2009年12月07日

写真集「マイ・ファニー・フェイス/オードリー・ヘプバーン」

 はい、今回は11月30日に出たばかりの、「SCREEN」の近代映画社発行の「My Funny Face, Audrey Hepburn マイ・ファニー・フェイス/オードリー・ヘプバーン」の紹介です!副題に「世界の表紙を飾った115人のオードリー」と付いています。

 サイズは思ったよりかなり小さいです。A5サイズ。電化製品なんかのカタログの半分の大きさです。

 うーんと、数えてみましたが、115人という意味がよくわかりません。(^^;
 中の海外の表紙が82冊(バービー人形とイラストも含めて)。全然足りませんよね。最後に過去の「スクリーン」の表紙が30冊で足すと112冊。表紙に小さく2つ目のオードリーの画像があるのが3つあるので、それを数えて115冊なんでしょうか?
 それとも、表紙ではオードリーじゃないけど、中身にオードリーがあるのが3冊紹介されているので、それで115なんでしょうか?ただし、中身の紹介だと、117人になりますし…。

 で、中身ですが、だいたいが1冊1ページを使って紹介されています。
 これは、表紙がかなりデカく見えるので、嬉しいですね。海外で出た「Audrey Hepburn: International Cover Girl」よりも、紹介されている数は少ないながら、好印象。





 そうそう、「Audrey Hepburn: International Cover Girl」で載っていた、“これってオードリーと違うんちゃう?” っていう「マイ・フェア・レディ」のセシル・ビートンの衣装の特集号は、“「マイ・フェア・レディ」に登場したエキストラ” ときっぱり否定されています(笑)。

 残念なところを挙げると、やっぱ収録されている雑誌の数が少ないのと、値段が高めなところでしょうか。あ、あと紙がマット系の物なので、色が沈んで見えるとこ。これはコート系の紙で行った方がよかったのでは?

 本体に巻いてある帯もオードリーの表紙をいっぱい載せたもので、嬉しいです(ってか、本当はこのまま表紙にした方がよかったのでは?)。

 それに何度も今まで載ってますけど、過去の“スクリーン”の表紙って、後の写真集では再録されてないものが多いのが嬉しいところですよね!
 特に1971年9月号の表紙は、オードリーが出演した「エクスラン・ヴァリーエ」のCMがあった日本だけが出来るワザですよね!これはかなり世界に誇れる表紙なんじゃないでしょうか。

オススメ度:★★★





同じカテゴリー(日本の写真集)の記事
 スクリーン復刻特別編集 オードリー・ヘプバーン (2014-10-28 09:00)
 スクリーン復刻特別編集「オードリー・ヘプバーン」発売開始予告! (2014-09-30 09:00)
 写真集「perfect style of Audrey」 (2012-06-07 09:00)
 オードリー・ヘプバーン オートグラフコレクション Vol.2 (2010-12-30 09:00)
 最高傑作写真集!「決定版 オードリー・ヘプバーン」 芳賀書店 (2010-07-23 07:00)
 写真集「Intimate Audrey 1956-1964」 (2010-01-28 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。