2007年08月19日

英語で感じるオードリー!「in English」vol.01

 8月発売予定になっていた「Audrey Hepburn: Life in Pictures」のドイツ語版、「Audrey Hepburn: BILDER EINES LEBENS」でのアマゾンでの取り扱いがなくなっています。
 僕のブログでもずっと左の欄で紹介してきましたが、予定数を売り切ったんでしょうかね?
 お買いになった方は、またコメント欄で感想をお聞かせください。(^-^

 これは竹書房から2004年5月に発行されたムック本「in English」のvol.01、すなわち創刊号です。
 このムックは2004年9月にvol.2が発行されましたが、その後は途絶えているようです。

 オードリーは巻頭特集で、オードリーと縁の深い加藤タキさんのお話も載っています。そこで掲載されている加藤タキさん所有の画像がとっても貴重!

 加藤タキさんと言えば、オードリーが生涯でたった2度だけ出演したCM…71年の日本エクスラン社「ヴァリーエ」と82年ワールド社「銀座リザ」のどちらの製作にも関わって、オードリーとは個人的にも親交があった方です。

 その加藤タキさんがお持ちのオードリーの画像の中から、「ヴァリーエ」と「銀座リザ」から1点ずつを載せてくださってます(右の画像)。他では見れない、この貴重な画像が見れるのが嬉しい!




タグ :雑誌

同じカテゴリー(日本の雑誌)の記事
 週刊少年マガジン1976年3月7日(第10)号 (2018-02-11 18:00)
 本日オードリーの25周忌。月刊BSfan 1998年3月号 (2018-01-20 15:00)
 一周忌の月刊BSfan 1994年2月号 (2018-01-17 09:00)
 SCREEN(スクリーン)2018年2月号 (2017-12-25 22:00)
 オードリーが表紙!創刊70周年「スクリーン」2017年2月号 (2016-12-27 09:00)
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)

この記事へのコメント
タキさんの写真は貴重でしたね。

しかし創刊号で大々的に取り扱って、その後1冊のみとは・・・。
コスト高&販売数が伸び悩んだのでしょうか(^^;

オードリーファンにはありがたい一冊でしたけどね~。
Posted by カリン at 2007年08月19日 22:52
ホントホント!タキさんの画像はびっくりでした!
正直このために買ったという本でしたし。(^^;

それで2号で廃刊とはまた短命ですよね。
とにかく創刊号は力が入って、オードリーやら大沢たかおさんやらが
掲載されてますけど、2号での落ち込みは尋常ではなかったんじゃないでしょうか。
実際オードリーの載ってない2号は僕も買ってませんし。

以前カリンさんと話していた、「週刊 オードリー・ヘプバーン」ですけど、
もし僕が編集長とかだったら、絶対に創刊号は「ローマの休日」にはしません!
絶対その後の落ち込みが激しいですもんね。
ですから僕なら創刊号はそれほど人気の無い作品…
たとえば「緑の館」や「噂の二人」とかからスタートします。
「ローマの休日」はひっぱってひっぱって、
やっと作品では15番目くらいに登場(本では70冊目くらい)って感じですかね(笑)。
Posted by みつお at 2007年08月20日 00:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。