2009年11月29日

手嶌葵さんが歌う!オードリー映画の曲(含「緑の館の歌」)

 今回は、まだ僕は買ってないCDの紹介なのですが…。(^^;;;

 この手嶌葵(てしまあおい)さんという方は、スタジオジブリの「ゲド戦記」で、挿入歌「テルーの唄」およびヒロイン=テルーの声で一挙に有名になった歌手の方だそうです。

 で、なんでこのブログで取り上げたかと言いますと…

 この手嶌葵さんは2008年3月発売のアルバム、「The Rose 〜I Love Cinemas〜」で既に「ティファニーで朝食を」の “Moon River” をカヴァーしてたんですよね。それはそれですっごくいい感じなんですけど、それだけならきっとここでは取り上げなかったと思うんですよね。“ムーン・リヴァー” を歌った歌手なんて山のようにいるはずですし。

 でも、ここで取り上げなければ!と思ったのは、今年2009年10月発売のアルバム、「La Vie En Rose 〜I Love Cinemas〜」の方!ここでは全11曲中、オードリー映画からなんと4曲も選ばれています!
 その中でも画期的なのが “Song Of Green Mansions”!!

 これは「緑の館」の中でアンソニー・パーキンスが歌う “緑の館の歌” ですよね!
 この曲を選ぶなんて、なんとお目が高い!と。
 これがあるなら、ここで取り上げないわけにはいかないでしょう!みたいな。

  ネットで色々調べましたら、選曲は手嶌葵さんが行ったとのこと。この曲を選んだ、ということは、かなりのオードリーファン!だということがわかりますよね。

 でも、他の有名な3曲、
“La Vie En Rose(バラ色の人生~「麗しのサブリナ」)”
“Wouldn't It Be Loverly?(素敵じゃない?~「マイ・フェア・レディ」) ”
“Fascination(魅惑のワルツ~「昼下りの情事」)”
に比べて、未だ日本ではDVD化もされていない「緑の館」の “Song Of Green Mansions” はヤマハさんが楽譜の入手に大変困ったそう。(^^;

 でも、他の3曲がピアノ伴奏なのに比べて、これはギター伴奏なので、かなり原曲の雰囲気に近いです!もともとアンソニー・パーキンスも映画の中ではギターで歌ってましたもんね。

 下(↓)のアマゾンのでは“緑の館の歌”の試聴は出来ないのですが、上の画像(↑)から行けるタワーレコードでは全曲試聴が可能なので、ぜひぜひ皆さんも一度お聴きになってみてください!かな~りいいですよ!!
 普段だったら絶対買ってると思うんですけど、ちょっと今月は金欠なので…。
 またおいおい買いますね。(^^;;;

 あ、でも手嶌葵さんはオードリーファンだということなので、今度はぜひぜひ「いつも2人で」、「パリの恋人」の“ボンジュール・パリ!”、「パリで一緒に」の“THAT FACE”なんかも収録していただきたいですね!(って、「パリの恋人」は手嶌さんの雰囲気だと、“ス・ワンダフル”かな?)
 あ、そうそう、「暗くなるまで待って」や、アルバムだけで聴ける「おしゃれ泥棒」の“二人は恋人”とかもいいですけどね~!




タグ :CD

同じカテゴリー(麗しのサブリナ)の記事
 オリジナル・サウンドトラック「麗しのサブリナ/許されざる者」 (2017-10-15 23:00)
 「麗しのサブリナ/許されざる者」新しいサントラが発売!ですが… (2017-08-17 18:00)
 オードリー・ヘプバーンのジグソーパズル その6 (2017-07-25 21:00)
 写真集「オードリーに魅せられて 〜サブリナの日々〜」 (2016-12-10 12:00)
 「オードリー・スペシャル '91」チラシ&前売券 (2016-11-08 18:00)
 オードリー・ヘプバーン「麗しのサブリナ」タペストリー (2016-07-28 18:00)

この記事へのコメント
緑の館のテーマを選ぶなんて、なんてお目が高い!
この歌すっごく好きです。
サントラに未収録なのがとてもとても残念でした。
このアルバム、買おうっと。
Posted by まる at 2009年11月29日 20:10
まるさん!
そうですよねー。「緑の館の歌」とは!
この曲を吹き込んだ人は、アンソニー・パーキンス以外に、
手嶌葵さんを除いて、あと1人外人さんしか知りません。(^^;
日本人では初録音じゃないでしょうか!
いい曲なのに、もったいないですよね。
Posted by みつおみつお at 2009年12月01日 22:48
早速聴いてみました。いい感じです。
ウィスパー・ヴォイスなんですね。
曲のラインナップの中でも異彩を放つ「緑の館」の歌。
本当に選曲してくれて感謝です。
でも何故?と思ったら・・・
手嶌さんのオードリィ映画ベスト3は、
「ローマの休日」「麗しのサブリナ」「緑の館」ということです。

