2009年12月31日

2009年 オードリー・ヘプバーン大賞の発表!

 さあ、オードリー・ヘプバーン生誕80周年の2009年も終わろうとしていますが、去年に引き続き、僕の選ぶ今年のオードリー・ヘプバーン大賞を発表します!

 今年は生誕80周年記念ということで、世間的にはいまいち盛り上がらなかったわりには結構いろんな物が出たように思います。

 ちなみに、今年僕が手に入れたオードリーグッズなので、過去のものも一部混ざるかと思いますが。

 今年の栄えある(?)最優秀オードリー・ヘプバーン大賞(金賞)は「Charmed by Audrey : Life on the set of Sabrina」、日本版は「オードリーに魅せられて」に決定!

 初めて見る新しい画像ばかりの写真集だし、画質も綺麗!装丁も豪華で、オードリーにゆかりのある人たちのオードリーに対する愛情あふれるコメントも素晴らしいです!

 どうやらこれは、行方不明になっていた「麗しのサブリナ」のネガが発見されて、ようやく55年ぶりに日の目を見た!というものらしいです。
 現代の印刷技術でよみがえる、まるでつい最近撮影したかのような素晴らしい撮影舞台裏のオードリー画像の数々!
 本当に見つかってよかったです!(T-T

 この出版社が「麗しのサブリナ」だけじゃなく、オードリー全作品で続けてくれればよかったのに…と思わずにはいられなかった、質・量ともに充実の写真集でした。
 もし続いていたら…それはそれで新しいコンセプトを持つ、きっと空前絶後・天下無敵のオードリー写真集軍団になったことでしょうね。


 銀賞はこちら!「オードリー玉手箱」です。

 これは年末に突然登場。今まで欲しくてもなぜか無かった、“オードリー・ヘプバーンの日本での宣材を網羅する”というコンセプトの写真集。

 買えば1点で何十万もする、という貴重な物たちが、こうして見れるのはまさに圧巻!
 別にコレクターでなくても、見て嬉しいオードリーの写真集。

 今まで無かったタイプの写真集であり、その収録物の貴重さや収録点数の多さにも敬服します。 

 これも今年の大賞の超有力候補だったんです。というか、この記事はじつは15日くらいから準備してたんですが、12月30日に最終的に書き直すまではこちらを大賞にしてました。
 ダブル大賞にしようかともずっと悩んでいたこの2つだったんです。

 「オードリー玉手箱」は全く新しいコンセプトの写真集、そして「Charmed by Audrey : Life on the set of Sabrina」は今まで発見されなかった画像で構成された写真集。
 どちらも凄い物で、どちらが大賞でもおかしくないのですが、最終的にはよーく考えて、オードリーの素の表情が色々見れる、ということで「オードリーに魅せられて」を選びました。

 でも、この「オードリー玉手箱」は日本のオードリー宣伝材料資料としては空前のもの!こういう物としては、当分破られることの無い、第1級の写真集であることは間違いないです!
 ホンと僅差で銀賞なんですよ~。


 銅賞には、「おしゃれ泥棒」の2枚組オリジナルサウンドトラックCDを入れておきたいと思います。

 写真集の「Audrey Hepburn:FOTOGRAFIEN EINER LEGENDE」にしようかとも思ったんですが、上位2つの写真集と比べると落ちるのは明らかですしね。

 こちらは、サントラとしてはほぼ完璧。今までジョン・ウィリアムズの録音しなおした物しかなかったのが、こうして映画で本当に使った音源も収録してくれた!ってのは嬉しいです。しかも元が名曲の「おしゃれ泥棒」ですしね。

 ヘンリー・マンシーニの「いつも2人で」や「シャレード」も本当の音源が欲しいですね~。


 さて、4位以下の優秀オードリー・ヘプバーン賞ですが、

☆写真集「Audrey Hepburn:FOTOGRAFIEN EINER LEGENDE」Nick Yapp
 瞬間風速では星5つ部分もありました。トータルでもっとよければ…。

☆近代映画社「マイ・ファニー・フェイス/オードリー・ヘプバーン
 掲載されている量は少ないながらも構成がよかったです。

☆20世紀フォックス「昼下りの情事」池田昌子さん吹替版DVD
 池田昌子さんの吹替えを聴いてみたいと思ってました!これを見て、僕の中での「昼下りの情事」評価がぐんと上がったんですよね~!

オルスタック「若妻物語」DVD
 「初恋」に次いで出番の多い初期作品のこれが日本語版で見れるとは!他に「素晴らしき遺産」、「初恋」も出ましたね。

☆「Audrey Hepburn: International Cover Girl」Scott Brizel
 かなりダメダメ部分もありますが…。

☆「別冊宝島 オードリー・シネマスタイル
 これは出来そのものより、出してくれた努力賞。

「ロビンとマリアン」サントラCD
 映画で使われたバージョンが入ってないという欠陥もありますが…。

というところでしょうか。

 そして、今年オードリー生誕80周年ということで、「昼下りの情事/想い出のオードリー・ヘプバーン」「おしゃれ泥棒/マジック・オブ・オードリー」という記念盤を出してくださった20世紀フォックスさんの日本支社に特別賞を!

 「昼下りの情事」では池田昌子さんの吹替版を新録音してくださり、「おしゃれ泥棒」には「マジック・オブ・オードリー」という新しいドキュメンタリーを付けてくださいました。お客さんの意見をいつも大事に聞いてくださってますよね。売るための努力を惜しまなかった姿勢にファンとして感謝のお礼を述べさせていただきます。
 オードリーの作品の権利を現在8本も持っているのに、今年何もしなかったパラマウントさんとはえらい違いですよね。

 聞くところによると、20世紀フォックスさんは「いつも2人で」もアメリカ版と同じ仕様のを出そうと尽力してくださったとか…。アメリカ本社のせいでそれはボツったそうですが、本当にありがとうございます!ブルーレイで期待しています!

