

 これ…珍しいオードリーの画像のジャケットだけで買っちゃったもので、それだけなんですけどね。(^^;;;

 オードリーの映画は「シャレード」と「ムーン・リヴァー」が収録されてます。でもこれもまだ聴いたことなし。

 で、当然ジャケットだけのお話になるんですが、これは「パリで一緒に」のオードリーですね。帽子で簡単に判断できます。
 衣装はオレンジのワンピースが見えずに、赤いのが見えてますけど、これは「パリで一緒に」撮影合間にオードリーがよく羽織っているショールなんですね。

 ということで、これはちゃんとポージングしたものではなくて、スナップ写真。
 このバックの黒さはギャビーが洞窟の中を逃げ回るところか、トーテムポールやカバのいる撮影スタジオの中を逃げ回るシーン。
 そのシーンの合間にちょっと撮られたものなんでしょう。オードリーの自然な表情がいい感じです。(^-^


<2011/6/23追記>このレコードはかなりいいです!「シャレード」ってスローな曲調を選ぶか、アップテンポなメインタイトル風にするかでえらくイメージが変わるんですが、ここではメインタイトル風の疾走感を煽るアレンジがいい!
 「ムーン・リバー」がスローなのは仕方ないのですが、これもまあまあいい感じに仕上がっています。
お気に入り度:★★★(ジャケットも珍しい「パリで一緒に」ですしね。)


同じカテゴリー(レコード・CD)の記事
 山田書院第一回配本“アメリカ名画曲集1” オードリージャケ (2017-05-10 21:00)
 「BEAUTY beyond BEAUTY」展 オリジナル・サウンドトラック (2015-10-04 09:00)
 「花は必要(Ci vuole un fiore)」調べました (2013-12-07 21:00)
 歌う雑誌 KODAMA52号「パリで一緒に」 (2011-11-25 09:00)
 ジーンズ版世界の映画音楽 7巻 「いつも2人で」 (2010-03-30 19:00)
 「ポップス・シンフォニック・スクリーン/ムーン・リバー」LP (2010-02-09 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。