オードリィ映画の音楽の中でもお気に入りのひとつなのに、
ほとんど知られていないのは、
単に映画の出来のせいだけではないのでしょう。
映画がよくなくても曲はスタンダードなのはいっぱいありますからね。
サントラにトニパキの歌唱が収録されていないのは、
マスターの不在?権利関係?なのか定かではりませんが、
インスト版だけでも収録すべきだったと思います。
たとえ映画未使用でもアルバム収録というのはありますしね。
以前にも書かれていましたが、あのサントラは聴くには
しんどいアルバムになっていましたからね。
ロマンス・ムードを醸し出すテーマ曲のアレンジ曲を作っておけば、
多少あざとくてももっと聴かせるものになっていたのでしょう。
妙な所で本格志向(?)なのかな?、「緑の館」って。

「緑の館」の歌詞ですが、
中国のオードリィ本(ポスター集)にも掲載されていましたね。
おや!と驚きでした。
Posted by まる at 2009年12月20日 18:28
おお~!手嶌葵さんのベスト3に「緑の館」が!
どうも失敗作という面だけが強調される「緑の館」を
上位に挙げてくれる方がいるとホンとに嬉しくなりますね!(^-^
たしか衣装デザインのワダエミさんも「緑の館」を挙げてらっしゃいましたよね。
ちなみに、オードリーの配給収入ワースト1は日本では「噂の二人」で、
「緑の館」は2番目でした。

「緑の館」は、ヴィラ=ロボスの音楽が重いですよね。
それを補ったブラニスラウ・ケイパーですけど、
あのアルバムにアンソニー・パーキンスの歌が
収録されなかったので、重たい曲ばかりでしたもんね。
映画未使用でサントラ収録と言うと、「パリで一緒に」の“THAT FACE” のインストとか、
「いつも2人で」や「おしゃれ泥棒」のコーラスバージョンですかね?
ケイパーがもしかしたら音楽だけのは作ってなかったのかもしれませんね。
映画ではもう少し甘い感じなのに、あのサントラはイメージ違いました。
いつかアンソニー・パーキンスのアルバムで収録して欲しいです、「緑の館の歌」!
Posted by みつおみつお at 2009年12月23日 13:54
考えてみたら、オードリィ主演作で再見していないのは、
「緑の館」だけなんですよ。
どうしてDVD出さないのでしょうかね~日本でも。
現在、去年の春に出たイギリスだけなんですか?
ちなみにこんなサイトを見つけました。


http://www.criterionforum.org/forum/viewtopic.php?f=6&t=6447&start=25

かなり下のほうにDVD紹介記事がキャプチャー付きでのっています。
うん、懐かしい、こんな感じでした。
もっともVHSはスタンダード・トリミングでしたけど。
オードリィが最初恐慌をきたしたスコープサイズですが、
結構映画映画してますよね。
でもジャングル・ガールがこんな眉描いたりアイメイクしてへんやろうけど。
でもそれまでよりナチュラルメイクだし、やっぱり綺麗!素敵です。
Posted by まる at 2010年01月18日 22:58
えっ!まるさん、「緑の館」を1度だけなんですか?ご覧になったのは!
いやいや、きっと “最近では” のことですよね?(^^;

英国以外では、アメリカでも昨年11月に出てるみたいですが、
どうも説明文を読むと、DVD-Rで出てるみたいですね。
売れないと踏まれてるのか…なんか心穏やかでないです(笑)。
特典の明記もないし、単に映画を録画して売ります、的なものなんでしょうかね。

ちなみに僕はLDで持っています。
これもオードリー主演作では最後に出たので、出た時は嬉しかったですよねー。
オードリーが亡くなった時、追悼版としての発売でした。
ビデオのような劣化はないし、デジタル収録なので「緑の館の歌」がクリアですが、
やはりスタンダード版なので…。

まるさんに教えていただいたサイトも見てきましたが、
アマゾンで見れる英国版ジャケットと違うんですね!
どっちが実際のジャケットなんでしょうねー。

それと、アイメイクはですね、リーマはもともとこんな風な眼なんですよ、きっと。
眉は、リーマの種族がみんなこういう眉を描く習慣があって、
それをおじいさんが教えていたんですよ。たぶん。(^^;A

「緑の館」のオードリーに不満があるとすれば、僕は前髪が少ない、という部分
でしょうかねー。
「噂の二人」や「パリで一緒に」くらい前髪のボリュームがあったほうが、
きっともっとかわいかったと思うんですけどねー。
Posted by みつおみつお at 2010年01月19日 15:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。