 それと、今後に期待賞、ということで「Song of Green Mansons」を吹き込んでくださった手嶌葵さんに!

 あと、全く個人的には「パリで一緒に」のポスターパネルが帰ってきたことも、大きな出来事でした。(^-^


 逆に、なんじゃこれ!?って今年思ったオードリーグッズは…

★近代映画社「Screen+(スクリーン+プラス) vol.18
 文章を書いている山下憲子さんという方の資料を調べなさ加減にびっくり!2009年に出たとは思えないようなデタラメがいろいろ載ってました。15年前のレベルの内容。

★中国製 オードリートランプ
 画質も悪いし、キリンのCMまで使うという著作権無視。オードリーじゃない人も混じっているというお粗末さ。

★「パリの恋人」オリジナル・サウンドトラック新盤
 音が飛んでいる!なぜ出てきたのかわからないサントラ。音源は絶対マスターテープじゃない!

パラマウント「マイ・フェア・レディ」新DVD
 本家ワーナーさんからパラマウントさんに権利が移って出たDVD。ちゃんと発売前に抗議したのにやっぱりこのまま出しますか…っていう裏焼き画像のジャケットと、ワーナーさんで発売されてた時となんら変わらない内容にガッカリ。
 これじゃあファンでも買いませんって。売るための努力を何もしてないですもんね。

★北野圭介 著:大人のための「ローマの休日」講義
 これ、発行されたのは2007年ですけど…。「ローマの休日」講義と言いながら、「ローマの休日」にほとんど触れないという変わった本でした。


 ではでは、来年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m
 皆様、良いお年を。




同じカテゴリー(オードリー・ヘプバーン大賞)の記事
 発表!2016年度 オードリー・ヘプバーン大賞 (2016-12-31 00:00)
 2015年オードリー・ヘプバーン大賞の発表! (2015-12-31 09:00)
 2014年 オードリー・ヘプバーン大賞 (2014-12-31 09:00)
 2013年オードリー・ヘプバーン大賞は (2013-12-31 20:00)
 あなたにとってのオードリー・ヘプバーン大賞は? (2013-12-10 22:45)
 発表!2012年オードリー・ヘプバーン大賞! (2012-12-31 13:00)

この記事へのコメント
みつおさん、あけましておめでとうございますヾ(≧▽≦)ノ
今年も宜しくお願いいたします。

新年早々、BS2で「マイ・フェア・レディ」を放映していましたね。
他の番組を見ていたので、見たのは後半少しだけでしたが、
華やかな映像、そして綺麗なオードリー、新年にふさわしい作品です。

今年もまた、オードリーに包まれた素敵な1年になりますように(´艸`*)
Posted by カリン at 2010年01月03日 13:11
カリンさん、あけましておめでとうございます!(^▽^)/

「マイ・フェア・レディ」、うっかり見逃してしまいました!(@o@;;
でも確かに、オードリー映画では一番お正月らしい華やかな作品ですよね!
実際初公開時と1回目のリバイバルはお正月作品だったようですし。

今年は「昼下りの情事」劇場での上映が楽しみです!
長野では上映が無いようですが、カリンさんはどこかで観れますか?

ではでは、今年もよろしくお願いいたします。(^-^
Posted by みつおみつお at 2010年01月04日 20:08
明けましておめでとうございます。

銀賞の玉手箱ですが、
出品者(出版社)へお礼のメールを差し上げたら、
何ヶ月もかけて苦労してまとめた甲斐がありましたと
すぐさま歓びのお返事をいただきました。
とても気分がよかったです。
オードリィが取り結んだ縁ですね。

では、今年も楽しいオードリィ談義、よろしくお願いします。
Posted by まる at 2010年01月04日 23:24
まるさん、あけましておめでとうございます!(^-^

本当に、昔はオードリーのことを話せる人が周りにいなかったことを考えると、
パソコンのおかげで日本全国のオードリーファンの方とお知り合いになれて、
こうしてオードリーのことで色々話が出来るなんて、
こういう点ではネットさまさまですよね。

今年もいっぱいオードリーのことを話しましょうです!
Posted by みつおみつお at 2010年01月06日 02:22
こんにちは、手嶌さんで検索していたら、このブログに来ました!

手嶌さんはオードリの大ファンで、ライブでも良く彼女の映画の歌をうたいますね。一番多いのは"Moon River" ですが去年のライブでは、Song of Green Mansions も唄っていました。CDよりもライブの方が上手かったですね。

また別のライブでは Funny face やHe Loves & She Loves を歌ったこともありますね。
Posted by 葵ファン at 2010年01月06日 14:22
葵ファンさん、初めまして!(^-^

手嶌葵さんのことに関しては、明らかに傍流だと思われる
こちらのブログにお越しいただき&書き込んでいただき
ありがとうございます!

手嶌葵さんの「Song of Green Mansions」は知った時はビックリしました。
試聴でもいい感じですし、「Moon River」もステキでした!

しかも手嶌葵さんはライブでも他のオードリー映画の曲を歌ってらっしゃるんですね!
一度オードリーだけのアルバムを作ってもらいたいですね!
その時には「いつも2人で」の主題歌や、「パリで一緒に」の「THAT FACE」も
お願いしたいところです。
特に「いつも2人で」はしっとり系の曲なので、手嶌葵さんに合うと思うんですが、
あんまり元気な曲は歌わないんでしょうか?

ではでは、またお越しください。
Posted by みつおみつお at 2010年01月07日 11:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。