2007年06月29日

VoCEヴォーチェ2004年5月号特集オードリーってすごい!

 この本は2004年5月号のVoCE(ヴォーチェ)です。
 表紙にもあるように、特集:オードリーってすごい!というのが15pにわたって載っています。

 内容は、この年の流行とオードリーをシンクロさせながらファッション・メイク・ヘア・アクセサリー・そしてオードリーのことを紹介する、というものです。

 右の画像ではオードリーがいっぱい載っていますけど、他のページはそんなに多くないです。

 作品別のファッションでは「ローマの休日」「シャレード」「おしゃれ泥棒」が取り上げられています。

 で、見知った画像ばかりの中で、唯一目を引くのがこの左の画像!おお~~~っ!これは僕の一番好きな「いつも2人で」のオードリーじゃあーりませんかーっ!

 しかもやつれて見えるオードリーが多い「いつも2人で」画像の中では、めずらしくやつれもなく、若々しく綺麗!かっ、かわいいっ!!

 …載ってたのは「おしゃれ泥棒」のページでしたけどね。(^^;;;

 でも、作品の紹介を読むと、ストーリーのことは全然なくって、“キュートな60年代のファッションを存分に生かした”“オードリーもここでは色の洪水”“オードリー映画の中でも一番カラフルな洋服が多かった”…って、それってやっぱり「いつも2人で」の紹介じゃないの?

 だってですね、この「おしゃれ泥棒」のページで掲載されているオードリー画像は「おしゃれ泥棒」のDVDジャケットとこの「いつも2人で」画像だけ。

 編集の人、絶対「いつも2人で」と勘違いしてるっ!(^^;A



同じカテゴリー(日本の雑誌)の記事
 週刊少年マガジン1976年3月7日(第10)号 (2018-02-11 18:00)
 本日オードリーの25周忌。月刊BSfan 1998年3月号 (2018-01-20 15:00)
 一周忌の月刊BSfan 1994年2月号 (2018-01-17 09:00)
 SCREEN(スクリーン)2018年2月号 (2017-12-25 22:00)
 オードリーが表紙!創刊70周年「スクリーン」2017年2月号 (2016-12-27 09:00)
 「戦争と平和」日本公開60周年記念!1957年1月号「映画の友」 (2016-12-22 21:00)

この記事へのコメント
左側の、映画"two for the road"の中のカラー写真は本当にきれいです!!!これは私の特に好きな1つのaudreyの映画です.でも、私の最も好きなaudreyの映画は"breakfast at tiffany's"です.
Posted by meng at 2007年07月04日 21:36
きれいでしょ?この「いつも2人で(Two for the Road)」!
僕も最初に見た時は嬉しかったです。

mengさんの一番好きなAudrey映画は
「ティファニーで朝食を(Breakfast at Tiffany's)」ですか!
またこんど、mengさんのAudrey映画ベスト5を
教えてください。(^-^
Posted by みつお at 2007年07月05日 16:07
私の最も好きな5本の映画↓↓

1> Breakfast at Tiffany's 私はほとんど毎月いずれも一回見ます
2> Two For The Road
3> The Children's Hour
4> Charade
5> How to Steal a Million

私は更に60年代のaudreyが好きで、50年代の映画は童話のストーリのようで、私は比較的に少し現実的な映画が好きです
Posted by meng at 2007年07月05日 17:41
おお~~~~っ!
mengさんの5本もすごいですね!
これを見て、とても嬉しいです!
Two For The Road、Charade、How to Steal a Million!
僕のベスト5と3本も一緒の作品がありました!

僕も50年代のオードリーよりも、60年代のオードリーの方が
大好きです!
60年代のオードリー、本当に素敵ですよね!(^-^
Posted by みつお at 2007年07月06日 11:26
昔、50年代のaudrey、私は比較的に好きです.

今、60年代のaudrey、熟してまたきれいで、私はいっそう好きです.
Posted by meng at 2007年07月06日 13:38
そうですね!60年代のオードリー、とても美しいですよね!
特に僕は「パリで一緒に(Paris When It Sizzles)」の頃の
オードリーが一番美しいと思っています。(^-^
Posted by みつお at 2007年07月06日 23:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。